コンシーラーってファンデの前、それとも後?ベースメイクの順番をおさらいしましょ

ベースメイクの順番、なんとなくで決めてしまっていませんか?ここで正しいベースメイクの手順を再確認しましょ。まずはスキンケアでお肌の調子を整えて。日焼け止め→化粧下地→コントロールカラー→ファンデーション・コンシーラー→パウダーの順に。コンシーラーとファンデーションの順番はテクスチャーごとに変えてくださいね。

なんとなーくでやっちゃってるけど…

なんとなーくでやっちゃってるけど…

出典: lipscosme.com

当たり前のように、毎日のようにしているメイク。
ベースメイクの手順ってどう覚えたんでしょう。

デパコスブランドでライン使いしていれば、BAさんが教えてくれるけれど。
様々なアイテムを掛け合わせて使う時の順番ってどう決めていますか?

なんとなーく決めているという方も多いではないでしょうか。

今、改めて確認しましょ

今、改めて確認しましょ

出典: unsplash.com

なんとなくでやっているその順番、本当に合っていますか?
今ここで、改めておさらいしてみましょう。

正しい順番で行えばよりキレイに仕上げることができますよ。

※ここでは基本的な順番をご紹介します。
ブランド、アイテムによっては手順が異なる場合もございます。

before:スキンケアでお肌を整えて

before:スキンケアでお肌を整えて

出典: latte.la

ベースメイクを始める前に、スキンケアでお肌の調子を整えて。

乾燥が気になる方はここでたっぷり保湿しておきましょう。

Step1:日焼け止めは最初に仕込んで

Step1:日焼け止めは最初に仕込んで

出典: lipscosme.com

お顔の日焼け止めっていつ塗ったらいいの?という方も多いのではないでしょうか。
正解はベースメイクの一番はじめ。

日焼け止めは夏だけでなく、SPF値が低いものでもかまわないので、一年中仕込んでおくのがおすすめです。

化粧下地の上に日焼け止めを重ねてしまうと、ファンデーションの密着が悪くなるなど、せっかくの化粧下地の効果が半減してしまいます。

また、日焼け止めには、シミやソバカスを防いでくれるタイプのものもあるので、肌に直接的に触れるように、スキンケアの終わりに塗るのが基本的な順番です。

出典:makeit.press

Step2:化粧下地でお肌の負担を軽減して

Step2:化粧下地でお肌の負担を軽減して

出典: lipscosme.com

ファンデーションを塗る前に、化粧下地をちゃんと使用していますか?

