お願い、上手な眉毛の描き方を教えて。ナチュラルに仕上がるアイブロウメイク講座

「眉毛」は顔の印象を作るのに大切なパーツだけど、上手に描くのは難しかったりしますよね。そこで今回は、ナチュラルに仕上がる上手な眉毛の描き方を紹介。眉メイクで必要な道具から基本的な眉毛の整え方、平行眉・アーチ眉・キリリ眉の描き方やポイントをまとめました。綺麗な眉毛の描き方をマスターしちゃってくださいね。

求ム:上手な眉毛の描き方

求ム:上手な眉毛の描き方

出典: latte.la

顔の印象を作るのに大切なパーツ「眉毛」。
ただ、左右対称にならなかったりして上手に描くのは難しかったり。

そこで今回は、平行眉・アーチ眉・キリリ眉の描き方とポイントを紹介していきます。

00:眉メイクに必要な道具を確認

00:眉メイクに必要な道具を確認

出典: unsplash.com

【アイブロウメイクに必要なアイテム】

・アイブロウペンシルorリキッド
・アイブロウパウダー
・眉マスカラ

【眉毛のお手入れに必要なアイテム】

・眉カット用ハサミ
・眉コーム
・ピンセット

基本的な眉毛の整え方もチェック

基本的な眉毛の整え方もチェック

出典: lipscosme.com

眉メイクをする前に、基本的な眉毛の整え方も覚えておいて。
整え方はこちらの投稿を参考にしてみましょ。

①眉コームを使って眉尻から眉頭に向かって逆毛をたてる
②眉コームを当てながら、出ている眉毛を眉カット用のハサミで切る
③余分な眉毛はピンセットで抜く
④眉コームで毛並みを整えて、完成

自眉毛が太い人は、眉メイク前にしっかりと眉毛を整えておくことがポイントです。

眉毛が濃くて太めだと、どこを変えればいいのか整え方が難しいですよね。今回は自眉を生かす眉毛の整え方と眉毛の形を変える二つの方法で眉毛の整え方を紹介しています。また眉メイクとそれに使うおすすめコスメも紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

01:ふんわりと優しい印象の“平行眉”

01:ふんわりと優しい印象の“平行眉”

出典: www.beauty-navi.com

まず紹介するのは“平行眉”。
眉頭から眉尻に向かって真っ直ぐのびるナチュラルなラインは、ふんわりと優しい印象を作ってくれます。

【こんな人におすすめ】
・面長タイプ
・卵形の顔

→横の長さを意識した平行眉で顔の長さをマイルドにカバーできちゃいますよ。

平行眉の描き方はコチラ>>

平行眉の描き方はコチラ>>

出典: lipscosme.com

平行眉の描き方はこちらを参考にしてみて。

①眉毛の上下ラインが平行になるように、眉ペンシルを使って形を整える
→眉尻はやや斜めにするとナチュラルな仕上がりになりますよ。

②アイブロウパウダーで眉毛の隙間を埋める
→眉頭から眉尻に向かってグラデーションをするようにぼかしていくのがポイントです。

ポイント:眉ペンシルを使って形を決める

ポイント:眉ペンシルを使って形を決める

出典: lipscosme.com

平行眉の描き方のポイントは、最初に眉毛の形を決めておくこと。

眉ペンシルを使って上下に平行ラインを入れた後、眉山と眉尻を斜めに繋げることで自然な平行眉ができますよ。

自眉毛にカーブのある人は、眉頭の上部分と眉山の下部分を描き足して平行を作ってみて。

Kill Brow Auto Hard Brow Pencil

商品

Kill Brow Auto Hard Brow Pencil

¥2,400

▷CLIO(クリオ)

数十回塗り重ねてもダマにならないアイブロウペンシル。
ペンシル部分が6角短刀の形なので、どんな眉毛の形も描きやすいのが魅力ですよ。

02:ほどよい抜け感が魅力の“アーチ眉”

02:ほどよい抜け感が魅力の“アーチ眉”

