一人暮らし、お金ってどれくらいかかる?新生活に向けて、準備万全にしておこう
lilychildlilychild

一人暮らし、お金ってどれくらいかかる?新生活に向けて、準備万全にしておこう

そろそろ一人暮らしが始まる。もう住むところも決まって、新しい家具も揃えたけど、今まで実家暮らしだったから、これからの生活費はどれくらいかかるのだろうと思っている人は多いのでは?新生活に向けて、一ヶ月にかかる大体の費用を想像して、準備万全の状態にしておきませんか?今回は6つの費用に分けて紹介します。

更新 2020.01.02 公開日 2020.01.02

そろそろ、一人暮らしを始めます

念願の一人暮らし。
いよいよ始まろうとしています。

もう住むところを決めて、家具も揃えて、引っ越しの準備はバッチリ。

新生活に向けて、今から準備万全でいたい

でも、今まで実家暮らしだったから、これからの生活費の想像ができない。

一ヶ月どのくらいかかるのかと予め把握して、新生活を準備万全の状態で迎えたいですよね。

「お金ってどれくらいかかるの?」

今回は一人暮らしで一ヶ月にかかる生活費を6つの費用から推測して紹介します。

あくまで目安なので、参考程度にしてください!

(1)家賃

まずは「家賃」。
もう住むところが決まっている人は、家賃の把握はできているはず。
平均的な家賃の費用は、収入の3分の1といわれています。

収入から家賃を引いた金額を、一ヶ月に使える費用と考えてスタートしましょう!

人によって支払える家賃の金額というのは変わっていきます。その上限として収入の3分の1を目安とすればいいでしょう。

出典 offer.able.co.jp

(2)水道光熱費

続いては「水道光熱費」。
今まで実家で暮らしていたという人は、一番想像がつきづらい費用ですよね。

全国の平均は11,380円といわれています。

暑い季節は冷房、寒い季節は暖房を使ったり湯船に浸かったりするという人も多いと思うので、目安の金額よりちょっとプラスした費用を想像しておくといいかも。

一人暮らしの1ヶ月あたりの光熱費は、全国平均で1万1,380円です。

出典 www.homes.co.jp

(3)食費

お次は「食費」。
一人暮らしにおいて、最も抑えておきたい費用かも。

というのも、一人暮らしの食費の平均は1ヶ月あたり約4万円といわれています。
外食を含めての4万円ですが、それでも結構高いですよね。
なるべく自炊をして、食費は抑えめな生活をするのがいいかも。

総務省が行なった2017年度の家計調査によれば、一人暮らしの食費の平均は1ヶ月あたり約 4万円、正確には39,649円(内、外食費10,897円)です。もちろん学生か社会人かによっても使える金額は違うでしょうし、自炊ができるかできないか、アルコールを飲むか飲まないかなど、ライフスタイルによっても若干変わってくるでしょう。

出典 offer.able.co.jp

(4)交通費

続いては「交通費」。
勤務先によっては交通費が出るところがほとんどですが、給料日まで立て替えるという人も多いはず。

忘れやすい費用でもあるので、今のうちにしっかり把握しておきましょう。

(5)美容代

お次は「美容代」。
女性ならここでお金を使うという人も多いと思います。
コスメやスキンケア、さらにマツエク、ネイル、ヘアなどあげてみたらキリがない。

とはいっても美容代は抑えたくないと思っている人もいるはず。
他の費用を節約して、美容代に充てられるように計算するのもいいですね。

まずひと月あたりに「自分の美容」に使っている金額を聞いてみると、平均「11,887.1円」という結果になりました。

出典 cancam.jp

(6)娯楽費

最後は「娯楽費」。
友人との食事やショッピングなど、マストではないけど生活において必要な娯楽費も、しっかり残しておきたいですね。

1〜5の費用の残りを娯楽費に当てる人も多いはず。
平均は約3万といわれているので、月に3万円は残るように生活費をやりくりしてみましょう!

洋服、娯楽費の平均額はひと月あたり32,155円です。内訳は以下のようになります。

被服及び履物11,651円/月教養娯楽20,504円/月
この他に、家具、家事用品3,141円、室内装備・装飾品377円、保健医療3,341円、諸雑費(理美容サービス、化粧品、タバコなど身の回り品)11,799円となっています。

出典 enechange.jp

今からコツコツ貯金しよう!

一ヶ月の収入でやりくりするのが基本ですが、それでも急な出費など必ずあるはず。

そんなときのためにコツコツ貯金をしておくことをおすすめします!

:貯金箱:

開かない 貯金箱

¥3,080

まずは貯金箱を用意して、小銭をコツコツ貯めてみてはいかが?
こちらは簡単には開かない貯金箱なので、お金を貯めるにはぴったりかも。

:家計簿:

Happy家計簿(2020)

¥722

今のうちから家計簿をつけることに慣れるのもおすすめ。
文字にすることで一ヶ月の収支がよくわかるので、これからの生活の参考になることまちがいなし。

毎月の流れを今のうちに掴んでおこう

楽しいことばかりではない一人暮らし。
そのひとつの理由として「自分でお金のやりくりをしないといけない」というのがありますよね。
でも今のうちから準備しておけば、生活のしやすさは変わるはず。

余裕ができたらお洒落なインテリアにしたり、お部屋をグレードアップさせたりするのもいいですね。
一人暮らしの毎月の出費を把握して、順調な新生活のスタートを切りましょう!

spacer

RELATED