Aetaに逢えた。一期一会を大事にする、革のバッグを取り扱うブランドの魅力とは

一期一会を大事にするバッグブランド『Aeta(アエタ)』。革の調達から生産までを1つの国で行ったり、様々な革を使用してバッグを作り上げるブランドです。これから鹿や豚、牛の革を使用したバッグを紹介したいと思います。バッグを紹介を通してAetaの魅力を感じることができると思うので、是非読んでみてくださいね。

革のバッグが欲しいな

革のバッグが欲しいな

「革のバッグが欲しい」と思って、インスタでひたすらサーチ。
数ある写真の中で、ひときわ輝いていた革のバッグのブランドを発見しました。

そのブランドは、『Aeta(アエタ)』。
いったいどのようなブランドなのでしょうか。

Aeta…どんなブランド?

Aeta…どんなブランド?

Aetaは、様々な国や地域に赴き、現地での一期一会を形にするブランド。
ブランドの名前は「逢えた」に由来しているそうです。
1つの国で革の調達から生産を行ったりするので、出逢いを大切にしていることが分かりますね。

これからおすすめのバッグを紹介するので、是非チェックしてみてくださいね。

公式HP
公式IG

1:ボストンバッグ

ブラックのボストンバッグ

ブラックのボストンバッグ

こちらはAetaの中でも人気の高い、鹿と豚の革を使用した「DEER LEATHER BOSTON」。
日本で作られた商品なんですよ。
サイズはSとMINIがあり、カラーは2019年9月現在ブラックのみの取り扱いとなっています。

<値段>
MINI:23,000円+税
S:33,000円+税

こんなコーデに合わせたい

こんなコーデに合わせたい

ビッグサイズのシャツとパンツに、ボストンバッグを合わせたコーデ。
カジュアル系統のコーデと革のバッグは相性抜群ですね。

ストライプシャツとカラーパンツに、ボストンバッグを合わせたコーデ。
1つ目の画像もですが、トップスとボトムスにブラックが入っていなくても、ブラックのコンバースを持ってくることで、バッグが程よく際立ちます。

ホワイトのバッグ

ホワイトのバッグ

過去にはホワイトのバッグも販売していました。
もしかしたら、今後ホワイトのバッグをまた販売することがあるかもしれないので、インスタグラムや公式ホームページをチェックしておくと良いかもしれません。

こんなコーデに合わせたい

こんなコーデに合わせたい

『CASA FLINE(カーサフライン)』の人気商品プリーツワンピースの新作カラーに、ホワイトのボストンバッグを合わせたコーデ。
秋っぽい洋服を着たら、明るいホワイトのバッグが浮くこともなさそうですね。

白のシャツワンピに、ホワイトのボストンバッグを合わせたコーデ。
ミニサイズのハンドバッグはおしゃれな街でかっこよく持ってみて。

2:ボックスショルダーバッグ

2:ボックスショルダーバッグ

こちらは牛の革を使用した「COW KIP LEATHER BOX SHOULDER」。
バングラデシュで作られた商品です。
直方体のようなクラシカルな形をしていて、とてもおしゃれです。
サイズはMのみで、カラーはブラックです。

<値段>
M:26,000円+税

こんなコーデに合わせたい

こんなコーデに合わせたい

ベージュのロンTとブラックのロングスカートに、ショルダーバッグを合わせたコーデ。
流行りのバレエシューズにぴったりのバッグですね。

ブラックのワントーンコーデに、ショルダーバッグを合わせたコーデ。
大人っぽい印象になるし、高級感を感じられるので、ちょっとしたパーティーにおすすめです。

3:ショルダーポーチ

3:ショルダーポーチ

鹿の革とコットンを使用した「 DEER LEATHER SHOULDER POUCH」。
こちらも日本で作られた商品です。
流行りの形なので、たくさん普段使いできるバッグですね。

<値段> 35,000円+税

こんなコーデに合わせたい

こんなコーデに合わせたい

今までは大人っぽいコーデを紹介していましたが、こちらの写真のようにメンズライクなコーデにもAetaのバッグはぴったり。
レオパードのスニーカーがアクセントになりつつも、ショルダーポーチがしっかりと主張されていてハイセンスなコーデですね。

モノトーンのかっこいいコーデに、ショルダーポーチを合わせたコーデ。
ハイトーンヘアがアクセントとなっていて素敵です。

Aetaの魅力に逢えた?

Aetaの魅力に逢えた?

今回は、Aetaのバッグを紹介しました。
一つ一つの商品のこだわりを感じることができたでしょうか?
是非Aetaのバッグを持って、お出かけに行きましょう!

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ファッションの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。