【ミステリー入門編】今年こそは読書の秋に。迷ったら読みたい4人の有名作家さん

普段はあまり本を読まないけれど、今年こそ読書の秋を楽しみたいという貴方。一気読み必至なミステリー小説はいがでしょう?今回は迷ったら読みたい、初心者さんにもおすすめな、辻村深月さん、東野圭吾さん、宮部みゆきさん、湊かなえさんの4名の有名ミステリー作家さんをご紹介。貴方もきっとミステリー小説の虜になりますよ。

今年はどんな秋にしたいですか?

今年はどんな秋にしたいですか?

出典: snapmart.jp

食欲の秋。
スポーツの秋。
芸術の秋。

暑さも一段落して、過ごしやすくなってきたこの季節はやっておきたいことがたくさん。
貴方は何に時間を割きますか?

読書の秋に挑戦してみたい貴方へ

読書の秋に挑戦してみたい貴方へ

出典: snapmart.jp

今年こそは、読書の秋に挑戦してみたいという貴方に。
ミステリー小説でドキドキハラハラ体験はいかがでしょう?

今回は、普段本をあまり読まない方にもおすすめな、4人の有名ミステリー作家さんをご紹介します。

:辻村深月:

:辻村深月:

出典: snapmart.jp

若者を中心に絶大な人気を誇る辻村深月さん。

"透明感のある文章”だと評されることの多い作家さんです。

例えば、こんな一冊から

凍りのくじら

商品

凍りのくじら

¥864

: 講談社

泣けるミステリー小説。
『ドラえもん』をモチーフに書かれた作品で、章題が秘密道具の名前になっているんです。
SFのような不思議な世界感の中に、現代の若者問題がリンクしています。
少し分厚い本ではありますが、きっと貴方も共感できるはず。

藤子・F・不二雄を「先生」と呼び、その作品を愛する父が失踪して5年。高校生の理帆子は、夏の図書館で「写真を撮らせてほしい」と言う1人の青年に出会う。戸惑いつつも、他とは違う内面を見せていく理帆子。そして同じ頃に始まった不思議な警告。皆が愛する素敵な“道具”が私たちを照らすとき――。

出典:bookclub.kodansha.co.jp

かがみの孤城

商品

かがみの孤城

¥1,944

:ポプラ社

2018年本屋大賞第一位に選ばれた作品。
ミステリー作家が書く青春小説です。
後半に怒涛の展開が待ち受け、一気読み必至の一冊です。
今の環境に生きづらさを感じている方におすすめの作品です。

あなたを、助けたい。

学校での居場所をなくし、閉じこもっていたこころの目の前で、ある日突然部屋の鏡が光り始めた。輝く鏡をくぐり抜けた先にあったのは、城のような不思議な建物。そこにはちょうどこころと似た境遇の7人が集められていた―― なぜこの7人が、なぜこの場所に。すべてが明らかになるとき、驚きとともに大きな感動に包まれる。

出典:www.poplar.co.jp

:東野圭吾:

:東野圭吾:

出典: snapmart.jp

普段を本を読まないという方でも名前は聞いたことがあるのではないでしょうか。

『探偵ガリレオ』シリーズや『流星の絆』『ナミヤ雑貨店の奇蹟』など多くの作品が映像化されている大人気作家さんです。

例えば、こんな一冊から

探偵ガリレオ

商品

探偵ガリレオ

¥713

:文藝春秋

本を読み慣れない方にもおすすめな短編小説集。
テレビドラマ化もされたガリレオシリーズの第一弾です。
ハマった方は第二弾『予知夢』もチェックしてみてくださいね。

突然、燃え上がった若者の頭、心臓だけ腐った男の死体、池に浮んだデスマスク、幽体離脱した少年……警視庁捜査一課の草薙俊平が、説明のつかない難事件にぶつかったとき、必ず訪ねる友人がいる。帝都大学理工学部物理学科助教授・湯川学。常識を超えた謎に天才科学者が挑む、連作ミステリーのシリーズ第一作。

出典:books.bunshun.jp

パラレルワールド・ラブストーリー

楽天ブックス

商品

パラレルワールド・ラブストーリー

¥810

:講談社

ミステリー×恋愛×友情。
貴方も3人の登場人物の中の誰かに共感してしまうのではないでしょうか。
ラストまで読めない展開にページをめくる手が止まらなくなる一冊です。
こちらも2019年5月に映画化された作品です。

親友の恋人は、かつて自分が一目惚れした女性だった。嫉妬に苦しむ敦賀崇史。ところがある日の朝、目を覚ますと、彼女は自分の恋人として隣にいた。混乱する崇史。どちらが現実なのか? ――存在する二つの「世界」と、消えない二つの「記憶」。交わることのない世界の中で、恋と友情は翻弄されていく。

出典:bookclub.kodansha.co.jp

:宮部みゆき:

:宮部みゆき:

出典: snapmart.jp

数々の名誉ある文学賞を受賞している直木賞作家。

サスペンス・ミステリーの現代小説が有名ですが、時代小説やファンタジーものなど幅広いジャンルで定評のある作家さんです。

例えば、こんな一冊から

我らが隣人の犯罪

商品

我らが隣人の犯罪

¥529

:文藝春秋

宮部みゆきのデビュー作。
第26回オール讀賣推理小説新人賞を受賞した表題作を含む5つのお話が収録された短編集です。
スキマ時間にもさくっと読めて楽しめる一冊です。

