理想の女の子に憧れて。ナチュラルな肌にキラキラの瞳に近づくためのハウツー

この記事では理想の女の子に近づくハウツーとして、1:カーラーでまつ毛を上手に上げる方法、2:ぱっちりお目目のおすすめのマスカラ、3:ナチュラルに仕上げるベースメイク、4:優しい印象のヘアカラーをご紹介します。キャンメイクのマスカラ、ディアダリアのアイシャドウ、おすすめの美容師さんなど参考にしてみてください。

ただただ憧れのままで終わらせる?

ただただ憧れのままで終わらせる?

出典: unsplash.com

あの子かわいいな、あの子みたいになりたいなと女の子は周りと比べて無い物ねだりをしてしまう生き物。

理想の女の子みたいになりたいなと、思ったことのある人もいるはず。

出典: unsplash.com

キラキラとした瞳に、綺麗な肌、柔らかそうな髪の毛…など憧れてしまうポイントはいくつもありますよね。

今までは諦めてしまっていた憧れ。
今回は憧れのまま終わらすのではなく、ちょっとトライしてみませんか?

1:お目目はぱっちりと印象的に

1:お目目はぱっちりと印象的に

まつ毛が長くってぱちっとした瞳には、やっぱり憧れてしまうもの。

そんな瞳に近づくためには、まずまつ毛を綺麗に上向きにすることがポイント。ビューラーを使ってうまく上向きまつ毛を作るコツをお教えします。

出典: lipscosme.com

カーラーを使う時、早くまつ毛をあげたいからといって、毛先をぎゅーっとあげている人いませんか?
カーラーを使ってまつ毛をあげる時に重要なのは、ゆっくりと時間をかけて丁寧にまつ毛に向き合うこと。

画像の1、2、3のステップを参考に、根元からまつ毛をあげるイメージでカーラーをするのがおすすめ。

出典: lipscosme.com

まつ毛にコンプレックスを感じている人がいたら、ぜひマスカラ下地を活用してほしいと思います;)♡

まつ毛をしっかりとあげた後に、すぐマスカラをするのではなくワンクッション、マスカラ下地を挟むだけです。一生懸命作ったカールをキープしてくれ、ぱっちりお目目を叶えることができます。

2:アイメイクのヒミツ

2:アイメイクのヒミツ

目元はパッと印象的に仕上げることを意識してみてください。白のアイライナーでパッと華やかで、アクセントのある目元に。

がっつり引くのが気分…♡

出典: lipscosme.com

ビューラーでしっかりと上向きにしたまつ毛をキープするためにはマスカラも重要な要素。

『CANMAKE(キャンメイク)』の「クイックラッシュカーラー」は下地、トップコート、マスカラの3つの役割が一本になった優れもの。

お手持ちのマスカラの上から重ね塗りするとカールをキープしてくれるんだそう。

これでぱっちりお目目を手に入れちゃいましょう。

出典: lipscosme.com

『DEAR DAHLIA(ディア ダリア)』の「パラダイスシャインアイシークイン」はしっとりとしたグリッターのアイシャドウで、目元をゴージャスに仕上げてくれるアイテム。

一本で存在感のある目元にしてくれるので、ベースメイクを薄く仕上げれば、目元がより強調されますよ。6色展開なので好みのカラーを見つけてみては?

3:塗りすぎない!がポイント

3:塗りすぎない!がポイント

ベースメイクは思いっきりナチュラルに仕上げるのがカギ。

肌の凹凸を整えて、艶やかな肌を目指してベースメイクをするように心がけましょう。ポイントは保湿してくれる化粧下地とハイライト。これさえ押さえておけば、ベースメイクはバッチリです。

出典: lipscosme.com

保湿力抜群の化粧下地といえば、『LA ROCHE-POSAY(ラ ロッシュ ポゼ)』の「UVイデア XL プロテクショントーンアップ」。
このアイテムは自然に肌のトーンアップを演出してくれて、保湿もしてくれるというアイテムです。これでナチュラルな肌作りを目指してみて。

出典: up.myreco.me

ハイライトを使った経験がないと、なかなか挑戦しづらいものかもしれませんが、実は難しいことは一切ないんですよ。

はっきりとしたツヤ感を出したい場合は、指でハイライトをとって顔にのせるのがおすすめ。ふんわりとしたツヤ感を出したい場合はブラシを使うことをおすすめします。

出典: lipscosme.com

・おでこの中心
・鼻筋と鼻先
・目頭付近
・眉下
・頬上
・唇上
・あご

が基本的なハイライトを入れると良いポイントです。少し入れるだけで顔に自然と立体感が出るので、ぜひ一度は挑戦してみてほしいです。

4:クリーミーなヘアカラーがおすすめ

4:クリーミーなヘアカラーがおすすめ

明るくて、透明感のあるヘアは永遠の憧れ…。そんな憧れのヘアに近づくためには優しい印象を与えてくれるミルクティーベージュで決まり。

夏の明るいヘアよりも少し暗めなカラー剤を入れた、これからの季節にぴったりなカラーに仕上げてくれるヘアサロン『siki(シキ)』のスタイリスト、ナカムラコウキさんにヘアカラーを任せてみて♡

続いて紹介するのも、まろやかなハイトーンがお得意の『SHIMA(シマ) daikanyama店』のスタイリスト、花見菜月さん。

ヨーロッパのお洒落さんをイメージしたようなナチュラルで、可愛らしいクリーミーベージュにトライしてみたい方は菜月さんにお願いをしてみるのがいいかも♡

憧れのあの子に近づいたかな??

憧れのあの子に近づいたかな??

出典: unsplash.com

憧れのあの子にはなれないけれど、自分の理想に近づくことはいくらでもできるのではないでしょうか?

メイクやヘアカラーで自分のなりたいを叶えてみてほしいです。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

メイク・コスメの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。