化粧下地には
・ファンデのノリをよくしてくれる
・ファンデを直接のせるより、お肌に優しい
というメリットが。

BBクリーム等、化粧下地不要と明記してあるもの以外にはなるべく使用したいところです。

出典: lipscosme.com

他にも、
・毛穴をカバーしてくれるもの
・化粧崩れを防いでくれるもの
・トーンアップさせてくれるもの
・テカリを防止してくれるもの
・保湿力の高いもの
など。

アイテムごとに様々な特徴があるので、あなたのお悩みに合わせてチョイスしてくださいね。

コントロールカラーを忍ばせて理想肌に

コントロールカラーを忍ばせて理想肌に

出典: latte.la

コントロールカラーを単体で使用するなら、化粧下地の後がおすすめ。

コントロールカラーを上手に利用すると、厚塗り感なくコンプレックスをカバーした理想肌に近づけますよ。

まず、化粧水と乳液で肌の状態を整えましょう。その後に化粧下地を塗り、コントロールカラーで肌の色を補正してからファンデーションを塗るのです。

出典:feely.jp

出典: lipscosme.com

全顔に使用するよりも、気になるところにピンポイントで使用するのがおすすめです。
カラーごとの効果は以下の通り。

・ピンク:血色感アップ
・パープル:透明感アップ
・グリーン:赤みをカバー
・イエロー:ナチュラルにトーンアップ
・ブルー:トーンアップ

③コンシーラーとファンデの順番は…

③コンシーラーとファンデの順番は…

出典: latte.la

ファンデーションとコンシーラーの順番は、それぞれのテクスチャーによって異なります。

*ファンデーション
・パウダー
・リキッド、クッション、クリームなど

*コンシーラー
・リキッド
・固形

テクスチャーごとの組み合わせでご紹介します。

パウダーファンデ×リキッドコンシーラー

パウダーファンデ×リキッドコンシーラー

出典: lipscosme.com

そもそも、リキッドと固形のコンシーラーってどっちがいいの?という方に。

ナチュラルにカバーしたい場合は、リキッドタイプがおすすめ。
目の下など、広範囲に使用しても自然に仕上がりやすいです。

固形のタイプは一般的にテクスチャーが重たい分、カバー力が高いです。
その分リキッドよりヨレやすい、乾燥しやすいものもあるので気をつけてくださいね。
ニキビ跡など、ピンポイントでカバーするのにおすすめです。

こちらもそれぞれのアイテムによって異なるのですが、基本的には上記のポイントでチョイスしてみてください。
部位によって使い分ける“W使い”もおすすめです。

出典: lipscosme.com

“リキッドコンシーラー→パウダーファンデ”
の順番がおすすめです。

パウダーファンデーションの上にリキッドコンシーラーをのせてしまうと、ヨレて汚くなってしまうので注意して。

パウダーファンデ×固形コンシーラー

パウダーファンデ×固形コンシーラー

出典: lipscosme.com

固形のコンシーラーをピンポイント使いする場合には、
“パウダファンデ→固形コンシーラー”
の順番でも大丈夫です。

目の下のクマなど比較的広い部分に使いたい場合は、ヨレ防止のため、先にコンシーラーを仕込んだほうがいいことも。

リキッドファンデ×コンシーラー

リキッドファンデ×コンシーラー

出典: lipscosme.com

基本的にはどのタイプのコンシーラーでも、
“リキッドファンデ→コンシーラー”
の順番で◎

ファンデでカバーしきれなかった部分をコンシーラーでカバーしていきましょう。

Step4:仕上げにパウダーでセッティング

Step4:仕上げにパウダーでセッティング

出典: lipscosme.com

ツヤ、セミマット、マット。
仕上げたいお肌によって変わってきますが、ファンデーションを塗り終わったら最後にフェイスパウダーでセッティング。

ベタつきを押さえて、崩れにくいお肌に。

正しい順番で、仕上がりはぐっと変わります

正しい順番で、仕上がりはぐっと変わります

出典: latte.la

なんとなくでやっていたベースメイクも、正しい順番で行えばもっと崩れにくく、キレイに。
仕上がりはぐっと変わってくるはずですよ。

ぜひ明日のメイクから実行してみてくださいね♡

関連する記事

こんな記事も人気です♪

ドロドロ?カサカサ?な顔はもう見たくない!絶対崩さないベースメイクの作り方♡

ドロドロ?カサカサ?な顔はもう見たくない!絶対崩さないベースメイクの作り方♡

  • こだまい(ˇωˇ)公式
  • 20192view
ただ塗るだけで終わりません!知るほどためになる奥深いベースメイクの知識

ただ塗るだけで終わりません!知るほどためになる奥深いベースメイクの知識

  • はりー公式
  • 43655view
肌荒れピーンチbutメイクしなくては。石鹸落ちコスメでつくるベースメイク

肌荒れピーンチbutメイクしなくては。石鹸落ちコスメでつくるベースメイク

  • まっしゅ公式
  • 36372view
今日、超絶メイクしたくありません。短縮ベースメイク法とおすすめアイテム4つ

今日、超絶メイクしたくありません。短縮ベースメイク法とおすすめアイテム4つ

  • ERINA公式
  • 32269view
ファンデで大変身!カバーするところがない人もしたくなるベースメイクのすゝめ

ファンデで大変身!カバーするところがない人もしたくなるベースメイクのすゝめ

  • lilychild公式
  • 8994view
この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター

まっしゅ公式

おにくたべたい。

メイク・コスメの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。