深まる秋、高まる購買欲。買い物上手になるための心得で無駄遣いにSTOPを
りーりー

深まる秋、高まる購買欲。買い物上手になるための心得で無駄遣いにSTOPを

秋はかわいい服もコスメもたくさん。物欲は高まる一方ですよね。しかし物欲のままに買っていては、いずれ後悔する日がくるかもしれません。これからご紹介する、簡単な5つの心得を意識するだけで無駄遣いは阻止することができるかもしれないので、みなさんもぜひ試してみてください。

更新 2019.09.08 公開日 2019.09.08
目次 もっと見る

物欲がはんぱない~

秋服ってとってもかわいくないですか?♡

衣替えをしたら服に合わせて靴やカバンも欲しくなった。新作のコスメももちろん欲しいのに、秋は美味しい物がたくさんで食費もかさむ。
おまけに冬のアウターの予約販売まで始まってしまう。

物欲のままに買い物をしていてはちょっとマズいな…と思ったのです。

そんな時、覚えてほしいのが「買い物上手になるための心得」というもの。これらを意識するだけで、きっと無駄遣いが減るはずです。

一、欲しい物をイメージすること

自分が欲しい物のイメージを明確にして、コレだ!と思う物に出合うまでは買わないようにすること。
例えば洋服であれば、色、デザイン、素材などを具体的に思い浮かべてみてください。

そして、洋服や靴なら必ず試着はしてサイズ感や似合うかどうかを確かめるようにしましょう。見ている時はかわいいと思っていたのに、着てみたら何か違ったというのもよくあることです。

試着は必須で!

じっくり検討するためにも、試着を隙間時間などにさっと済ませるのはあまりおすすめしません。
特に欲しい物がない時のウィンドウショッピングも要注意です。

一、値段ばかりにとらわれないこと

買い物上手=安く済ませるということではありません。
“安いからとりあえずこれでいいか”などとという気持ちで買ってしまうのはやめましょう。

多少高くても、時間をかけて本当に気に入る物を買った方が長い目で見れば節約になるはずです。

なぜ節約になるのかというと、人は苦労して手に入れた物の方が大切に扱うから。
さらに安すぎる物は質も期待できないことがあります。
結局すぐに同じような物を買い直したりすれば、その分出費は増えてしまいます。

さらに、“安い”ということを第一の魅力として購入してしまうと、その物自体の魅力ではないため、いずれその物への気持ちが薄れてきてしまいます。せっかくなら、いつまでもお気に入りのまま、愛着を持って使いたくありませんか?

一、迷ったらやめること

上記でも触れましたが、長く使えるような、本当に気に入った物だけを手に入れていくことが無駄遣いを避けるコツなんです。
なので、迷っているうちはやめておくのが◎

一、持っている物は頭に入れておくこと

買い物の際にクローゼットの中身を思い浮かべられる人は買い物上手だという話を聞いた事がありませんか?
これは、本当に新しい服を買う時に同じような服はないかな?これを買ったとして合わせられる服はあるかな?ということが分かるからなんです。

洋服以外でもそうです。
すでに持っている物を常に頭に思い浮かべながら買い物ができるようになれば、無駄遣いは減るはず。簡単なようで、出来ている人は意外と少ないんだとか。

リストにすると整理しやすい!

頭で把握しておくのが難しい人や、ついつい衝動買いしてしまうという人は、自分が今日買いたい物、そして今持っている物をリストアップしたりして持っていくと良いですよ。

人気アプリ『WEAR』では「クローゼット」という機能を使えば、簡単に自分が持っている洋服を管理することができます。
まだダウンロードをしていない方はこの機会に始めてみてもいいかも。

一、お金を貯める目的を持つこと

お金を貯める目的を明確に持っている方が、やはり無駄な出費を抑えようとする意識は強く、お金も早く貯まるでしょう。
衝動的に何かが欲しいと思った時に、自制できます。

旅行など趣味のためでもいいですし、誰かにちょっぴり高めのプレゼントをあげたいなど自分以外の大切な人のためでもいいですね。
買い物をした時の幸福感に代わる何かを見つけてみてください。

私も買い物上手になれるでしょうか

たった5つのことを意識するだけで、お金の使い方は変わるのです。

これであなたも明日から買い物上手かもっ。

spacer

RELATED