一生に一度は訪れたい国。思わずため息が出ちゃう、ギリシャとトルコを巡る女子旅

一度は訪れてみたいギリシャとトルコをご紹介します。基本情報から、パルテノン神殿やサントリーニ島。ブルーモスクやカッパドキア、グランドバザールなど2ヶ国のおすすめスポットを厳選しました。またおすすめの料理もご紹介するので行きたくなること間違いなしです。

いつかは行きたい、憧れの国

いつかは行きたい、憧れの国

出典: shutterstock

テレビや雑誌で見たり聞いたりして、はやく足を運びたいのだけれど。
遠そうだし、治安も心配だしいつも行くことをやめてしまいます。
でも一生に一度は行ってみたいんです。
白と青を基調にしたサントリーニ島の街並みが魅力のギリシャ共和国と、ブルーモスクが有名なトルコ共和国に。

今回はその2ヶ国に絞って魅力をご紹介。
もっと行きたくなっちゃってください♡

白と青の世界、ギリシャ

ー基本情報ー

ー基本情報ー

出典: shutterstock

飛行時間:直行便がないので乗り継ぎが必要。日本からギリシャまで約15〜19時間。

治安:ヨーロッパの中では比較的治安は良い。
旅行者を狙ったスリやひったくりには気をつけたいです。

公用語:ギリシア語。観光地やホテルなどでは英語が通じます。フランス語やドイツ語の方が通じることも。

必ず行きたい、おすすめスポット

ーパルテノン神殿ー

ーパルテノン神殿ー

出典: shutterstock

紀元前447~438年に造られた、世界遺産にも登録されている『パルテノン神殿』。
古代ギリシャの最も重要な遺跡の一つです。

神殿に入るのにはチケットが必要で、世界中から訪れる観光客でいつも混んでいるので開園直後の時間帯などできるだけ混雑を避けて観光したいです。
人が多すぎて写真を撮るのが難しそうですが、本物のパルテノン神殿は圧巻でしょう。

チケットは20ユーロ。

ーサントリーニ島ー

ーサントリーニ島ー

出典: shutterstock

ギリシャはたくさんの島から成り立つ国です。中でも有名なのがエーゲ海に浮かぶサントリーニ島。
北部の「イア」と中央部の「フィラ」のエリアに分けて観光する人が多いんだとか。
島には可愛らしいお土産屋さんやカフェがあるので、ひたすら街歩きをしても楽しめそうです。

サントリーニ島周辺には火山があり、温泉も湧き出ているんです。
西洋の真っ白な島に、日本人の大好きな温泉があるのはなんだか不思議な気分ですよね。

夜には昼とは異なる顔を見せてくれるサントリーニ島。
イアにある要塞は夕焼けを見るのに最適です。
「世界一の夕日」を見ようと観光客であふれているので、少し早くに行くのをおすすめします。

太陽が沈むとともに街がライトアップされる景色は息をのむこと間違いなしです。

ーロードス島ー

ーロードス島ー

出典: shutterstock

「ロードスの中世都市」が世界遺産登録されているほど、ロードス島は中世の歴史が色濃く残っており、見所になっています。
エーゲ海の南東部に浮かび、ギリシャ共和国の島の中で四番目に大きいこの島には世界七不思議の一つ「ロードスの巨像」が建っていたとされています。

ロードス島には十字軍などで活躍した「聖ヨハネ騎士団」が築いた建築物が多く残されています。
城塞や館、騎士の道など中世の歴史を味わうにはもってこいな島です。

お腹が減ったら〜ギリシャ料理〜

お腹が減ったら〜ギリシャ料理〜

ギリシャ料理で有名な「ムサカ」。
東地中海沿岸の伝統的な野菜料理で、なすやじゃが芋などを使うのが定番です。
ズッキーニやマッシュルームを入れることも。
ミートソースの味が美味しいです。

