不器用さんも、簡単まとめ髪でお洒落にキマる。動画と画像で学ぶ“ヘアアレンジ講座”

凝ったヘアアレンジは可愛くて素敵だけど、器用じゃないからうまくできない、なんて経験はありませんか?不器用さんにとって、難しいテクニックは敵。それなら、こちらをCHECKしてみて。簡単だけど、こなれ見えするまとめ髪を<ロング・セミロング、ミディアム、ボブ>のレングス別にご紹介します。

不器用だけど、可愛いは譲れないの

不器用だけど、可愛いは譲れないの

難しいアレンジはうまくできないけど、ヘアアレンジはしたいし、いつだって可愛くありたいの。

それなら簡単だけどお洒落なまとめ髪に挑戦してみませんか?
こちらでは、動画や画像で<ロング・セミロング、ミディアム、ボブ>のレングス別にご紹介します。

<ロング・セミロング>のまとめ髪講座

ラフにまとめて、大人っぽく

ラフにまとめて、大人っぽく

出典: latte.la

ロング・セミロングさんは、軽く髪を巻いて一つにまとめるだけで大人っぽい雰囲気に。ピタッとまとめすぎず、少しラフに仕上げるのがお洒落に見えるポイントなんです。

おくれ毛を出してもこなれて見えそうですよ。

オフィスにぴったり、ハーフアップ

オフィスにぴったり、ハーフアップ

出典: up.myreco.me

こちらは、ロープ編みとくるりんぱでできるハーフアップ。オフィスにもしていけそうな女性らしいアレンジですよね。

::HOW TO::
①トップから髪をすくい、ロープ編みをしてゴムで結ぶ。
②①をほぐす。
③両サイドの毛を②の上で合わせて結ぶ。
④③をくるりんぱして、毛束でゴムを隠す。
⑤毛先をコテで巻き、全体をほぐす。

色っぽい、ゆるっとまとめ髪

YouTube

ポニーテールでも、お団子でもないアレンジです。
ゆるっとまとめているのに、色っぽさも出るのでおすすめ。

::HOW TO::
①手ぐしで耳ほどの高さのポニーテールをつくる。
②①をほぐす。
③縦に輪っかをつくるように、ゴムで留める。
④毛先を引っ張って、お団子をほぐす。
⑤毛先を巻く。

ほぐすときに、お団子を引っ張ると大きくなるので、毛先を引っ張る。

暑い夏も快適に過ごせそうな、ポニーテール以外の涼しげなまとめ髪のバリエーションを紹介します。キュートなお団子ヘア、しっとり大人なシニヨン、おしゃれ度高いラーメンマンヘア、凝って見えるアップヘアなど、ポニーテール以外にも可愛いまとめ髪はたくさんあります。毎日違うヘアアレンジで夏も涼しげに過ごしませんか?

くるりんぱでこなれ見え

YouTube

見た目はすごく凝ったアレンジに見えるのですが、こちらも簡単にできるんだそう。
ベースは巻かないのに、こんなにこなれて見えるんです。

::HOW TO::
①トップからギザギザに毛をすくい、地肌から少し離して結ぶ。
②①をくるりんぱし、ほぐす。
③耳の後ろの両サイドの毛を①の上で結び、くるりんぱしてほぐす。
④両脇をくるりんぱした上で結び、くるりんぱ→ほぐす、を繰り返す。
⑤毛先を結び、くるりんぱしてほぐす。
⑥毛先のゴムを毛束で隠す。

ほぐすときは、ゴムのところを押さえたまま、親指と人差し指の爪でやるとほぐしやすいみたい。

毛量が多い方もまとまる

YouTube

髪の毛が多いとうまくまとまらないですよね。
こちらのアレンジは、毛量の多い方にもぴったりなんです。
ゆるくまとまった髪は、大人っぽさをより引き出してくれますよ。

::HOW TO::
①低い位置でポニーテールをつくる。
②①の毛束を三つ編みしていく。
③②をほぐして、ゴムの周りに巻きつける
④ピンで留めて固定する
⑤全体をほぐす。

②の三つ編みをするときはねじってから編んであげると、ほぐしたときに可愛く仕上がるんだとか。

<ミディアム>のまとめ髪講座

女の子らしさ抜群、ローポニーテール

女の子らしさ抜群、ローポニーテール

こちらは、低い位置で一つにまとめたゆるっとアレンジ。リボンやスカーフを巻くと、お洒落見えしますね。

後れ毛や毛先をワンカールにすることで“背伸びしないナチュラルな女の子らしさ”が手に入りますよ。

三つ編みツインでレトロに

三つ編みツインでレトロに

出典: latte.la

三つ編みツインは、レトロな雰囲気が漂いますね。キャップやベレー帽などと合わせても可愛く仕上がるんです。

前髪がない方は、顔まわりがすっきりと仕上がるので、甘すぎず大人っぽさも出せますよ。

ゴム2つとピンでつくる、お洒落アレンジ

YouTube

こんなに可愛いアレンジがゴム2つとピンだけでできるなんて、びっくりですよね。
ガーリーなテイストのファッションともよく合いそう。

::HOW TO::
①少し高めの位置でポニーテールをつくる。
②結ぶ前に、こめかみの横からおくれ毛を出す。
③ゴムできつく留める。
④全体をほぐす。
⑤毛束でゴムを隠して、ピンで留める。
⑥髪を三分割し、裏編み込みをして、毛先に向かって細くなるようにほぐす。
⑦おくれ毛を巻く。

癖っ毛の皆さんにとって、梅雨は湿気のせいで髪がボサボサになりがちな季節。そんな梅雨を乗り切るための、「簡単」で「今ドキ」なまとめ髪ヘアアレンジ、「ラーメンマンヘア」「玉ねぎヘア」「シニヨン」のやり方とおすすめアクセを紹介します。かわいいまとめ髪アレンジをマスターすれば、梅雨も楽しめるはずです!