僕は三田村誠。中学1年。父と母そして妹の智子の4人家族だ。僕たちは念願のタウンハウスに引越したのだが、隣家の女性が室内で飼っているスピッツ・ミリーの鳴き声に終日悩まされることになった。僕と智子は、家によく遊びに来る毅彦おじさんと組み、ミリーを“誘拐"したのだが…。
オール讀物推理小説新人賞を受賞した表題作以下「この子誰の子」「サボテンの花」「祝・殺人」「気分は自殺志願」の計5篇を収録。

出典:www.amazon.co.jp

レベル7

商品

レベル7

¥1,069

:新潮社

前半戦に張り巡らされた伏線が後半に気持ちがよいほど回収されていきます。
長編小説ですが、気づけば読み終えている、読者に次の展開を期待させる作品です。

レベル7まで行ったら戻れない――謎の言葉を残して失踪した女子高生。記憶を全て失って目覚めた若い男女の腕に浮かび上がった「Level7」の文字。少女の行方を探すカウンセラーと自分たちが何者なのかを調べる二人。二つの追跡行はやがて交錯し、思いもかけない凶悪な殺人事件へと導いていく。ツイストに次ぐツイスト、緊迫の四日間。

出典:www.shinchosha.co.jp

:湊かなえ:

:湊かなえ:

出典: unsplash.com

"イヤミスの女王”という異名を持つ、湊かなえさん。

イヤミスとは「読んだ後裏切られたようなイヤな気持ちになる、後味の悪いミステリー」のこと。
それでも手が伸びてしまうのが彼女の魅力なんです。

登場人物たちの心理描写、多くの伏線を張り巡らせた緻密なストーリー、大胆な展開…。
貴方もきっと引き込まれますよ。

例えば、こんな一冊から

リバース

商品

リバース

¥691

: 講談社

一言で言うならば「これぞ湊かなえ」。
必ず最後まで読んで下さいね。
読み終えた後、どうしようもないやるせない気持ちに押しつぶされる作品。
この作品はドラマ化もされましたか、原作であるこの小説はまた違った味わいがあるので、どちらも楽しんでくださいね。

深瀬和久は平凡なサラリーマン。唯一の趣味は、美味しいコーヒーを淹れる事だ。そんな深瀬が自宅以外でリラックスできる場所といえば、自宅近所にあるクローバーコーヒーだった。ある日、深瀬はそこで、越智美穂子という女性と出会う。その後何度か店で会ううちに、付き合うようになる。淡々とした日々が急に華やぎはじめ、未来のことも考え始めた矢先、美穂子にある告発文が届く。そこには「深瀬和久は人殺しだ」と書かれていた――。何のことかと詰め寄る美穂子。深瀬には、人には隠していたある”闇”があった。それをついに明かさねばならない時が来てしまったのかと、懊悩する。

出典:bookclub.kodansha.co.jp

花の鎖

商品

花の鎖

¥680

:文藝春秋

3人の女性の視点で書かれたミステリー。
思わずあっと言わされる、『花の鎖』という美しいタイトルに相応しい完成度の高いストーリです。

主人公は3人の女性。両親を亡くし、愛する祖母もガンで入院中、さらに講師として働いていた英会話スクールが破綻し金銭的に困っている梨花、建設会社で働いていたが、伯父夫婦のすすめで営業職の和弥と結婚した美雪、公民館で水彩画教室の講師をしつつ、和菓子屋でバイトをしている紗月(さつき)。この3人の視点で構成された傑作ミステリー。

出典:books.bunshun.jp

今年こそ、読書の秋 入門します!

今年こそ、読書の秋 入門します!

出典: latte.la

普段はあまり本は読まないけれど、今年の秋こそ挑戦してみたいという貴方に。

まずは有名な4人のミステリー作家さんのお話から始めてみませんか?

関連する記事

こんな記事も人気です♪

また君がワタシを攫ってくれる。何もかも忘れて、夢中になれる本の話

また君がワタシを攫ってくれる。何もかも忘れて、夢中になれる本の話

  • zu_公式
  • 15481view
中毒になりすぎ注意!世界中の若者を夢中にしているNetflixの海外ミステリードラマ3選

中毒になりすぎ注意!世界中の若者を夢中にしているNetflixの海外ミステリードラマ3選

  • cowgirl公式
  • 7795view
大人のアナタに、今読んでほしい。恋愛〜ミステリーまで、一巻完結のオススメマンガ

大人のアナタに、今読んでほしい。恋愛〜ミステリーまで、一巻完結のオススメマンガ

  • nana公式
  • 3419view
10月7日はミステリー記念日。6つの推理小説の中に入り込んで、謎を解き明かそう

10月7日はミステリー記念日。6つの推理小説の中に入り込んで、謎を解き明かそう

  • ぽちゃっこ公式
  • 2964view
“○○の秋”で思いつくものは?秋だからこそ始めたい、新しい趣味探しのススメ

“○○の秋”で思いつくものは?秋だからこそ始めたい、新しい趣味探しのススメ

  • mifumin公式
  • 15635view
この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター

まっしゅ公式

おにくたべたい。

ライフスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。