バッグに入れてた本がボロボロになった。出先で読書派がGETしたいブックカバー

本を傷つけないために、ブックカバーをつけてみてはいかが?がま口デザインや押し花柄のブックカバー、オーダーメイドブックカバーなど、様々な種類のブックカバーをご紹介します。ハードカバー用のアイテムや『Aesop(イソップ)』『GODIVA(ゴディバ)』のショッパーを使ったリメイクブックカバーなど、お気に入りを見つけてみて◎

え?なんでこんなにボロボロなの?

え?なんでこんなにボロボロなの?

出典: unsplash.com

食欲の秋、芸術の秋…読書の秋。
色んな秋の楽しみ方があるけど、私は読書を楽しみたい派。

家じゃ集中できないから、本をバッグに入れておいたの。そしたら、買ったばかりの本がボロボロに(涙)

ハンドメイドブックカバーで万事解決◎

ハンドメイドブックカバーで万事解決◎

持ち歩いていた本がいつの間にかボロボロになってしまった、なんてことが起きないためにはブックカバーをつけることがオススメです。

そこで今回は、オシャレなブックカバーをご紹介!
あまり読書をしない人も持ち歩きたくなるようなブックカバーをGETして、本を読んでみてくださいね。

がま口ブックカバーでレトロに持ち歩いて

がま口ブックカバーでレトロに持ち歩いて

まずご紹介するのは、がま口タイプのブックカバー。

昔ながらのがま口ポーチの形をしたブックカバーをつければ、バッグの中がレトロ雰囲気に。
本がすっぽり入るので、傷つけずに持ち歩くことが出来ます。

がま口ブックカバー

Credit base

商品

がま口ブックカバー

¥2,200

かぎろい:こちらは上のマトリョーシカのブックカバーと同じ製作者が作ったアイテム。カフェっぽいデザインがとてもオシャレなブックカバーで、400ページくらいまでの文庫本をが入るのだそう。

栞とお揃いのブックカバーで可愛く持ち歩く

栞とお揃いのブックカバーで可愛く持ち歩く

こちらのブックカバーは栞とセットになった押し花柄のデザイン。
可愛らしい花柄のアイテムで本を包んだり、本に挟んだりすれば、本がキュートな持ち物に変化。

栞に透けている素材が使われているのもポイントです。

押し花の栞とブックカバー

Credit minne

商品

押し花の栞とブックカバー

¥400

手紙や:このお値段でブックカバー3枚、栞1枚がGET出来るのは嬉しいですよね。友達への誕生日プレゼントの一つとして渡しても素敵です。

オーダーメイドブックカバーはプレゼントに

オーダーメイドブックカバーはプレゼントに

こちらは本革で作られたオーダーメイドのブックカバー。お値段が4300円と少し高めですが、プレゼントにも最適です。

世界に一つだけのブックカバーをつければ、いつもより特別な気持ちで読書が出来そう◎

【文庫版】オーダーメイドの本革ギフト ブックカバー

Credit minne

商品

【文庫版】オーダーメイドの本革ギフト ブックカバー

¥4,300

カルムレザー:革の色とステッチの色をお好みで選ぶことが出来るので、お気に入りのアイテムになること間違いなし!かもしれませんね。500ページくらいの文庫本が入るそうです。

秋と言えば、お月見、読書の季節

秋と言えば、お月見、読書の季節

こちらは夜空に浮かぶ大きな満月が特徴的なデザイン。

秋は、お月見の季節。
読書とまん丸お月様、どちらも楽しめるなんて、読書の秋にピッタリなブックカバーじゃないですか?

夜空と満月の、ブックカバー

Credit minne

商品

夜空と満月の、ブックカバー

¥1,200

picnic(ピクニック):こちらはハードカバー用のブックカバー。大きめの本に、大きな満月がついたブックカバーをつけて読書を楽しんでください。

大きいハードサイズをシンプルなデザインで

大きいハードサイズをシンプルなデザインで

こちらもハードカバー用のブックカバー。
ベージュ×ホワイトという落ち着いた色合いなので、大きな本を包んでもシンプルな雰囲気に。

手帳カバーとしても使えるアイテムなので、お好きな使い方をしてみてください。

ハードサイズブックカバー  ベージュ×オオハシ

Credit minne

商品

ハードサイズブックカバー  ベージュ×オオハシ

¥1,300

CheChe(チェチェ):綿100%の布と麻混の布を使ったブックカバー。肌触りがとても良いので、ストレスフリーで読書をすることが出来そうです。

こんなブランドのショッパーもリメイク

『Francfranc』アイテムで可愛く♡

『Francfranc』アイテムで可愛く♡

最後はショッパーをリメイクして作られたブックカバーをご紹介。

ピンクカラーに英字が可愛い『Francfranc(フランフラン)』のショッパーで作ったブックカバー。
シンプルな本もキュートなブックカバーをつけるだけで、オシャレ度が上がりそうです。

『GODIVA』アイテムでアンニュイに

『GODIVA』アイテムでアンニュイに

こちらは『GODIVA(ゴディバ)』の期間限定ショッパーを使ったブックカバー。

イラストレーター「kotoka izumi」さんとのコラボショッパーを使っているので、アンニュイな雰囲気たっぷりのオシャレなアイテムになっています。
ブックカバーに見えないほど素敵なデザインですね。

本を持ち歩くことにも、こだわってみてね

本を持ち歩くことにも、こだわってみてね

出典: snapmart.jp

読書をするだけでなく、本を持ち歩くことにもこだわってみて。

自分だけのお気に入りブックカバーをつければ、もっと素敵な読書時間を楽しむことが出来るはず♡

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ライフスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。