幅広いシーンで活躍しそう

YouTube

こちらは、ナチュラルな雰囲気が漂うヘアアレンジ。
オフィスはもちろん、華やかなシーンまで幅広く使えそうですね。

::HOW TO::
①髪全体にワックスをなじませる。
②おくれ毛を出し、ハーフアップにして結ぶ。
③両サイドの毛を①の結び目の上で結びくるりんぱする。
④全体的に、ほぐしていく。
⑤毛束でゴムを隠し、ピンで留める。
⑥毛先とおくれ毛を巻く。

崩れそうで崩れない、がポイント

YouTube

崩れそうで崩れない、ゆるっと感がポイントのアレンジ。
おくれ毛たっぷりで、抜け感のあるスタイルに。

これからの季節はマフラーと合わせて、ずるいくらい可愛くなっちゃいましょっ!

::HOW TO::
①ハチから上の髪をコテで波巻きする。
②シアバターを髪全体になじませる。
③高い位置で髪をまとめて、おくれ毛を出す。
④お団子をつくって、全体をほぐす。
⑤お団子を割って、ピンで留める。
⑥おくれ毛を巻く。

<ボブ>のまとめ髪講座

ちょこんと感がたまらない

ちょこんと感がたまらない

ボブヘアさんのローポニーテールはちょこんと感がたまらない可愛らしさ♡無造作に巻いてから、ラフにまとめるのが今っぽさを出すポイントです。髪をまとめると、仕事にも気合が入りそう。

顔まわりがすっきりするので、ピアスやイアリングが映えますね。

ハーフアップは抜け感を出して

ハーフアップは抜け感を出して

ハーフアップ×お団子のアレンジ。前髪がある方は、ピンで留めてシースルーバングっぽく、前髪がない方は少し残すと、抜け感が出て可愛いですよ。

ベースは軽く外ハネに巻いて、お洒落度を上げて。

思わず触りたくなる、ふわふわ感

思わず触りたくなる、ふわふわ感

こちらは、ボブヘアさんのキュートな玉ねぎアレンジ。髪を耳の高さぐらいにまとめ、間隔をあけてゴムで結んでいくだけ。まとめるときに落ちた髪はそのまま残してあげると、お洒落に仕上がります。

根元から強めにウェーブ巻きしてあげると、ほぐしたときにふわふわになるんです。

ねじって留めるだけ、なんてびっくり

YouTube

ねじってピンで留めるだけで、こんなに可愛く。
「そのアレンジ、どうやってやってるの?!」と注目が集まりそう。

::HOW TO::
①低い位置で一つにまとめる。
②髪をねじる。
③崩れないように、しっかりピンで固定する。
④③やトップをほぐす。
⑤おくれ毛を巻く。

タートルネックと相性最強?!

YouTube

タートルネックのトップスと相性が良さそうなヘアアレンジ。
髪があまり長くなくても、まとめられるのでボブヘアさんはぜひ、挑戦してみて。

::HOW TO::
①表面をコテで巻いて、髪に動きを出す。
②ベビーオイルをつける。
③表面の髪をとり、ゴムで結ぶ。
④③をほぐして、ボリュームを出す。
⑤サイドの髪は、襟足をとりながらロープ編みする。
⑥⑤をほぐす
⑦③のゴムのところにピンで固定。
⑧逆サイドも同じようにロープ編みする。
⑨③の毛先も一緒にねじり、ほぐして反対側に持ってくる
⑩ピンで固定し、おくれ毛を巻く。

マフラーやタートルネックなど、冬のファッションにぴったりなのがおだんごやポニーテールなどのまとめ髪。冬の季節だからこそかわいい、アップへアアレンジでモテを狙っちゃいませんか?ベースの巻き方から後れ毛の出し方まで、お団子やポニーテールなどボブからロングの人まで楽しめるまとめ髪のアレンジのコツや方法を詳しく紹介します。

簡単だけど、お洒落にキマる

簡単だけど、お洒落にキマる

不器用さんにぴったりの簡単まとめ髪は、お洒落にキマるの。
簡単なのに可愛いが叶うアレンジで気分を上げて。

お出かけが楽しみな春、強風のせいで髪の毛がボサボサになった…なんて経験ありませんか??今回は、簡単なのに可愛い、まとめヘアアレンジをご紹介します。基本のポニーテール・おくれ毛の出し方・崩し方・低めアップヘア・ボブOKお団子ヘア・たまねぎヘア・ラーメンマンヘアのやり方から、こなれ感を演出してくれるアイテムまで!

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ヘアスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。