出典: latte.la

続いて紹介するのは“アーチ眉”。
丸みのかかったラインは優しい印象を与えつつ、ほどよい抜け感があるのがポイント。

【こんな人におすすめ】
・逆三角タイプ
・ベース型の顔

→シャープな顔の形の人はキッチリ眉だと凛々しい印象になってしまいますが、アーチ眉なら緩和させられちゃいますよ。

アーチ眉の描き方はコチラ>>

アーチ眉の描き方はコチラ>>

出典: lipscosme.com

アーチ眉の描き方はこちらを参考にしてみて。

①眉頭・眉山・眉尻の場所を決める
→眉頭は小鼻の上のライン、眉山は真っ直ぐ見た時の黒目の外側のライン、眉尻は小鼻と目尻の対角線上に合わせた位置にすると綺麗なアーチができるみたい。

②決めた位置を繋げるように眉毛の形や濃さを整える
③アイブロウパウダーで眉毛の隙間を埋める
→グラデーションはここでも忘れずに。

ポイント:眉山から眉尻へのカーブ

ポイント:眉山から眉尻へのカーブ

出典: lipscosme.com

アーチ眉の描き方のポイントは、眉山から眉尻へのカーブの曲線を丁寧に描くこと。

眉山と眉尻の位置が決まったら、点と点を繋げてアーチを意識して緩やかな丸いカーブを描くことで、上手なアーチ眉ができますよ。

また、この時リキッドアイブロウを使うとなめらかで自然なアーチができるかも。

リキッドアイブロウ 

商品

リキッドアイブロウ 

¥1,512

▷&be(アンドビー)

筆ペンタイプのリキッドアイブロウと自然なグラデーションを作れるワックスパウダーの2in1タイプのアイブロウ。
水や皮脂に強いタイプなので、メイクしたての綺麗な眉メイクを長時間キープしてくれます。

03:大人っぽい雰囲気を出せる“キリリ眉”

03:大人っぽい雰囲気を出せる“キリリ眉”

出典: www.beauty-navi.com

最後に紹介するのは“キリリ眉”。
キリッとしっかりとした眉毛で大人っぽい雰囲気と、強い女性らしさを演出することができます。

【こんな人におすすめ】
・丸顔

→幼い印象になりがちな丸顔さんが大人っぽいメイクをしたい時には、キリリ眉でシャープな印象を出すのがおすすめですよ。

キリリ眉の描き方はコチラ>>

キリリ眉の描き方はコチラ>>

出典: lipscosme.com

キリリ眉の描き方はこちらを参考にしてみて。

①眉頭・眉山・眉尻の場所を決める
②決めた位置を真っ直ぐ繋げる。
→眉山と眉尻は直線で繋げることでキリッと感が増しますよ。

③目頭は太め、目尻は細めになるように形を整えていく

ポイント:眉マスカラで立体的に仕上げる

ポイント:眉マスカラで立体的に仕上げる

出典: lipscosme.com

キリリ眉の描き方のポイントは、眉マスカラで立体的に仕上げること。

眉毛の形が決まったら、仕上げに眉マスカラを重ねることで眉毛に流れができて立体的になるので、さりげなく力強さを演出できますよ。

ただ、眉マスカラは濃く塗りすぎてしまうと太眉の印象が強くなってしまうので、毛並みを整えるように軽く塗るのがおすすめです。

ミネラルカラーリングアイブロウ

楽天市場

商品

ミネラルカラーリングアイブロウ

¥2,750

▷ETVOS(エトヴォス)

汗や皮脂に強いのに、ミネラル由来の天然着色料のみで作られているので石鹸で簡単に落とせる低刺激な眉マスカラ。
髪色によってカラーを合わせられる2色展開です。

上手な眉毛の描き方をマスターしちゃって

上手な眉毛の描き方をマスターしちゃって

出典: jp.stylenanda.com

顔の印象を作る眉毛。
上手な眉毛の描き方をマスターして、より映える顔立ちを自分で作っちゃいましょう。

色んなメイクをするけれど眉はそのまま、いつも同じ形で落ち着いちゃっていませんか。実はトレンドにすごく敏感な眉というパーツ。トレンドをおさえた旬顔になりたいなら、眉毛にこそ今っぽさを取り入れてみてほしい。今回は旬顔をつくるトレンド眉のhow-toを4つのポイントに分けて紹介します。さあ眉毛に革命を!

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

メイク・コスメの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。