さすが優秀アイテム。スカーフアレンジでいつもの私にお洒落をプラスしよう♡
ここなっつここなっつ

さすが優秀アイテム。スカーフアレンジでいつもの私にお洒落をプラスしよう♡

スカーフってコーデにお洒落をプラスしてくれる優秀アイテムってご存知でしたか?この記事ではスカーフを使ってのヘアアアレンジやビスチェ風の巻き方、ベルトやリボンアレンジなど様々なアレンジを動画を交えて紹介しています。持っているスカーフで挑戦してみてください。

更新 2019.10.20 公開日 2019.10.20

スカーフ使いこなせてる?

今も大流行中のスカーフ。
チェーン柄やアニマル柄、ドットにレトロな柄まで、たくさんの柄がありますよね。
コーデに一味加えてくれます。

そんな優秀なスカーフ、あなたは普段どう使ってる?
首に巻くのももちろん可愛いけど、それだけじゃもったいないかもよ?

スカーフアレンジ授業開始♡

1限目:ヘアアレンジ

スカーフって髪に編み込んでも可愛いんです。
髪ってヘアアレンジは出来ても、アイテムをプラスするのって難しいもの。
カチューシャだとガーリーすぎて、今日のファッションに合わないなって思ったことがある人もいるんじゃない?

でもスカーフなら色々なデザインの柄があるから、きっとコーデに合うものが見つかるはず。
編み方もアレンジすれば、雰囲気も変わってきます。
編み終わりでリボンにするのも可愛いですよね。

でもスカーフと髪を編みこむなんて難しそう…。
そう思ったあなたは、ぜひこの動画を見てみて!

一見難しく見える編みこみも練習すれば簡単に出来るようになるかも。
ぜひ挑戦してみてください♡

スカーフをヘアバンドみたいに使って、トップでリボン結びするのもお洒落。
これなら髪が短くてスカーフと髪を編み込めない人でもスカーフでヘアアレンジが楽しめちゃいます。

スカーフを下で結んだアレンジ。
スカーフがウッドピアスと洋服の色合いにバッチリ◎。
コーデに合ったスカーフアレンジをしてみるのって大事!

髪を全部スカーフでまとめるアレンジ。
オレンジに緑とゴールドの入ったスカーフが可愛い。
ニットベストのコーデにもとても合っています。

2限目:ビスチェアレンジ

まるでビスチェみたいなスカーフアレンジ。
シンプルな服に合わせることでスカーフがアクセントになってくれています。
コーデのカラーに馴染むスカーフを選ぶと挑戦しやすいかも。

たすき掛けのようなスカーフアレンジ。
ワンショルダーのように見えるアレンジは流行っているから挑戦してみよう!

この動画では簡単にスカーフの巻き方を紹介♡
①ワンショルビスチェ風
②ビスチェ巻き
③たすき掛け
④スカーフベルト
の4種類の巻き方がのっていて、とても簡単で分かりやすいからぜひ試してみてはいかが?

3限目:ベルトアレンジ

ロングTシャツなどにスカーフを巻くことでコーデにメリハリが出てきます。
また、ウエストメイクになることで脚長効果も期待出来るかも。

スカーフをベルトのように巻いています。
ベルトって正直アレンジってなかなか出来ないですよね。
形もデザインも限られてきてしまって。
でもスカーフなら、ベルトの役割もお洒落に果たしてくれそう!

4限目:リボンアレンジ

まるで蝶ネクタイみたいなスカーフアレンジ。
首に直接巻かずに、リボンタイのように巻く小技がお洒落ですよね。
白のシャツに黒のベストだけだとシンプルな印象だけど、スカーフを巻くことで華やかに。
スカーフの柄も、色合いもレトロで可愛い♡

コートの上からスカーフを巻くことも出来るんです。
赤いコートに白ベースのドット柄のスカーフがとても合っている!
ベレー帽などの小物を組み合わせることでお洒落度がUP♡

ネクタイみたいにも出来るんです。
ネクタイって可愛いけど男性物がほとんど。
柄もシンプルだったりするけど、スカーフなら可愛く使いこなせるのでは?
シャツなら簡単に合わせることが出来ちゃいます。

5限目:バッグアレンジ

大胆にバッグに巻きつけるのもあり。
シンプルなバッグにつけることで色合いが生まれます。

持ち手にスカーフを巻くのもお洒落。
黒のバッグに赤のスカーフが差し色になっていて存在感があります。
大人の女性って感じがして上品に見えますよね。

これで授業はおしまい♡

スカーフってファッションに欠かせないアイテム。
色々なアレンジが出来るからぜひ試してみてはいかが?

spacer

RELATED