ベタだけど行きたいよね。寒い冬は大好きな彼とイルミネーションデートしよ♡
tane.tane.

ベタだけど行きたいよね。寒い冬は大好きな彼とイルミネーションデートしよ♡

冬はどこを歩いても街がキラキラしていて幸せな気分になりますよね。そんな冬、大好きな彼氏とどんなデートがしたいですか?「ベタだなあ」とは思いつつもやっぱりイルミネーションは欠かせないです。今回は彼氏と冬のデートで行きたいイルミネーションスポットを全国各地からご紹介します。気になる所があったら思い切って遠出してみて。

更新 2019.11.01 公開日 2019.11.01
目次 もっと見る

冬のデートが一番好き

寒〜い冬。
大好きな彼氏とのデートはどこに行きたいですか?
定番なのはやっぱりイルミネーション。

今回は全国のエリア別にイルミネーションスポットをご紹介します!
彼と手を繋ぎながら、キラキラした街に癒されてみてはいかがですか?

北海道・東北エリア

札幌市内(北海道)

今年で39回目を迎える『さっぽろホワイトイルミネーション』。
冬の札幌を彩るイベント。
白い雪と色とりどりの幻想的なイルミネーションが魅力的です。

小岩井農場(岩手県)

全部で18エリア展開される『小岩井ウィンターイルミネーション』。
普段は暖かな農場がロマンチックに輝きます。
1、2月は打ち上げ花火が上がる日もあるとか。

関東エリア

遊園地よみうりランド(東京都)

今年で10周年を迎える、毎年大人気の『よみうりランド ジュエルミネーション』。
世界的照明デザイナーが手がける宝石のようなイルミネーション。
パーク内が美しく輝いていて、乗り物に乗らなくても十分楽しめます。

東京ドイツ村(千葉県)

東京ドイツ村の『ウインターイルミネーション』。
毎年テーマを変えて電飾やオブジェを設置するため、初めてでもリピーターでも新鮮な感動を味わえるのが魅力的なポイント。
昼間とは全く違う美しく幻想的な世界を体感できます。

横浜赤レンガ倉庫(神奈川県)

横浜赤レンガ倉庫で毎年行われる『クリスマスマーケットin横浜赤レンガ倉庫』。
高さ約10mの本物のモミの木のツリーやイルミネーションの施されたロマンティックなマーケットです。
食べ物がずらーっと販売されていて、イルミネーションを楽しみながら食事ができますよ。

中部エリア

国営越後丘陵公園(新潟県)

国営越後丘陵公園で開催される『ウィンターイルミネーション』。
きらめきの大ケヤキなどLEDを使用したイルミネーションで園内を彩ります。
期日限定で「冬花火」の打ち上げもあり、イルミネーションと花火のコラボレーションは必見ですよ。

富士急ハイランド(山梨県)

絶叫マシンでよく知られる富士急ハイランドの『リサとガスパールタウンのクリスマス』。
高さ約8mのクリスマスツリーや赤い花、クリスマスオーナメントなどでクリスマスムードを感じます。
約50万球のイルミネーションが夜のパークに輝きを放ちます。

ラグーナテンボス(愛知県)

ラグーナテンボスのイルミネーション。
複数のエリアで展開される壮大なイルミネーション。
お花と光のコラボレーションを楽しめるエリアなどもあり、見たことのない世界が一面に広がります。

関西エリア

みおつくしプロムナード(大阪府)

みおつくしプロムナードで開催されるイルミネーション。
音楽とシンクロしながら色とりどりに輝きを放ちます。
光と音楽が織りなすイルミネーションは他ではなかなか見られないですね。

ひらかたパーク(大阪府)

ひらかたパークで開催される『光の遊園地』。
時間を旅するような美しい光の空間演出が園内を包み込みます。
遊園地ならではの光をまとったナイトアトラクションがあるのも魅力的です。

中国・四国エリア

みろくの里(広島県)

みろくの里で開催される『ウィンターイルミネーション』。
約110万球の電飾を使用した壮大なイルミネーションが園内を彩ります。
アトラクションに乗りながらイルミが楽しめるのも魅力的なポイントです。
特に大観覧車からの眺めは抜群に素晴らしいとか。

レオマリゾート・レオマ光ワールド(香川県)

香川県の『レオマリゾート・レオマ光ワールド』。
2018年度「日本夜景遺産」認定され、全国イルミネーションアワードも4年連続受賞している人気スポット。
キラキラした乗り物に乗って、幻想的な世界を体験してみませんか?

九州エリア

ハウステンボス(長崎県)

誕生から毎年スケールアップを続けているハウステンボスの『光の王国』。「夜景日本一」認定のイルミネーションとともに、全長85mの噴水ショー「ウォーターマジック」など様々なものが楽しめます。
どこを見ても一面に広がる輝きに心癒されること間違いなし!

来年の冬も一緒にいようね

いかがでしたか?
キラキラ輝くイルミネーションを見に行きたくなったのではないでしょうか?

「綺麗だったね。」
「来年も一緒に見たいね。」
そんな甘い言葉で寒い冬を熱々にしてみては?

spacer

RELATED