早起きが苦手Girlはどこだ?すっきりした目覚めで、今日も一日頑張っちゃおう

早起きすることが苦手な子は結構多いのではないでしょうか。早起きが苦手なのにはワケがあります。5つの習慣で早起きを得意にしましょう。毎日の睡眠サイクルを整えて、自分に必要な睡眠時間を知って、寝る前のルーティンを見直して、二度寝してしまう習慣を直して、寝具を見直して、質の良い睡眠を心がけて気持ち良く目覚めましょう。

私の短所は、早起きが苦手なことです

私の短所は、早起きが苦手なことです

出典: snapmart.jp

朝、起きること。

それだけは、どうしても苦手なんです。いつもギリギリに目を覚まして、急いで準備する毎日。

こんな朝から解放されたい…。

出典: snapmart.jp

早起きをして、ゆっくりと健康的な朝を過ごしたいと思っているのに、どうしても変われないんです。

そんな女の子に向けて、朝、スッキリと気持ち良く目覚める方法を紹介します。

____朝寝坊癖を回避せよ!

早起きが難しいワケ

早起きが苦手な人に共通するワケを知ろう。

体内時計の乱れ

体内時計の乱れ

出典: unsplash.com

一つ目は、体内時計が乱れていること。

体内時計とは、決して感覚的なものではありません。時を刻む時計が人間の機能として備わっています。

その体内時計は、不規則な生活習慣や睡眠時間の乱れによって狂ってきてしまいます。

睡眠不足

睡眠不足

出典: snapmart.jp

二つ目は、睡眠不足。

人間に必要な睡眠時間は、一日に6時間~9時間だと言われています。毎日、しっかり必要な睡眠時間をとらないと、睡眠不足を感じてしまうのです。

ストレス

ストレス

出典: snapmart.jp

三つ目は、ストレス。

生きているうえで、ストレスを受けない人はいないかもしれません。ですが、ストレスを溜めてしまうと、しっかり睡眠をとっていても疲れが取れないことがあります。

早起きするための5つの習慣

5つの習慣で質の良い睡眠をとって、早起きできるようになりましょう!

その① 寝る時間と起きる時間

その① 寝る時間と起きる時間

出典: unsplash.com

まずは、生活習慣を整えましょう。

寝る時間と起きる時間は、毎日一定の時間ですか?人には体内時計があるので、それに合わせて生活リズムを整えることから始めましょう。

その➁ 必要な睡眠時間

その➁ 必要な睡眠時間

出典: snapmart.jp

寝る時間と起きる時間を一定にするために、自分にとって必要な睡眠時間を計測してみましょう。

まず、次の日の予定が遅い日に、目覚ましをかけずに目が覚めるまで寝ましょう。
(この時に、寝た時間と起きた時間をしっかりと覚えておきましょう。)

自然に目覚めた時間が、一番あなたにとって気持の良い目覚めの目安です。

出典: snapmart.jp

自分にとって必要な睡眠時間を知ることができたら、逆算して、起きたい時間を考えながら寝る時間を決めて、毎日その時間に寝るように心掛けてみましょう。

毎日安定した睡眠時間を確保できるように心掛けましょう。

その➂ 寝る前の習慣

その➂ 寝る前の習慣

出典: snapmart.jp

目標にする就寝時間が決まったら、寝る前の習慣を改善していきましょう。

睡眠前のテレビ、パソコン、スマートフォンは、寝る時間の2時間前までにしましょう。
強い光を浴びて、脳が昼間だと勘違いしてしまうため、眠りにくくなってしまうこともあります。

出典: unsplash.com

その2時間を使って、ゆっくりとお風呂に入って、ストレッチをしてリラックスしましょう。

普段湯舟につからない人は、毎日寝る前に15分つかるように心掛けてみましょう。体をしっかり温めることによってリラックスして眠ることができます。
(お風呂はぬるすぎず、熱すぎない温度にします。)

また、大人になるにつれ運動不足が多くなってきます。寝る前の3分のストレッチでも筋肉がほぐれ、疲れがとれやすくなります。

その④ 目が覚めたら立ち上がる

その④ 目が覚めたら立ち上がる

出典: snapmart.jp

質の良い睡眠をとれるようになってきても、二度寝をしては意味がありません。

目が覚めたら起き上がるように習慣づけましょう。

少し伸びをすると、徐々に目が覚めてきます。カーテンや窓を開け、日差しを浴びると、脳が目覚めを感じることができます。

その⑤ 寝具を見直す

その⑤ 寝具を見直す

出典: snapmart.jp

最後に、寝具を見直してみましょう。

長い間使っていると布団や枕が潰れてきてしまいます。自分の体にフィットした、寝心地の良い寝具を使うだけでも寝起きの感覚が変わってくるので、これを機に替えてみてもいいかもしれません。

早く起きたら、こんなことしよ?

朝ごはんをしっかり食べる

朝ごはんをしっかり食べる

朝、早く起きられるようになったら、朝ごはんを食べる習慣をつけてみませんか。

普段はパン一つしか食べる時間がない。または食べない人もいるかもしれません。朝ごはんを食べることは脳の活性化にも大切なこと。時間に余裕を持てたら、是非、栄養バランスを考えた朝食をとりましょう。

丁寧にゆっくりとメイクタイム

丁寧にゆっくりとメイクタイム

いつも最低限のメイクで済ませがちでは?

時間に余裕が持てれば、メイクもゆっくり丁寧にすることができます。メイクを丁寧にするだけでも気分が少し上がりませんか?

少し自分に自信がつくかもしれません。

今日から早起き苦手Girlを卒業します♡

今日から早起き苦手Girlを卒業します♡

出典: shutterstock

早起きできるようになれるかも?

自分を大切にして、早起きを得意にして、余裕のある朝を過ごしましょう。

関連する記事

こんな記事も人気です♪

“お布団が私を離してくれない現象”はもう終わり。マインドチェンジで早起き習慣

“お布団が私を離してくれない現象”はもう終わり。マインドチェンジで早起き習慣

  • floweri.公式
  • 13540view
痩せるも、太るも「習慣」だから。ヒントを発見“痩せている人の習慣”を盗み見っ!

痩せるも、太るも「習慣」だから。ヒントを発見“痩せている人の習慣”を盗み見っ!

  • こだまい(ˇωˇ)公式
  • 73541view
15分の早起きだけで、もっと素敵な1日に♡朝の手帳習慣“モーニングページ”

15分の早起きだけで、もっと素敵な1日に♡朝の手帳習慣“モーニングページ”

  • りりくぼ公式
  • 62783view
早寝早起きは身体に良いと言いますが。生活習慣の見直しで変わるオトメの24H

早寝早起きは身体に良いと言いますが。生活習慣の見直しで変わるオトメの24H

  • TARUGI公式
  • 7376view
無料で肌質が改善?!夏休みだからこそしたい、メリットだらけの早起きroutine

無料で肌質が改善?!夏休みだからこそしたい、メリットだらけの早起きroutine

  • ぼんちゃん公式
  • 17528view
この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター

Ruka公式

毎日『笑顔』でいられるといいな。

ライフスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。