きれいな“オトナ女子”になるには爪先から。ネイルプチカタログーオフィスネイル編ー

オトナ女子になりたい、そこのあなた!まずは、爪先からこだわってみてはいかがですか?この記事では、ネイル初心者の方でも挑戦できるシンプルなものからビジューのついたものまで、「肌になじむ」「上品」「今っぽく」「個性的」「華やか」のネイルテーマに合わせて紹介してますので、あなたにピッタリなデザインを見つけてください♡

爪先からきれいに

爪先からきれいに

爪先からきれいにしていると、気分が上がりますよね。
指先は意外とよく見られがちなんです。
キーボードを打ったり、コップを持つ手など目につくことが多いですよね。
垢抜けた“オトナ女子”になるためにも、爪先からこだわりましょう♡

出典: up.myreco.me

オフィスネイルでも、シンプルなデザインからビジューのついたデザインまで様々にあります。
ここでは、種類別に紹介していきます。
ぜひ参考にしてみてください♡

#1 肌になじむ、シンプルカラー

#1 肌になじむ、シンプルカラー

出典: up.myreco.me

ピンクベージュは肌なじみがとてもよく、シンプルですが指先がきれいに見えます。
細かいラメも繊細でかわいいですね。
ネイルを強調したくない人にオススメです!

パステルカラーでも落ち着きのあるカラーだと派手なネイルに見えにくいです。
ゴールドのストーンやふちがあることによって、おしゃれに見えます。

#2 ワンカラー +1(プラスワン)

#2 ワンカラー +1(プラスワン)

出典: up.myreco.me

ピンクベージュだけが、肌なじみがいいわけではありません。
グレージュカラーでもワンポイントがあるだけで、地味すぎない指先になります。

パステルピンクに大きなビジューを1つずつ。
一見派手に見えますがビジューが1つずつなので、とてもかわいいですよね!

ピンクベージュをベースとして大きなビジューが1つずつ。
ひとつ前の写真よりも落ち着いたピンクなので、挑戦しやすそうですね。

#3 ポイントデザインを入れて、上品に

#3 ポイントデザインを入れて、上品に

出典: up.myreco.me

大きなお花がポイントになっていて、指先を見るたびに気分も上がりそうですね!
結婚式などのお呼ばれや、休日コーデにも合うデザインですね。

大理石風のネイルがポイントとなっているデザインです。
ビジューやカーブスティックも付いているので、派手にならないカラー選択が大事ですよ。

#4 “ちゅるんっ”とした見た目で、今っぽく

#4 “ちゅるんっ”とした見た目で、今っぽく

出典: up.myreco.me

くすみピンクのニュアンスネイル。
“ちゅるんっ”とした感じが今っぽさを感じますね。

うすいパステルカラーで大理石のように仕上げると今っぽさが感じられます。
これぞ“ニュアンスネイル”!

パステルグリーンがワンポイントとなっていて爽やかさが感じられます。
ちゅるちゅる感が指先をよりきれいに見せてくれます。

#5 デザインアートを入れて、個性的に

#5 デザインアートを入れて、個性的に

ひまわりがポイントとなっていて、夏にぴったりのデザインです。
アートネイルを入れるだけで人と被りにくいネイルデザインにすることができます。

出典: up.myreco.me

デザインがとてもおしゃれですね。
花柄とパーツのバランスが良く、ごちゃごちゃとした印象に見えません。
デザインアートを取り入れるときは、全体のバランスに注意しましょう。

しっかりと模様があるデザインですが、3色とも肌に近いカラーで落ち着いた印象になりますね!
デザインが個性的だと、周りと差のつくネイルになりやすいですよ。

#6 大きい柄を取り入れて、華やかに

#6 大きい柄を取り入れて、華やかに

個性を出したい人にオススメのデザインです!
宝石のような模様がポイントで、思わず指先を眺めちゃいますね。

上品さを出すためにピンクベージュは欠かせませんね!
大理石柄と金箔がマッチしていて、ほんのり感じる高級さが“オトナ女子”を演出してくれますよ♡

ピンクベースに黒レースの花柄模様はとても映えますね。
デザインがとても目立っているので、より華やかな指先に仕上げてくれます!

“オトナ女子”への第一歩

“オトナ女子”への第一歩

出典: unsplash.com

これであなたも“オトナ女子”に一歩近づきますよ。
無限にあるネイルデザインから決めるのは難しいですよね。どのような雰囲気にしたいかで、デザインはとても変わるので、あなたにピッタリな納得のいくデザインを見つけてください♡

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ネイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。