【保存版】iPhoneの充電を長持ちさせ隊。出先でのバッテリー切れ防止テクニック

一日中外出する予定なのに、スマホの充電器を忘れてしまったなんていう経験、一度はありますよね。今回はiPhoneの充電を長持ちさせるテクニックをご紹介。低電力モードにTwitterやYahoo!の動画の自動再生のオフ、Wi-Fi、Bluetooth、GPSなど不要な通信のオフなど、すぐに実践できるテクニックを。

\やってしまったぁぁぁぁぁ!/

\やってしまったぁぁぁぁぁ!/

出典: snapmart.jp

今日は朝から一日外出しているのに、モバイルバッテリーを忘れてしまいました…。

夜まで充電もってくれないよね。

どこかで買う?
いやでも家に帰ればあるんだから2つはいらないし、数千円の出費は地味にキツイ。

iPhoneの充電を長持ちさせ隊、出動です

iPhoneの充電を長持ちさせ隊、出動です

出典: 17kg.shop

なんとか家に帰るまで、切れないでほしいから。
iPhoneの充電を長持ちさせ隊、出動します!

すぐに実践できるものばかりなので、ぜひ試してみてくださいね。

①低電力モードに設定

①低電力モードに設定

出典: shutterstock

まずは、自動で消費電力を押さえてくれる低電力モードに変更しましょう。

低電力モードにしている間は一部の機能が制限されたり、使用できなくなるので注意して。

iPhoneの画面上に表示されるステータスバーの充電マークがイエローになっていればOKです。

*************************

iPhoneの「設定」→「バッテリー」→「低電力モード」をオン

低電力モードにすると、以下の機能が制限されるか、機能に影響が出ます。

メールの取得
"Hey Siri"
App のバックグラウンド更新
自動ダウンロード
一部のビジュアルエフェクト
自動ロック (デフォルトは 30 秒後)
iCloud 写真 (一時的に停止)

出典:support.apple.com

②上にスライドでアプリ終了は逆効果!?

②上にスライドでアプリ終了は逆効果!?

出典: snapmart.jp

「充電節約のために、使っていないアプリを上にスライドして終了させる」ということやっている人も多いのではないでしょうか?

実はこの行為、アップルとグーグルがともにバッテリーの寿命には関係がないということを明言しているんです。

アプリは起動と終了時に、メモリの開放・読み込みを行うため、オンオフを繰り返すのはむしろ充電を消費してしまうんだそう。

先日、アップルとグーグルともに、アプリを閉じたところでバッテリーの寿命が改善されることはないと認めた。Androidのエンジニアリング部門ヴァイスプレジデント、ヒロシ・ロックハイマーによると、むしろ、ことをさらに悪化させる可能性すらあるという。

出典:wired.jp

出典: 17kg.shop

充電を節約したいなら、アプリを終了させるのではなく、バックグラウンドでの“更新動作”をオフに設定しましょう。

だたし、こちらは低電力モードにしている間は自然にオフになります。

*************************

iPhoneの「設定」→「一般」→「Appのバックグラウンド更新」→不要なアプリを選択してオフ

③動画の自動再生をオフ【ギガ節約にも◎】

Twitter

Twitter

出典: shutterstock

Twitterでは動画付きのツイートが流れてくることがありますが、これの自動再生をオフする設定ができるんです。

自動再生をオフしても、動画をタップすれば見ることができるので安心してくださいね。

*************************

Twitterのアプリを開く→自分のアカウントのアイコンをタップor左から右にスライド→「設定とプライバシー」→「データ利用の設定」→「動画の自動再生」をオフ

Yahoo!

Yahoo!

出典: 17kg.shop

スマートフォン版Yahoo! JAPANトップページはトップページを開いた際に、動画広告が再生されることがありますよね。

これも設定で再生しないようにすることができます。

*************************

Yahoo! JAPANトップページを開く→画面下「その他」→「設定」→「動画自動再生」→「常にしない」

④ディスプレイの明るさを落とす

④ディスプレイの明るさを落とす

出典: snapmart.jp

iPhoneのディスプレイの明度を落とすのも効果的です。
また、自動回転をオフにすることも有効なんだそう。

*************************

iPhoneの「設定」→「画面の表示と明るさ」→明るさバーを左にずらす

点灯時間を調節

点灯時間を調節

出典: snapmart.jp

iPhoneは操作していない時間が続くと、自然に画面が消灯するようになっています。

どれだけ無操作状態が続けばスリープモードに入るのか、時間を変更することができるんです。

この時間が短いほど、消費をおさえられますよ。

*************************

iPhoneの「設定」→「画面表示と明るさ」→「自動ロック」→設定したい時間を選択

⑤不要な通信はオフ

Wi-Fi

Wi-Fi

出典: shutterstock

Wi-Fiはギガの消費を防げたり、通信が早くできたり、とても便利ですよね。

しかし、Wi-Fiが無いところでもオンになっていると、常にアクセスポイントを探している状態になるため、無駄にバッテリーを消費してしまうんです。

移動中など、接続していないならオフにする習慣を身に着けましょう。

*************************

iPhoneの「設定」→「Wi-Fi」をオフ

Bluetooth

Bluetooth

出典: snapmart.jp

Bluetoothは、ワイヤレスイヤフォンやスピーカーに接続する際などに使用するもの。

Bluetoothを利用して使用する周辺機器を使っていない間はオフにしておくのが◎

*************************

iPhoneの「設定」→「Bluetooth」をオフ

GPS

GPS

出典: snapmart.jp

現在地を測定してくれるGPSですが、こちらも不要であれば切っておきましょう。

ただし、こちらをオフにするとグーグルマップなどのサービスに影響が出るので、地図アプリなどを使用したい際は気をつけてくださいね。

*************************

iPhoneの「設定」→「プライバシー」→「位置情報サービズ」をオフ

AirDrop

AirDrop

出典: 17kg.shop

Apple製品同士で画像や動画、URLなどのデータを高速で、手軽に共有することができるAirDrop。

すっとオンになっていると電池を消費してしまう他、最近では勝手に画像を送りつけてくる嫌がらせ行為も横行しているので、使いたい時以外はオフにしておくのがベターです。

*************************

iPhoneの「設定」→「一般」→「AirDrop」→「受信しない」

⑥不要な通知もオフ

⑥不要な通知もオフ

出典: snapmart.jp

便利な通知機能ですが、こちらも不要なものはすべてオフにすると、節約に繋がります。

*************************

iPhoneの「設定」→「通知」→不要なアプリの「通知を許可」をオフ

最近バッテリーの減りが早いと思ったら…

バッテリーの状態を確認して

バッテリーの状態を確認して

出典: snapmart.jp

最近、そんなに使用していなくても充電が減るスピードが異常に早いなと感じたら、バッテリー自体が劣化しているのかもしれません。

iPhoneでバッテリーの状態を確認して、最大容量が80%以下ならApple Storeや携帯ショップでバッテリーを交換してしまうのも一つの手段です。

*************************

iPhoneの「設定」→「バッテリー」→「バッテリーの状態」で確認

少しでも長持ちしてください〜!

少しでも長持ちしてください〜!

出典: www.seoulperlife.com

とりあえずできることはやってみました。

なんとかお家に帰るまで持ちこたえてくれますように。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ライフスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。