まだ早いなんてことはない。二十歳から始める、価格も手間も等身大のエイジングケア
まっしゅまっしゅ

まだ早いなんてことはない。二十歳から始める、価格も手間も等身大のエイジングケア

エイジングケアとは「年齢に応じたお肌のお手入れ」のこと。20歳からでも意識するのに早いに越したことはないんです。①肌の老化の最大の原因であるといわれる紫外線対策、②プチプラでもアイクリームをプラス、③クレンジングはしっかり、まずはこの3点から意識して、価格も手間も等身大のエイジングケアをスタートさせましょう。

更新 2019.09.08 公開日 2019.09.08

いや、さすがにまだ早いでしょ?(笑)

10代の頃、20代前半、20代後半、30代…。
お肌が変化していくってこと、知識としてはもちろんわかってる。

でも私はまだ20歳。
特にシワも気にならないし、まだ弾力があってピチピチしてるもん。

少しは頭をよぎるけど、さすがにエイジングケアはまだ早い、でしょ?

【結論】早いに越したことはない!

実は肌の老化の最大の原因だといわれているのは紫外線。
様々な説がありますが、中には90%は紫外線が原因だという人も。
次いで加齢、ストレス、生活習慣などが挙げられます。

紫外線のダメージは蓄積されていくもの、つまり早いに越したことはないんです。

\エイジングケア=紫外線ケア。始めるのは早い方がいい!/

「肌を老化させる原因の90%は紫外線です!ですので、紫外線ケアをすることがエイジングケアの近道。早く始めるに越したことはありません。日焼け止めと保湿はマストです。きちんと保湿できるように、化粧水と美容液もしっとりタイプのものがおすすめです」(君島さん)

出典 www.biteki.com

正直、お金も手間もそこまでかけられない…

そう言われても、大学生や社会人なりたての二十歳の若者が◯万円の高級スキンケアを継続して使い続けるのはあまり現実的ではないですよね。

勉強も遊びもたくさんやりたいことがあるし、実感もないのにそんなに手間をかけて頑張れないよなんて思ってしまいますよね。

20歳と30代のエイジングケアは違うんです!

そもそもエイジングケアとは、「年齢に応じたお肌のお手入れ」のこと。
だから20歳と30代のケアは同じでなくていいんです。

若いからこそ起こるベタつきがある場合、油分を与えすぎるお手入れは、吹き出物などの肌トラブルの原因になってしまうことも。

“小さなことでもやっていた”のと”全くやっていなかった”のでは大違い。
一回だけor期間限定で特別なことをするよりも、ハードルが高すぎないことを習慣化していきましょう。

20歳から始めたいエイジングケアのポイントは全部で3つです。

その①:紫外線は徹底的にブロック

先述した通り、肌の老化の最大の原因は紫外線だといわれています。

紫外線対策は一層気を引き締めて。
顔だけでなく年齢が出やすいといわれる首やデコルテ、
全身くまなく行っていきましょう。

日傘 晴雨兼用 遮光ジェムリボンmini

¥2,310

紫外線遮蔽率・遮光率99.99%以上。
雨傘としての使用もでき、持ち運びしやすい折り畳み式の優れモノ。

アスリズム スキンプロテクトエッセンス

¥1,331

SPF50+/PA++++

高い紫外線カット効果を誇り、汗や擦れに強いスーパーウォータープルーフ処方なのに
石けんで落とすことができるいいとこ取りの日焼け止め。

化粧下地としても、全身にも使用できます。

JM Solution Glow Luminous Flower Sun Stick Rose

¥615

SPF50+/PA++++

首やデコルテの塗り直しには、スティックタイプの日焼け止めが便利。

パッケージもお洒落で可愛いですよね。
ポーチにINしておいてこまめに塗り直しましょう。

その②:プチプラのものでもアイクリームを

よく「年齢を重ねると、目元のシワが気になる」
なんて話を聞きますよね。

実は顔の中でも、目の下の皮膚は特に薄いんです。
そのため、シワやたるみができやすい部位なんです。

プチプラのものでもいいので、いつものスキンケアにアイクリームをプラスして。
目元のケアを早めに行いましょう。

目元は皮膚が薄いため、トラブルが起こりやすいパーツ。特に目の下のシワは、できてしまうと一気に老けた印象につながります。実は普段の何気ない仕草や行動が、数年後の目の下のシワを招いてしまうことも!

出典 www.biteki.com

プラセホワイター 薬用美白アイクリーム

¥896

乾燥肌の方にはこちらがおすすめ。
保湿力が高くとてもしっとりします。

目元だけでなく、口元やほうれい線、笑いジワができそうなところへの使用もおすすめです。

その③:メイクだけは落として寝よう

“メイクをしたまま寝るのは雑巾を顔にのせて寝ているのと同じくらい肌に悪い”なんていう話、聞いたことありませんか?

カサカサ肌、ニキビなど肌荒れの原因になるだけでなくシワの原因にもつながるんだそう。

どれだけ眠たくてもクレンジング+保湿ケアだけはしてから眠りたいですね。

日中の皮膚はファンデーションとともに、外的刺激から肌を守る機能に傾く。一方夜は、肌細胞の再生と修復が行われる。もし、夜にメイクアップを落とさないと老廃物が表皮に閉じ込められたままとなってしまい、さらに再生サイクルまでもが遮断されてしまう。さらに、肌が酸素不足になってしまうとバクテリアの温床となるのだ。

出典 www.elle.com

バニラコ クリーン イット ゼロ クレンジング バーム オリジナル

¥2,144

つっぱらず、しっとりとした洗い心地で大人気の韓国発のクレンジングバーム。

肌にのせるとオイル状になるので、しっかりとなじませて乳化させてから洗い流してください。

ビフェスタ うる落ち水クレンジング アイメイクアップリムーバー

¥884

ウォータープルーフのマスカラなどの濃いアイメイクはこすらずに落とせる専用のリムーバーを使用して。
メイクの残りがないようにしましょう。

10年後の自分にできる贈り物

20歳の時から少しでも意識してやっていた人と、何もやっていなかった人。

5年後、10年後にはきっと大きく差が開いているはずです。
「やばいかも…」と思う前から、10年後の自分のために自己投資始めてみませんか?

spacer

RELATED