なんでもスマホでできる時代。あえてスマホを使わずに楽しみたい3つのこと

この記事では、スマホでできるけどあえてスマホを使わずに楽しむのもオススメの3つのことをご紹介。古着屋さんで実際に手にとって洋服を見たり、映画館で雰囲気を楽しんだり、本を手にとって読んだりして、スマホがない時間を楽しんでみては?

なんでもスマホでできちゃうけど

なんでもスマホでできちゃうけど

出典: latte.la

スマホ一つあればなんでもできるこの時代。

インターネットに繋がるスマホは、テレビを見たり漫画を読んだり、ショッピングができたりと、できないことを考える方が難しいのではないかと思ってしまうほど。

あえてスマホを使わずにしたいこと

あえてスマホを使わずにしたいこと

出典: snapmart.jp

そこで今回は、スマホでできるけどあえてスマホを使わずに楽しむことをオススメしたい3つのことをご紹介します。

ネット通販での買い物は古着屋巡りに変えて、映画は劇場まで足を運んで、電子書籍は紙媒体に変えて、楽しんでみませんか?

1▷洋服は手にとって選んでみる

古着屋さんで掘り出し物を見つけてみない?

古着屋さんで掘り出し物を見つけてみない?

手軽さや商品の品揃えの良さが魅力のネットショッピング。
暇な時はついつい新しいお洋服などをチェックしちゃいますよね。

ネットで買うのもいいけど、一着一着手に取りながら洋服を選ぶことだって楽しいはず。
自分に似合うかどうかは、やっぱり実際に着て確認することが一番なんて感じることも。
特に古着屋さんはたくさんの種類の中からお気に入りを見つける感覚が楽しめるので実際に足を運んでショッピングするのにオススメですよ。

MarcoPolo

MarcoPolo

そこで今回は、都内のオススメの古着屋さんを3つご紹介します。
まずは、高円寺と下北沢にある『MarcoPolo(マルコポーロ)』。
プチプラで可愛い古着がたくさん揃う、オススメの古着屋さんです。
公式Instagram(インスタグラム)ではオススメのコーデやアイテムの値段が紹介されているのでぜひチェックしてみてくださいね。

高円寺店 Instagram
下北沢店 Instagram

TheSunGoesDown

TheSunGoesDown

続いてご紹介するのは渋谷や下北沢にある『TheSunGoesDown(サンゴーズダウン)』。
シンプルながらもお洒落で洗練されたアイテムがたくさん揃っています。
こちらの公式Instagramの投稿を見ると、つい全身フルコーデで欲しくなってしまいそう。

Instagram

Flamingo

Flamingo

最後にご紹介する古着屋さんは『Flamingo(フラミンゴ)』。
原宿や下北沢、吉祥寺などをはじめ都内に8店舗、京都に1店舗あるFlamingoは、ガーリーなアイテムやストリート系のファッションなど、様々な系統の服やファッション雑貨を扱う古着屋さん。
気になるはぜひ公式Instagramをチェックしてみてくださいね。

原宿店 Instagram
下北沢店 Instagram

2▷映画館は雰囲気も楽しめるの

グランドシネマサンシャイン

グランドシネマサンシャイン

出典: snapmart.jp

続いてご紹介するのは映画。
動画配信アプリなども普及し、スマホで好きな映画を好きなだけ見ることも簡単な時代。
でも、雰囲気や迫力、音の重厚感は映画館ならではなのでは?

池袋にオープンした『グランドシネマサンシャイン』も世界観があり映画館ならではの雰囲気を楽しむことができますよ。
上映時間などの詳しいスケジュールは公式ホームページをチェックしてくださいね。

グランドシネマサンシャイン

>>オススメの池袋カフェ

映画をみた後は、こちらのカフェでゆっくりしてはいかが?
池袋にある『Bluebottle Coffee(ブルーボトルコーヒー)』ではこだわりのコーヒーや焼菓子をいただくことができます。
席数は少ないですが、すぐ近くに南池袋公園があるので、天気が良い日はそちらでピクニックのように楽しむのもオススメですよ。

▷店舗情報
住所:東京都豊島区南池袋2-23-7
営業時間:[月~金]8:00~19:00[土・日・祝]9:00~19:00

BlueBottleCoffee

TOHOシネマズ 日比谷

TOHOシネマズ 日比谷

出典: snapmart.jp

もう一つオススメの映画館は『TOHOシネマズ 日比谷』。
東京ミッドタウン日比谷の中に入っている映画館です。
大きな窓からは日比谷公園の景色を見ることができますよ。

TOHOシネマズ 日比谷

>>オススメの日比谷カフェ

日比谷でオススメのスポットが『Buvette Tokyo(ブヴェットトウキョウ)』。
映画館があるのと同じ『東京ミッドタウン日比谷』の中にあるのでぜひ一緒に訪れてみてくださいね。
こちらで有名なのがこの「チョコレートムース」。甘いものがお好きな方にオススメのメニューです。

▷店舗情報
住所:東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷1F
TEL:050-5596-2353
営業時間:平日8:00~23:30(L.O 22:30)/ 土日祝9:00~23:30(L.O 22:30)
定休日:施設に準じる

3▷ページをめくる手が止まらない

いつでも雑誌はお洒落の教科書

いつでも雑誌はお洒落の教科書

WEBマガジンやファッションサイトを見ると、お洒落な洋服がたくさん紹介されていたりそのままインターネットで購入できたりと便利ですよね。
でも、雑誌をめくるワクワクした感覚や、ページの端を折って後から見返してみたりする楽しみは紙の雑誌ならではかも。
表紙がお洒落な雑誌は部屋に飾ってインテリア感覚で楽しむのもいいですよね。

FUDGE -ファッジ- 2020年 1月号

商品

FUDGE -ファッジ- 2020年 1月号

¥690

お洒落さんが読んでいるイメージが高いFUDGE(ファッジ)。
海外のモデルさんが多くて、憧れてしまうほど。お洒落で洗練された服がたくさん紹介されているのでぜひ本屋さんで手にとってみて。

電車では文庫本を読むのも素敵

電車では文庫本を読むのも素敵

電子書籍などの普及もあり、スマホで簡単に読むことができますが、紙の本をそのまま持ち運ぶのもなんだか愛着が湧きそう。
電車に乗っている間だけでも、スマホをしまって文庫本片手にその世界を楽しんでみてはいかがですか?

ジヴェルニーの食卓 (集英社文庫)

商品

ジヴェルニーの食卓 (集英社文庫)

¥605

著:原田マハ / 集英社
芸術家たちに注目した短編集。
有名な画家さんたちの物語ですが、読んだ後に優しい気持ちになれるような心温まる物語です。

ジヴェルニーに移り住み、青空の下で庭の風景を描き続けたクロード・モネ。その傍には義理の娘、ブランシュがいた。身を持ち崩したパトロン一家を引き取り、制作を続けた彼の目には何が映っていたのか。(「ジヴェルニーの食卓」)新しい美を求め、時代を切り拓いた芸術家の人生が色鮮やかに蘇る。マティス、ピカソ、ドガ、セザンヌら印象派たちの、葛藤と作品への真摯な姿を描いた四つの物語。

出典:honto.jp

今日はスマホをしまって楽しんで

今日はスマホをしまって楽しんで

出典: latte.la

どれもスマホでも代用できることかもしれないけど、あえてスマホを使わずに楽しむのも素敵。
あなたも1日の中で、少しでもスマホを忘れて何かに夢中になる時間をつくってみてはいかが?

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ライフスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。