新しいを取り入れる前に思い出してみて。日本人が昔から大事にしていた4つの美容法

時代の流れは早くて、どんどんと新しい美容法が編み出されている。そんな日々進化していく“美容法”を取り入れる前に、昔から愛され続ける可愛くなる方法を振り返ってみませんか?この記事では、日本人が昔からスキンケアや化粧のために愛してきたアイテムを紹介しています。新しいを取り入れる前に振り返ってみてくださいね。

時代はどんどんと変化していく

時代はどんどんと変化していく

出典: snapmart.jp

少し昔を思い出すだけでも、世の中はかなり変わっていて、前は想像もできなかったことが今では当たり前になっているなんてことも多いですよね。

毎日が変化の連続で、「可愛くなりたい」という女の子の気持ちを応援してくれるアイディアも多種多様になってきました。

新しさを取り入れるには昔を知っておくことが大事かも

新しさを取り入れるには昔を知っておくことが大事かも

新しい“可愛くなる方法”を取り入れるのは、ワクワクしますよね。
でも、そんな新しさを取り入れる前に昔から大切にされてきた美容法を知っておくことも大事なのかもしれません。

1|体に良いものをバランスよく食べること

1|体に良いものをバランスよく食べること

出典: snapmart.jp

美しさは内側から作り出しましょう。

今は足りない栄養素をサプリで補給するという方も少なくはないですが、やはりバランスの良い食事は健康の為にも忘れたくないですよね。

美味しく、そして美しくご飯を食べられたら嬉しいですね。

[バランスの良い食事]

どんなものを取り入れると良いんだろう?

どんなものを取り入れると良いんだろう?

出典: snapmart.jp

バランスの良い食事をとるうえでも、特に自分の肌に必要なものを見極めて積極的にとるものを意識してみましょう。
美肌を作るうえで必要とされている“ビタミンC”は、積極的にとっていきたいですよね。
美肌作りに欠かせないと言われているビタミンCは、ブロッコリー、パプリカ、カリフラワーなどから多くとれるのだとか!

【こんな風に取り入れてみよう】

簡単おつまみ☆パプリカのピクルス

楽天レシピ:「簡単おつまみ☆パプリカのピクルス」より

「簡単おつまみ☆パプリカのピクルス」

ちょっとしたおつまみになりそうなレシピですよね!
ピクルスは、カラフルだからこそシンプルに料理にしてもお洒落に見えます。

[レシピはこちら]

2|シンプルなものを丁寧に

2|シンプルなものを丁寧に

出典: snapmart.jp

今ほど美容液や導入液などのある役割に特化したスキンケアアイテムがなかった時代には、もっとシンプルに肌を労っていたのではないでしょうか?

色々なアイテムを肌に重ねていくこともいいですが、改めて基礎を振り返ってスキンケアとは何かを知ることも大切にしていきたいですよね。

[スキンケアの順番]

江戸時代から愛されるスキンケア

江戸時代から愛されるスキンケア

出典: snapmart.jp

江戸時代あたりから庶民の女性たちのなかでも“化粧”という文化が広まっていきました。
そしてそれに伴い“スキンケアアイテム”も身近なもので手作りする人が増えていったのです。
その中の一つに挙げられるのが“ヘチマ水”なのだとか。

自分の手で化粧水から作るからこそ丁寧なスキンケアをしたくなりそうですよね!

手作り化粧水には、糸瓜(へちま)の蔓(つる)を切って、切り口を下にして瓶に挿し、ぽたぽたと落ちてくる水分を化粧水として使う糸瓜水などもありました。

出典:www.cosmetic-culture.po-holdings.co.jp

【こんなアイテムを使ってみて】

天然へちま水 せの

商品

天然へちま水 せの

¥1,500

江戸時代から愛された“化粧水”を今体験してみましょう。

“美人水”とも言われたその使用感を実際に肌で感じてみたいですよね。

3|洗う前に気をつけたいこと

3|洗う前に気をつけたいこと

出典: shutterstock

髪の毛も今やトリートメントやヘアオイルなど便利なアイテムが増えたり、シャンプーを専門とする美容室ができたりと美髪に向けての文化も発展し続けていますよね。

でも髪の毛を毎日洗うようになってきたのは1990年代半ば頃からなのだとも言われています。
それまでは、髪を梳かすことに重きをおいていたのです。

[洗髪の歴史]

髪の梳かし方

髪の梳かし方

髪は、毛先→根元→中間の順番で梳かしていくのが良いのだとか。
手順など意外と意識できていなかった髪を梳かすということへの意識を変えていきましょう。

また、ブラシと櫛も使い分けをするとより髪の毛を綺麗に保つことに繋がるので、場面によって使い分けてみてくださいね!

[正しい髪の毛の梳かし方]

【こんなアイテムが美髪への近道】

木製櫛

商品

木製櫛

¥1,790

昔から愛され続ける“木製”の櫛を使いましょう。

髪を洗う前に髪を梳かすことで汚れを前もって落とすことにも繋がるので、お風呂前にしておきたいですよね。

4|香りはキュッと閉じ込めて

4|香りはキュッと閉じ込めて

出典: snapmart.jp

自分の身につける香りにこだわりをもって、様々な香水を集めているという方も少なくないですよね。

昔はそんな香りは“匂袋”で漂わせていたのだとか。
西洋でいう“サシェ”のように使われていたようです。
小さな袋からふわっと香る魅力的な香りが女性をより美しく見せていたのですね。

[香りの歴史]

癒やしになる香りを感じてみる?

癒やしになる香りを感じてみる?

出典: snapmart.jp

家でお香を焚く人は少なくなってきましたが、ルームフレグランスの代わりなどに、素敵な香りを感じましょう。

換気をしつつ部屋の中に感じる深い香りで癒やされてみるのもおすすめです。

【こんなアイテムもおすすめだよ】

かゆらぎ 白檀 名刺香 桐箱 6入

商品

かゆらぎ 白檀 名刺香 桐箱 6入

¥909

名刺などに香りをつけることのできる名刺香です。

相手への気持ちを込めて香りをのせたものを渡すなんてなんだか素敵ですよね。

新しいを知る前に振り返りたいもの

新しいを知る前に振り返りたいもの

新しいものをどんどんと取り入れて美しくになることは、とっても素敵なことです。

だけど、その新しさを取り入れる前に一度振り返ってみてください。
新しさの前にはこんな歴史があったのだと知るだけでもいつもよりも丁寧に可愛くなる準備ができそうではありませんか?

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

美容の記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。