暖かくても太って見えるのはイヤ。着ぶくれを防ぐ冬服の着こなしテクをご紹介

冬は重めのアウターや厚手のニットを着ることが多いですよね。一つ一つのアイテムは可愛いのに、組み合わせると着ぶくれして雪だるま状態に…そんな経験はありませんか?今回は冬に活用したい、着ぶくれを防ぐテクニックをご紹介します。冬は着ぶくれが気になるという方はぜひ参考にしてみてくださいね。

暖かさ重視でも着ぶくれだけはイヤ!

暖かさ重視でも着ぶくれだけはイヤ!

せっかくの可愛い服も、暖かさ重視でコーデすると着ぶくれしてしまうことも。こちらのようなすっきりとした冬コーデには、実は着ぶくれしないテクニックが詰まっているんです。

着ぶくれしない着こなしテクを知れば、今年の冬コーデをもっと可愛く着こなせること間違いナシです。暖かさも可愛さも両立できる冬の「NOT着ぶくれテク」をぜひ参考にしてみてくださいね。

淡色アウターの着こなしテク

タイトなボトムスですっきり見せ

タイトなボトムスですっきり見せ

防寒性が高いボアコートはふわふわした素材も可愛いアイテムですが、ホワイトカラーをスタイル良く着こなすのは難しそう。
そんな時に参考にしたいのがこちらのコーデです。

タイトなボトムスを合わせて下半身をすっきりと見せましょう。また、シューズはスタイルアップ効果のあるヒール付きアイテムがベスト。

ロング丈のダウンは前閉じで

ロング丈のダウンは前閉じで

ロング丈のダウンには、こちらのようにウエストマークができるベルト付きのアイテムも多いですよね。それなら前を閉じてベルトを活用しましょう。

腰のラインを強調することで、自然にメリハリのあるスタイルに仕上げることができます。
中に着ているアイテムが見えないぶん、アウターを脱いだ時にギャップを感じさせるような肌見せトップスやワンピースを着てみてください♡

重めコートは脚見せで抜け感を

重めコートは脚見せで抜け感を

重めのアウターは暖かいぶん、すっきりと着こなすのが難しく感じられることもありますよね。
もしできるなら脚見せで抜け感を演出してみてください。

厚手のストッキングを穿けば、寒さを防ぐこともできます。ただ無理は禁物なので、その日の気温で判断するようにしてくださいね。

ダウンコートの着こなしテク

かさばらないタイトなトップスをIN

かさばらないタイトなトップスをIN

ゆるっとしたトップスにダウンコートも可愛いけれど、着ぶくれが気になるならフィット感のあるトップスを選んでみてください。
首周りが開いているアイテムだと寒いという方は、タイトなハイネックトップスを合わせるのがオススメ。

ホットインナーを仕込めば薄手のトップスも◎

ホットインナーを仕込めば薄手のトップスも◎

ヒートテックを購入してから厚着しなくてよくなった!という方も多いはず。
合わせるトップスによってはデザイン選びが重要ですが、ハイネックトップスなど露出がほとんどないトップスに合わせるならホットインナーを活用してみてください。

首周りがすっきりとしたアイテムを選ぶ

首周りがすっきりとしたアイテムを選ぶ

首や顔周りをすっきりと見せることができるトップスやワンピースで、抜け感のある印象に仕上げるのもテクニックの一つ。
とくに、フード付きのダウンを着ると上半身が重そうに見えてしまうという方はぜひ参考にしてみてくださいね。

ロングヘアの方はアップヘアにアレンジ

ロングヘアの方はアップヘアにアレンジ

髪が長めの方はアップへアのアレンジを取り入れてすっきりとした印象に見せるのも◎
簡単なポニーテールのアレンジでも、顔周りをすっきりと見せる効果が期待できます。

大きめのピアスやイヤリングを合わせれば、よりお洒落なダウンコーデに仕上げることができそうです。

着ぶくれしないニットの選び方

ウエストマークできそうなロング丈を選ぶ

ウエストマークできそうなロング丈を選ぶ

お尻まで隠れそうな丈感のニットトップスなら、ウエストマークでチュニック風に着こなすことができます。小柄な方ならワンピ風にも♡

V字ネックなら顔周りをすっきりと見せられる

V字ネックなら顔周りをすっきりと見せられる

デコルテ見せができるV字ネックのニットトップスは、ボリュームのあるアウターと合わせても着ぶくれを防ぐことができるのはもちろん、アウターを脱いだ時にもすっきりとしたニットコーデに見せることができます。
とくに丸顔が気になる方は、首が詰まったデザインのニットよりもV字ネックのニットを選ぶのがオススメです。

NOT着ぶくれに役立つアイテム3つ

ホットインナーで脱・厚手ニット

7分袖トップ

ZOZOTOWN

商品

7分袖トップ

¥3,839

『AMOSTYLE BY Triumph(アモスタイル バイ トリンプ)』

胸元がレースデザインなので、トップスから見えても可愛くて安心。
バックも深めのレースデザインになっていて、女の子への気遣いが詰まったホットインナーです。

例えばこんなニットを選んでみて

アームケーブルタートルニットトップス

ZOZOTOWN

商品

アームケーブルタートルニットトップス

¥7,689

『GYDA(ジェイダ)』

お尻まで隠れる丈なので、ベルトでウエストマークしてチュニックやワンピ風に着たい方に。
袖にふくらみがあるデザインなので、アウターは袖にゆとりがあるダウンやブルゾンを合わせましょう。

ウエストマークに活用したいシンプルなベルト

リングウエストマークベルト

ZOZOTOWN

商品

リングウエストマークベルト

¥3,289

『GYDA(ジェイダ)』

どんなトップスにも合わせやすそうなリングデザイン。
ブラック×シルバーの配色は合わせやすいだけでなく、ニットコーデをクールに格上げしてくれそうです。

NOT着ぶくれでストレスフリーな冬コーデ

NOT着ぶくれでストレスフリーな冬コーデ

せっかく可愛い服を買ったのに、着ぶくれが気になってしまうのはもったいないから。
冬コーデをもっとストレスフリーで楽しむべく、ぜひ「NOT着ぶくれテク」を活用してみてくださいね。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ファッションの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。