思い出も詰め込んで一緒にお持ち帰り♡北海道のおすすめスポット小樽オルゴール堂

魅力的な観光スポットが数多くある北海道の中でも、今回おすすめしたいのが小樽市にある『小樽オルゴール堂本館』。ノスタルジックな佇まいの外観も、きらきらと輝く幻想的な雰囲気の店内も、癒やし効果のあるオルゴールの音色も、訪れてみればきっと大満足のスポットです。オルゴール作りを体験できる姉妹店などもご紹介しています。

魅力的な場所ばかり

魅力的な場所ばかり

出典: snapmart.jp

日本一大きな都道府県である北海道が日本の国土の何%くらいを占めているか知っていますか?

答えは約22%。
ご存知の方も多いかと思いますが、その広大な土地には一度は訪れてみたい魅力的な観光スポットがたくさんありますよね。

出典: snapmart.jp

人気観光都市の札幌や函館、ラベンダー畑が美しい富良野に、世界遺産登録地域である知床半島、温泉が有名な地域も数多くあります。
本当に、いい所ばかりで迷っちゃう。

そんな中注目していただきたいのが小樽です!
小樽にも、きっと満足していただけるであろうスポットがあるのでご紹介します。

それでも訪れてほしい

それでも訪れてほしい

それは、『小樽オルゴール堂』という所。
オルゴールショップ兼博物館のような場所です。

オルゴール堂自体は函館や表参道、鎌倉、京都などにも店舗があるのですが、本館がこちらの小樽店となっています。
そしておしゃれな小樽の街並みに溶け込むノスタルジックな佇まいは本館ならではです。

きらきらな世界が広がる

きらきらな世界が広がる

出典: snapmart.jp

明治45年に建てられたというオルゴール堂本館は、外観だけ見ているとノスタルジックな雰囲気ですが、扉を開ければ中にはきらきらと輝く幻想的な雰囲気広がっています。

まるで物語の世界に迷い込んでしまった妖精になった気分。

出典: snapmart.jp

ここで耳にすることができるのは“小樽に舞い降りた天上の音楽”。

日常生活では触れる機会も少ないであろうオルゴールの音に癒やされながら、その世界観にどっぷりと浸かっちゃってくさだい。

オルゴール堂は何度でも楽しめる

オルゴール堂は何度でも楽しめる

出典: snapmart.jp

小樽のオルゴール堂には、本館から徒歩で行くことができる姉妹店がいくつかあります。

それぞれ違った楽しみ方ができるのでこちらもとてもおすすめ。

2号館 アンティークミュージアム

2号館 アンティークミュージアム

『2号館 アンティークミュージアム』には、エオリア・パイプオルガンをはじめとする歴史的価値のあるアンティークオルゴールの数々があります。
古の音色をお楽しみください。

キャラクターハウス 夢の音

キャラクターハウス 夢の音

『キャラクターハウス 夢の音』は人気のキャラクターや北海道限定のキャラクターなどを集めたお店。
お子様連れの方におすすめの店舗です。

手作り体験 遊工房

手作り体験 遊工房

『遊工房』は自分自身の思い出や大切な人への贈り物として、世界にたった一つのオルゴール制作体験ができる場所。オルゴールだけじゃなくトンボ玉なども作ることができます。

この他にも、動物園がテーマの動物雑貨専門ショップ『小樽からくり動物えん』や小樽の歴史が刻まれた『小樽オルゴール堂堺町店』もあります。

乙女心をくすぐるデザイン

乙女心をくすぐるデザイン

『小樽オルゴール堂』のオルゴールは音色に惹かれるのはもちろんのこと、かわいすぎるそのデザインが女の子の心を鷲掴みにするんです。

小さい頃に憧れた、ジュエリーボックスみたい。

ガーリーな雰囲気で、アンティーク調のものもあります。
お部屋に飾るインテリアにもぴったり。癒やされるだけじゃなく、心が躍るアイテムにもなりそう。

小樽オルゴール堂

小箱に詰まった大きな夢

小箱に詰まった大きな夢

最後に一つ豆知識を。
オルゴールの原点は時計にあります。時計がまだ身近に無かった頃、時を知らせる鐘が簡単な音楽を奏でていたことから始まりました。
人々が初めてオルゴールというものを聴いた時はどんな感情だったのでしょうか。

出典: snapmart.jp

当時の人々にとってオルゴールはそこまで身近な存在ではなかったでしょう。

この箱一つに大きな夢が詰まっていたのかもしれませんね。
そう考えると何だか心の奥底がじんわりと温かくなって、“大切にしよう”そう思えます。

蘇る思い出。○

蘇る思い出。○

開くたび、音色と共に蘇る思い出の数々。

そんな素敵なオルゴールを手に入れてみませんか?
小樽を訪れた際は、ぜひオルゴール堂へ。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

旅行・おでかけの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。