冷風が髪の毛にいいってホント?《保存版》ツヤ髪を作るドライヤーのきほんのき

ドライヤーは毎日欠かさず使うはずなのに、美容院のようなツヤ髪に仕上がらないと悩んでいる人も多いのでは?この記事では、ドライヤーの基本について紹介していきます。基本的な使い方や温風と冷風の使い分け方、髪の毛を傷めないドライヤーの方法など、今からでも知っておきたいドライヤーについてをまとめました。

美容院のような仕上がりにならないの

美容院のような仕上がりにならないの

シャワーを浴びた後、髪の毛を乾かすため欠かせない“ドライヤー”。
毎日使っているから使いこなせてると思っているけど、家だと美容院のような仕上がりにならないですよね。

そこで今回は、ドライヤーの基本について紹介していきます。
ドライヤーの基本を学んで、美容院のようなツヤ髪を叶えていきましょう。

Q:基本的なドライヤーのやり方は?

Q:基本的なドライヤーのやり方は?

【ドライヤーの基本的な手順】

①タオルで擦るのではなく、毛先を包み込むようにタオルドライをする
②ヘアオイルを適量取り、毛先→中間→頭頂部に向かって馴染ませる
③後頭部→側頭部→頭頂部の順に乾かす
④8割程度乾いたら、冷風に切り替えて乾かす

リレイオールユアオイル

商品

リレイオールユアオイル

¥3,850

▷LILAY(リレイ)

髪の毛だけでなく顔や体にも使えるマルチ美容オイル。
天然由来成分98%以上配合なので、肌に優しく柔らかくあらゆる所を保湿してくれます。

Q:温風と冷風はどう使い分ける?

Q:温風と冷風はどう使い分ける?

出典: unsplash.com

イメージとしては、“温風で髪の毛を乾かして、冷風で髪の毛を整える”感じ。

タオルドライや温風で開いたキューティクルを閉じ込めることで、ツヤ髪へ仕上がるんです。

Q:髪の毛を傷めないドライヤーの方法は?

Q:髪の毛を傷めないドライヤーの方法は?

出典: www.pexels.com

【ドライヤーをする時のポイント】

・コームを使いながら毛流れに沿ってドライヤーをする
・ヘアオイルをすることで、摩擦から髪の毛を守る
・髪の毛を乾燥させないように、髪の毛から10〜20cmほどドライヤーを離す
・ドライヤーをする時は時間をかけ過ぎない

パドルブラシ

商品

パドルブラシ

¥2,728

▷giovanni(ジョヴァンニ)

頭皮に優しいクッション性の高いパッドで頭皮をマッサージしながらブラッシングができるヘアブラシ。
毛流れを整えて、髪の毛にツヤを与えてくれるそう。

Q:お手入れはどうすればいいの?

Q:お手入れはどうすればいいの?

出典: snapmart.jp

【長く使い続けるためのポイント】

・フィルター部分を外して、溜まった埃や髪の毛をティッシュや綿棒を使って取る
・吹出口は冷風を入れて、綿棒などで埃や髪の毛を掻き出しながら汚れを落とす

月に一度くらいのペースでお手入れするのがベストです。

Q:どんなドライヤーがおすすめ?

01:風量が多めのものがベスト

01:風量が多めのものがベスト

出典: unsplash.com

ドライヤーによる熱風は髪の毛にダメージを与える大きな原因の一つなんだとか。
そのため、ドライヤーをする時はできるだけ時間をかけずに髪の毛を乾かすのが大切。

風量が多いドライヤーだと髪の毛に熱を与える時間が短くなるので、おすすめなんです。

02:髪の毛にダメージを与えにくい機能性

02:髪の毛にダメージを与えにくい機能性

出典: snapmart.jp

マイナスイオンがついたものや、温度調節ができて髪の毛へのダメージ軽減に特化した機能性があるドライヤーを選ぶことも大切です。

ただ髪の毛を乾かすだけでなく、美しい髪の毛へ導いてくれるドライヤーを選ぶのがいいかも。

ヘアドライヤー ナノケア

商品

ヘアドライヤー ナノケア

¥12,980

▷Panasonic(パナソニック)

温風と冷風が自動で切り替わるので、髪の毛を労わりながら乾燥させることができるドライヤー。
「毛先集中ケアモード」や「温冷リズムモード」などのモード切り替えができるので、理想の仕上がりに繋がりますよ。

HD01 WSN Dyson Supersonic

商品

HD01 WSN Dyson Supersonic

¥39,900

▷Dyson(ダイソン)

常に発熱体をコントロールするので、熱による髪の毛のダメージを抑えることができるドライヤー。
風を均一に出すことで髪の毛を崩さずにふんわりとした仕上がりを叶えることができます。

レプロナイザー 4D Plus

商品

レプロナイザー 4D Plus

¥57,200

▷Bioprogramming(バイオプログラミング)

風量と風圧を大きくし、髪の毛にダメージを与えにくいドライヤー。
使うほどに髪の毛が潤って、美しく仕上がるそうです。

基本を学んで、美しいツヤ髪を叶えて

基本を学んで、美しいツヤ髪を叶えて

正しい使い方をすれば、美容院のようなツヤ髪を叶えられるはず。
ドライヤーの使い方を見直してみては?

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ヘアスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。