ブルーモスクを堪能できる、トルコ

ー基本情報ー

ー基本情報ー

出典: www.reshot.com

飛行時間:日本からイスタンブルまで約13時間。

治安:トルコは場所によりますが、外務省から危険レベル4(渡航はやめてください)が出ているところもあります。行く前に必ず外務省のホームページを確認してください。

公用語:トルコ語。クルド語やアラビア語も話されています。

必ず行きたい、おすすめスポット

ーブルーモスクー

ーブルーモスクー

出典: shutterstock

ブルーモスクの異名を持つ『スルタンアフメット・ジャーミィ』。
モスク内部に大量に使用されているイズニックタイルが、青く美しいことからブルーモスクと呼ばれているんだそう。
オスマン帝国時代の17世紀に建設されたモスクは「世界で最も美しいモスク」と称されています。

モスクの周りには6本のミナレットが並んでいます。

ドーム天井には美しい装飾が施されています。
小さな窓から差し込む、外の柔らかな光が美しく神秘的な空間です。
ステンドグラスもたくさん使用されているので、ステンドグラスファンにとっては堪らない場所です。

特に、青を基調としたイズニックタイルには細かな文様が描かれており、永遠に見ていたいと思ってしまう内装になっています。

ーカッパドキアー

ーカッパドキアー

世界遺産にも登録されているカッパドキアには変わった形の岩石が連なっています。
この熱気球には乗ることもできるので、観光に行ったら是非体験したいですよね。

またカッパドキアには多数の地下都市が存在します。
ワインの貯蔵庫や通気口、なんと学校まであるんだとか。

これらの変わった岩には洞窟ホテルもあり宿泊可能です。

ーグランドバザールー

ーグランドバザールー

出典: shutterstock

トルコ最大の都市、イスタンブルにある『グランドバザール』はトルコのお土産を買うにはもってこいの場所です。
巨大なショッピングスポットは広すぎて迷子になってしまうほど。

貴金属やアンティーク、スカーフなどトルコの特産品などが並びます。
値下げ交渉など現地ならではの醍醐味を体験しましょう。

定休日:日曜日・祝日

お腹が減ったら〜トルコ料理〜

お腹が減ったら〜トルコ料理〜

トルコ料理といえば、ケバブですよね。
日本の街中で見かけるケバブ屋さんで売っているのは「ドネル・ケバブ」といって一枚ずつ薄切りにしたものです。
写真のケバブは「イスケンデル・ケバブ」といってケバブをパンの上にのせ、ヨーグルトやトマトソースをかけて召し上がります。
トルコのヨーグルトは酸っぱくてケバブとよく合うんだそう。

古代オリエントにタイムスリップ

王家の紋章

商品

王家の紋章

¥490

出版社:秋田書店
作者:細川智栄子あんど芙~みん
ギリシャやトルコの古代の歴史を漫画で楽しく勉強できます。
世界史の勉強の息抜きにももってこい。
きっとあなたも歴史オタクになること間違いなしの歴史ラブコミックになっています。

魅力がいっぱいでした

魅力がいっぱいでした

出典: shutterstock

いかがでしたか?
魅力にあふれるギリシャとトルコに行ってみたくなりましたか?
日本からは遠い国ですが、新しい出会いや発見が見つかる素敵な旅になることを願っています。

関連する記事

こんな記事も人気です♪

韓国発のウェーブトーストお家で作ってみない?まるで絵画のような可愛さよ♡

韓国発のウェーブトーストお家で作ってみない?まるで絵画のような可愛さよ♡

  • bfkanna公式
  • 12606view
パスポート不要のギリシャ?『ヴィラサントリーニ』ネイルで思い出をdeepに

パスポート不要のギリシャ?『ヴィラサントリーニ』ネイルで思い出をdeepに

  • 実芭蕉公式
  • 7730view
異文化が融合された刺激的な街。カナダの最大都市【トロント】の魅力。

異文化が融合された刺激的な街。カナダの最大都市【トロント】の魅力。

  • lumiukko公式
  • 3797view
水切りヨーグルトのある生活、始めない?お家であのギリシャヨーグルトを簡単に

水切りヨーグルトのある生活、始めない?お家であのギリシャヨーグルトを簡単に

  • honoka公式
  • 8333view
足の指の形で合う靴がある?エジプト・ギリシャ・スクウェア型別のシューズlist

足の指の形で合う靴がある?エジプト・ギリシャ・スクウェア型別のシューズlist

  • furamau公式
  • 5883view
この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター

alice公式

自分の思う “可愛い”を追い求めて

旅行・おでかけの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。