思わずスクロールしたくなるインスタページには程遠い。物撮り4テクを手に入れよ

お洒落なインスタグラマーさんが行っていたカフェやスポットに行って同じように写真を撮っているつもりなのに、投稿してみるとなんだか違うと感じる人必見。この記事では、物撮りのテクニックをお洒落な写真とともにご提案します。太陽の光の活用術、下に敷く布のアレンジ法、背景の工夫、あえて全部見せないテクなど、今日から参考にしてみて。

Instagramで検索&投稿の繰り返し

Instagramで検索&投稿の繰り返し

出典: unsplash.com

お洒落なカフェを探すのも、旅行先の行きたいスポットを調べるのも、全部インスタのハッシュタグでやってます〜って人、多分少なくはないと思います。

筆者もなんでもかんでもインスタグラムで情報を探してしまう癖がついてしまいました。

出典: unsplash.com

そしてパシャリパシャリと、写真を撮る。

インスタで見つけたお洒落な画像と同じように〜と思って撮った写真たち。
いざ自分のページに投稿すると…なんだか違う…何が違うんだか…。

とお洒落インスタグラマーには程遠い!って感じたことがある人も少なくないはず。

こんな工夫をプラスするといいのかも

こんな工夫をプラスするといいのかも

出典: unsplash.com

・太陽の光の活用
・下に敷く布のアレンジ
・背景の工夫
・あえて全部見せないテク

の4つに分けてお洒落な写真を撮るテクをご紹介します。ぜひ今日から参考にしてみてください。

太陽の光、味方につけて

太陽の光、味方につけて

コスメやファッションアイテムの写真を撮るときは、是非とも太陽の光を味方につけて。

いつもの写真に太陽の光が足されるだけで、ぐっとお洒落な雰囲気の写真になりますよ。

カーテンや壁の端っこを活用して影を上手く作ってみてください。

難しいときは、キュートなお皿や入れ物を活用すると、勝手に影ができて良い雰囲気の写真を撮ることができますよ。

|太陽の光を味方につける時のポイント|

*ポイント:全部を太陽の光に当てるのではなくて、部分的に光を取り込む
*ポイント:影ができる部分も作る(カーテンや壁、お皿や小物入れを活用)
*ポイント:午後2時くらいが狙い目

ただ敷けばいいわけではない、布アレンジ

ただ敷けばいいわけではない、布アレンジ

白い布、白い布ととりあえず白い布を敷くのもお洒落な写真が撮れるコツではありますが、ちらっと見せる布使いや、布の重ね合わせなど、コツはいくつかあるんです。布を駆使してハイセンスな写真を狙ってみて。

白い布に囚われるのではなくて、他のカラーのものと合わせてみるのもアリ。

また、くしゃっとわざと遊びを加えてみて。動きのある写真に大変身。

|ただ敷くだけではない、布アレンジのポイント|

*ポイント:あえて床を見せるように布を敷いて抜け感を作る
*ポイント:いくつかの布を重ね合わせてみる、くしゃっと遊びを加えてみる
*ポイント:リボンやお皿などの小物も飾ってみる

ドリンクを撮るときは、背景には何も置かない

ドリンクを撮るときは、背景には何も置かない

タピオカなどのドリンクを持って写真を撮るとき、お洒落なカフェのスイーツ、フードの写真を撮るとき、背景のことまで気にかけていますか?
背景まで統一感やシンプルさがあるとインスタのタイムラインで目を引く写真になるかも。

メインが、ドリンクやケーキであることは間違い無いのですが、背景までしっかりと写し、さらにシンプルで抜け感のある写真ですよね。これがインスタで目を引くポイントかもしれません。

背景に何か(例えば、紙ナプキン、お冷、道路の表示など)が写り込んでいるとドリンクやスイーツの魅力が伝わりづらくなってしまうかも。

|背景に何も置かないようにするポイント|

*ポイント:カフェの店内にはシンプルな壁があることが多いのでそのスポットを探し出す
*ポイント:一緒に行っている友達をあえて映さないように工夫する
*ポイント:iPhoneもしくはAndroidのカメラの角度を変えてみるとテーブルを背景のようにして上手く撮れる時がある

*他のお客さんの邪魔にならないように十分に注意してくださいね。ドリンクやフードは出来立ての美味しいうちにいただきましょうね!

あえて全部を写さないテク

あえて全部を写さないテク

物撮りとなると、そのものの姿を全部写すように、とカメラをパシャパシャする人が多いと思いますが、あえて全部を写さないテクニックもあるみたいですよ。センスの高さを感じます。

|あえて全部を写さない時のポイント|

*ポイント:全部写したい気持ちを抑えて、写したい対象を端に寄せて撮る
*ポイント:後ろの背景や空間の割合が多くなるように意識する
*ポイント:人を撮るときは、顔は写さない、上半身だけなど部分的に撮る

プラスαでセンスを輝かせて

プラスαでセンスを輝かせて

写真の撮り方には正解がないからこそ、自分が満足する写真を撮りたいですよね。

太陽の光の活用、下に敷く布のアレンジ、背景の工夫、あえて全部見せないテクの中から、ビビッとくるものがあったら是非参考にしてみてください。

満足のいく写真が撮れますように♡

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ライフスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。