寒い冬こそ、髪色は「ハイトーン」で1人勝ち!彩度を上げる派手カラーのすゝめ♡

寒くなってきた今日この頃、暗髪にする友達が多い中で私は「ハイトーン」を選んで1人勝ちしちゃいます!ハイトーンカラーを選ぶとブラックコーデにメリハリがついたり、お洒落度がUPしたりと良いことばかり。この冬はピンクヘアやホワイトベージュ、アリエルカラーなど、彩度を上げる派手カラーでお洒落度をUPさせちゃいましょう。

寒くなってきたから、暗髪にしたの

寒くなってきたから、暗髪にしたの

暑い夏は、周りの友達も明るい髪色にしている子が多かった。
私も今の髪色は少し明るめのブラウン。

「寒くなってきたから、暗髪にしたの」
そんな女の子の気持ちはよ〜くわかる。
なぜか冬に近づくと髪色を暗くしたくなるよね。

それなら私は「ハイトーン」で1人勝ち!

それなら私は「ハイトーン」で1人勝ち!

みんなが冬に向けて髪色を暗くするのなら。
私は逆に「ハイトーン」で目立ちたい、って思ったの。

あなたもハイトーンカラーで彩度を上げて、お洒落な雰囲気をもっとあげてみませんか?

冬に「ハイトーン」を選ぶ理由

ブラックコーデにメリハリがつく

ブラックコーデにメリハリがつく

冬にハイトーンを選ぶと良い、いくつかのおすすめポイントがあるんです。

一つ目はブラックコーデにメリハリがつく、ということ。
冬はなぜだか茶色や黒系の服を選ぶことが多いかもしれませんが、そんなときに髪色が明るいとコーデ全体にメリハリがつくんです。

自然とお洒落度がUPする

自然とお洒落度がUPする

さらに、自然にお洒落度がUPするというおすすめポイントも。
ハイトーンだと、いつも以上にお洒落上級者のような雰囲気を演出することができちゃいます。

あまり髪色を明るくしたことがない、という人はハイトーンにしてギャップを狙ってみるのも良いかもしれません♡

ヘアケアにゆっくり時間を使える

ヘアケアにゆっくり時間を使える

暑い夏は湯船に浸かるのが嫌でシャワーだけで済ませてしまうことも多いですよね。

ですが寒い季節なら、ゆっくりと湯船に浸かって温まるのが嫌な人は少ないはず。
ヘアケアを丁寧に行う時間も冬の方が長めに取れるかもしれません。

風でふわっとなびくようなサラサラヘアに憧れて。カラーを繰り返した髪の毛や、ブリーチで痛めつけた髪の毛でも、ケアの仕方次第でサラサラヘアは作れるんです♡今回はシャンプー・コンディショナー、トリートメント、ドライヤー、ヘアブラシ、スタイリング剤で作るサラサラヘアーへの5STEPをご紹介します。

どんな「ハイトーン」にしてみる?

うす〜い色味が可愛い#ピンクヘア

うす〜い色味が可愛い#ピンクヘア

薄いピンクの色味が可愛いピンクヘアなら、気軽に挑戦しやすいかも。

この髪色にあえて少しモードなファッションを合わせて、ギャップを生み出すのも良いですね。

消えちゃいそうな髪色で、儚げな女の子を演出してみて。

ピンクベージュなら、ワンランク上のセンスを覗かせることができそう。

大人っぽい#ホワイトベージュ

白をベースにした、明るいホワイトベージュ。
こちらの美容院ではブリーチ一回でこの仕上がりになるんだそう。

ハイトーンで大人っぽい印象をつけたい方にオススメのカラーです。

ホワイトアッシュはポニーテールにしただけで、グッとお洒落度がUPしちゃいます。

目を引く緑のトップスとの組み合わせも素敵ですね。

まるでプリンセスのような#アリエルカラー

まるでプリンセスのような#アリエルカラー

ディズニープリンセスのアリエルのような髪色、ということで話題のアリエルカラー。
物語の主人公になったような気分になれそうです。

少し勇気のいる派手めなカラーですが、この季節に一度挑戦してみるのも良いかもしれませんよ。

ぶどうのようなローズピンクの髪色なら、可愛い雰囲気も格好良い雰囲気も出せちゃいます。

綺麗に染まったロングヘアに、目線を釘づけにされてしまいますね。

「ハイトーン」にぴったりのアレンジも

ストレートアイロンだけで巻き髪を作る

こちらの動画では、ストレートのヘアアイロンで巻き髪を作る方法を紹介しています。
これなら家にストレートアイロンしかない方でも挑戦できますよね。

最後に巻いた髪を自然にほぐせば完成です♡

カシス巻きで綺麗なヘアカラーを魅力的に

こちらはステップが少ないので、ヘアセットが苦手な方でもやりやすいはず。

綺麗なカシスの色合いをこの巻き方でもっと魅力的に見せちゃいましょう。

お団子アレンジで簡単垢抜け

お団子アレンジで簡単垢抜け

ニュアンスを意識したお団子アレンジなら、きっと周りの友達からも褒められちゃいます。

ハイトーンだからこそ映えるヘアアレンジをぜひ試してみて。

冬こそ「ハイトーン」で彩度を上げて

冬こそ「ハイトーン」で彩度を上げて

「寒くなってきたから…」って周りの友達が暗髪にしていく冬だけど。

今年の冬はあえてハイトーンを選んで、彩度を上げてみませんか?
いつもとは違う自分で寒い冬の素敵な思い出を作りましょう。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ヘアスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。