不安だからついつい濃く塗りがち。頑張りすぎたgirlのためのメイク講座

不安だから、ついつい濃く塗りがち問題。そんな頑張りすぎたあなたに、程よいメイクの仕上がり方法をご紹介。ファンデはブラシや、パフなどで馴染ませる。チークは量を調節してからふんわりと仕上げる。眉・アイラインは失敗しても描き足さないで、慎重に描き直す。リップはメイク全体の同系色を選ぶ。これで、垢抜けた美人さんを目指そう。

気がつけばメイクが濃くなっちゃった…

気がつけばメイクが濃くなっちゃった…

出典: unsplash.com

メイクするときは何かが足りないなと感じて、ついつい色を重ねてしまったという経験ありますか?
気がつけばメイクが濃くなって、不自然な仕上がりに…。

気合い入りすぎないメイク講座

気合い入りすぎないメイク講座

出典: www.reshot.com

そこで、今回は頑張りすぎたあなたに程よいメイクの仕上がり方法をご紹介していきます。

▷rule①:ファンデは手で塗らない
▷rule②:チークは直接にのせない
▷rule③:眉・アイラインは描き足さない
▷rule④:適当なリップ選びしない

垢抜けた美人さんを目指しましょう。

rule①:ファンデは手で塗らない

ブラシ・パフで馴染ませるべし

ブラシ・パフで馴染ませるべし

ファンデーションをよく肌に馴染ませるにはブラシやパフなどがオススメ。
なぜなら、手で塗ると量がわからなくなって、色ムラだったり、綺麗に仕上げるのは難しいからです。
そのため、メイクツールを使ってベースメイクを完成しましょう。

場所によって違う量でカバー

場所によって違う量でカバー

均一に塗るのはもちろんいいけど、特にカバーしたいところがあるとどうしても厚塗り感が出てしまいますよね。
そんなときは部分によって違う量でのせるといいかも。

○おでこ、頬→しっかりと塗る

○よく動く目元、お鼻→薄塗りにする

レコメンド:

レコメンド:

出典: lipscosme.com

『Seria(セリア)』「ぷっくりパフ ハウス型」

コンパクトなサイズ感で、細かいところまでぼかしてくれます。
柔らかくてぷにぷにする質感は肌に優しい。
100円(+税)で2つが入っているので、コスパが抜群!

お近くのショップまで

rule②:チークは直接にのせない

量を調節してからふんわりと仕上げるべし

量を調節してからふんわりと仕上げるべし

チークを直接に頬にonしたら、濃くなりすぎたことは多いかも。
量を調節してから、ふんわりと頬にのせましょう。

パウダー:ブラシの余分を落とす

パウダー:ブラシの余分を落とす

出典: snapmart.jp

パウダーチークの場合はブラシで仕上げることが多いので、一気に量を取りすぎることもあります。
ティッシュで余分を落として、ブラシを撫でるようにするのがGood!

リキッド・クリーム:手の甲に出す

リキッド・クリーム:手の甲に出す

出典: lipscosme.com

リキッド・クリームチークはパウダーと違って、調節がしにくいと感じた方もいるはず。
まず手の甲に出して、指やスポンジで少しずつ重ねていきましょう。

色が濃くなってしまったら、透明なプレスパウダーで馴染ませるといいかも。

rule③:眉・アイラインは描き足さない

慎重に描き直すべし

慎重に描き直すべし

出典: lipscosme.com

眉とアイラインが失敗したらはっきりわかるので、初心者さんにとって難関の一つですね。

太くなったり、色が濃くなったりするから、アンナチュラルな仕上がりになります。
ここは描き足すのではなく、描き直しましょう。

眉:パウダーだけでナチュラルに仕上げる

眉:パウダーだけでナチュラルに仕上げる

出典: lipscosme.com

アイブロウパウダーだけで描く眉は自然なフィニッシュになります。
まだペンシルや眉マスカラなどの使い方に不安を持っている方にオススメしたい方法です。

アイライン:目尻だけポイントをプラス

アイラインは少しでもずれたら、アイメイクのバランスがわるくなっちゃいます。
まだ慣れていない初心者さんには目尻だけ入れてみましょう。
目のキワが見やすいように鏡を下に置いておくといいですよ。

rule④:適当なリップ選びしない

基本はメイク全体の同系色をチョイスすべし

基本はメイク全体の同系色をチョイスすべし

アイメイクやチークに合わないリップカラーを塗ったら、色がケンカしてケバく見えるかも。
なので、基本はメイク全体の同系色をチョイスしましょう。

暖色系のブラウン・ピンク→赤みのあるカラー

出典: lipscosme.com

暖色系のブラウン・ピンクと相性がいいのは赤みのあるカラーです。
秋冬らしい色なので、統一感の出るリップと合わせると深みが増した秋メイクに。

青みの強い色・寒色系→パープル・プラムカラー

出典: lipscosme.com

寒色系や青みの強い色味って厄介ですよね。
アイメイクとリップがミスマッチすると違和感のあるメイクになってしまいます。
パープル・プラム系のカラーでメイクの青みと合わせられそう。

ナチュラルな色味→ベージュ・オレンジ

色素薄い系のカラーはたまに顔色を悪く見せることもあるから、顔をパッと明るくする色をチョイスしましょう。
ベージュがかった色やオレンジがレコメンド。

程よい美人さんに◎

程よい美人さんに◎

程よいナチュラルなメイクは垢抜けた美人さんへの第一歩。
これで、頑張りすぎたgirlもワンランク上がりましたね。

関連する記事

こんな記事も人気です♪

集え!メイク初心者さん。ポーチに入れたいプチプラコスメ&How toまとめ

集え!メイク初心者さん。ポーチに入れたいプチプラコスメ&How toまとめ

  • mkk公式
  • 25067view
こんにちは、メイク初心者さん。#春から大学生 は、このアイテムをまず揃えたい

こんにちは、メイク初心者さん。#春から大学生 は、このアイテムをまず揃えたい

  • hota公式
  • 157039view
メイク初心者さんでも大丈夫♡ナチュラルメイクを作るおすすめコスメ

メイク初心者さんでも大丈夫♡ナチュラルメイクを作るおすすめコスメ

  • mifumin公式
  • 63129view
いつまでもメイク初心者じゃいられない。今よりランクアップできる4つの方法を学んで

いつまでもメイク初心者じゃいられない。今よりランクアップできる4つの方法を学んで

  • vanillank公式
  • 43166view
ツヤと透明感、いただき。部分塗りでメイク初心者でもできる理想の肌の作り方

ツヤと透明感、いただき。部分塗りでメイク初心者でもできる理想の肌の作り方

  • kahochi公式
  • 6889view
この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター

faithjpg公式

Stay Confidence

メイク・コスメの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。