チークブラシこそ、こだわって。頰を上品に色付ける8コと使い方・洗い方講座

チークメイクを格上げするにはブラシにこだわって選ぶと良いかも。この記事ではおすすめのブラシをプチプラやデパコスなど幅広いブランドからお届け。さらに使い方と洗い方まで紹介しているので、これを読めばチークブラシの諸々がわかるはず。まだ使ったことがない人から、もう一度おさらいしたい人まで是非チェックしてみてくださいね。

自然な血色感を出したいのです

自然な血色感を出したいのです

出典: snapmart.jp

頰に血色感を出してくれるチークはメイクに彩りをもたらしてくれる存在。
自然にふわっと色づくのが理想だけれど、上手くのせられなかったり、色ムラができちゃったり…という経験はありませんか?

そんな人はブラシにこだわってみると良いかも。

この記事ではおすすめのアイテムから使い方・洗い方まで紹介しているので、ブラシにこだわってチークメイク上手になりましょう!

1.おすすめのチークブラシ

特徴的な2way仕様|SHISEIDO

特徴的な2way仕様|SHISEIDO

出典: lipscosme.com

:SHISEIDO DAIYA FUDE フェイス デュオ:

ダイヤモンド型の人工毛ブラシと、ファンデーションを自然な仕上がりにするジェルブレンダーがついた2wayで、フェイスメイクに一体感のある仕上がりを実現。
熊野筆の技術を用いた手作りという本格派なんです。
ファンデーションとチークに使えますよ。

購入はこちら

携帯用にぴったり|DAISO

携帯用にぴったり|DAISO

出典: lipscosme.com

:DAISO ごくふわっ 春姫 スライド式携帯メイクブラシ:

その名の通り、ふわふわなブラシが人気。
ダイソーで200円+税〜300円+税で手に入るそうで、コンパクトなサイズ感も嬉しい!
旅行やお泊まりの時にすっきりまとまって助かります。

話題のクオリティ|DAISO

話題のクオリティ|DAISO

出典: lipscosme.com

:DAISO U R GLAM チークブラシ:

こちらもダイソーのチークブラシ。
発売されてから大人気のU R GLAMです。
コスメも話題ですが、ツール系もプチプラとは思えないクオリティなんだそう。
ニュアンス表現もお任せな繊細毛が特徴。
200円+税でゲットできます。

公式サイト

色と軸が選べる|白鳳堂

色と軸が選べる|白鳳堂

出典: lipscosme.com

:白鳳堂 B110 チーク 丸平:

6タイプを展開していますが、オーソドックスなチークブラシならこれ(穂先が白いほう)。
山羊毛を使用しており、骨格にフィットする穂先が魅力です。
自然なグラデーションが入るように計算されていて、使い勝手の良さも定評があるとか。
軸の色と長さを選べるので、自分に合った一本が見つかるはず。

購入はこちら

スタイリッシュな見た目|RMK

スタイリッシュな見た目|RMK

出典: lipscosme.com

:RMK チークブラシ:

黒い見た目がスタイリッシュな、灰リス毛を使用したアイテム。
チークの量が調整しやすい適度な粉含みが特徴で、自然なグラデーションがお手の物。
デパコスのチークブラシの中ではお手頃な値段みたい。
購入するとカバーがついてくるそうなので、持ち運びに便利ですよね。

購入はこちら

ふんわり柔らかな表情に|LUNASOL

ふんわり柔らかな表情に|LUNASOL

出典: lipscosme.com

:LUNASOL チークブラシN:

高級感あふれるブラウンが目を引くこちらのブラシは灰リスと山羊の混毛。
ふんわりと自然な頰を演出してくれるので、優しげな表情を引き出してくれるかも。
人気のチークと一緒に揃えてみて。

公式サイト

肌に優しい使い心地|ROSY ROSA

ROSY ROSA チークブラシ

商品

ROSY ROSA チークブラシ

¥528

:ROSY ROSA チークブラシ:

肌のことを考えた山羊の天然毛100%。ナチュラルでムラになりにくい仕上がりが期待できるんです。チークだけでなく、ハイライトやシェーディングにも使えるので、その時によって使い分けても良いですね。

コシのあるブラシが特徴|HOUSE OF ROSE

HOUSE OF ROSE ハウス オブ ローゼ チークブラシ

商品

HOUSE OF ROSE ハウス オブ ローゼ チークブラシ

¥972

:HOUSE OF ROSE ハウス オブ ローゼ チークブラシ:

たっぷりとポニーの毛を使用しているのでムラなくチークを入れることが可能。コシがあるのに柔らかく肌あたりが良い使用感がクセになっちゃいそうな予感です。

2.使い方をマスターしよう

2.使い方をマスターしよう

出典: up.myreco.me

せっかく上質なチークブラシを使っても、正しい使い方ができていないと意味がない!
ブラシによって多少異なりますが、基本となる使い方をステップごとに確認しましょう。

(ⅰ)チークをとり、余計な粉を落とす

(ⅰ)チークをとり、余計な粉を落とす

出典: snapmart.jp

まず、パウダーチークをブラシに含ませます。
そのまま頰にのせると発色が良すぎることがあるので、手の甲などで余計な粉を落として。
こうすることでムラをなくすこともできるみたい。

(ⅱ)ブラシの側面を活用してのせる

(ⅱ)ブラシの側面を活用してのせる

出典: snapmart.jp

チークを頰にのせる時はブラシをねかせるのがポイント。
側面と頭の部分を上手く活用しながら肌に当てます。
この時に、頰の内側から外側に向かってブラシを滑らせると自然な仕上がりに。

(ⅲ)数回ブラシを往復させる

(ⅲ)数回ブラシを往復させる

出典: snapmart.jp

一度ではなく、数回色を重ねて好みの発色に調整しましょう。
一度で仕上げようとすると不自然な仕上がりになってしまうことがあるので、ふんわり薄く、何回か重ねることをおすすめします。

発色の良いチークを頬に入れると、思ったよりも目立ちすぎてしまって何か変、なんてことありますよね。今回はチークを塗った後に目立ちすぎないように、発色の確認方法、クリームタイプ・パウダータイプ別チークの入れ方、スポンジやハイライトを使った入れ方のコツをご紹介します。丁度良いチークの入れ方を習得してみて♡

3.洗い方も知っておきたい

3.洗い方も知っておきたい

出典: snapmart.jp

メイクブラシの使い方がわかったら、もう一つ知っておきたいのがお手入れ方法。
ブラシを定期的に洗うことで清潔に使えるだけでなく、ムラが減ったりブラシ自体のもちが良くなったりと良いことだらけなんです。

早速きれいに洗う方法をチェックしていきましょう。

(ⅰ)ブラシの毛先をほぐす

(ⅰ)ブラシの毛先をほぐす

出典: shutterstock

いきなり洗うのではなく、最初にしてほしいのが穂先をほぐすこと。
汚れを落ちやすくするために、目の荒いクシなどでサッと毛並みを整えて。

(ⅱ)専用のクリーナーで洗う

(ⅱ)専用のクリーナーで洗う

出典: snapmart.jp

下準備ができたらブラシ全体をぬるま湯で揺らします。
専用のクリーナーがあるのでそれを用意し、ブラシに優しく揉み込むように馴染ませて。

手のひらにブラシを当ててくるくると円を描くようにすると汚れが落ちやすくなるのだそう。
あくまでも“優しく”を心がけてくださいね。

(ⅲ)念入りにすすぐ

(ⅲ)念入りにすすぐ

出典: snapmart.jp

全体を洗えたらぬるま湯で泡を洗い流します。
しっかりすすげていないと汚れが残り、菌の繁殖につながってしまうので注意してくださいね。

(ⅳ)タオルドライし、しっかり乾かす

(ⅳ)タオルドライし、しっかり乾かす

出典: snapmart.jp

泡が残っていないことを確認したら軽くタオルドライ。
ブラシの形を整えるようにして優しく水気を拭き取るのがポイントです。

できたら、直射日光の当たらない日陰でしっかり乾かしましょう。
ドライヤーで乾かしても大丈夫なものもあるみたいなので、手持ちのアイテムに合わせて乾かしてくださいね。

毎日のメイクに欠かせないアイテムのメイクスポンジとパフ。ついつい面倒臭かったり、洗い方がわからなかったりといった理由で洗浄を怠ってないですか?そこで今回は、ブラシとパフを洗うメリットや洗浄方法をオススメのクリーナーやアイテムと一緒に紹介します。

チークメイクがもっと楽しくなりそう

チークメイクがもっと楽しくなりそう

出典: up.myreco.me

お気に入りのチーク×お気に入りのチークブラシで、いつものメイクを格上げしてみて。

こだわって選んだものを使ったら、メイクが楽しくなって気合が入るかも。

チークは何派?今回の記事ではパウダーチーク、リキッドチークの選び方とそれぞれの塗り方をご紹介します。パウダーは明るい発色とテカリが気になりにくい、リキッドは自然な血色感を与えてくれる上に、コスパがいいというメリットがあります。パウダーとリキッドのいいところや、塗り方を知ってチーク選びをしよう。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

メイク・コスメの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。