未知なるシネマの世界へようこそ皆さま。エンドロールまで自由に味わう都内9の名画座

見逃した映画を見たり、一本ではなく何本でも自由に見ることが可能な名画座。今回は、そんな都内の名画座をご紹介していきます。自由にゆったりと楽しめるシネマの世界へご招待。

『本日は、ようこそおいで下さいました』

『本日は、ようこそおいで下さいました』

出典: unsplash.com

映画は好きですか?それとも、映画館が好きですか?

とにもかくにも、ここは名画座。

どうぞ思うがままにゆったりとおくつろぎ、お楽しみ下さい。

あ、そうそうルールは守ってくださいね。

都内9つの名画座

都内9つの名画座

出典: unsplash.com

今回は、都内でじっくりと映画を楽しめる9つの名画座をご紹介していきたいと思います。

名画座ならではの魅力と映画をご堪能あれ。

《名画座》とは…

《名画座》とは…

出典: unsplash.com

名画座とは…過去の映画作品をセレクトして特集式の独自上映を行う映画館のことを指します。

通常の映画館のチケット一枚で一本の映画を楽しめるというシステムに対して、名画座ではチケット一枚で2.3本を楽しめる場所もあります。

ミニシアターや名画座と呼ばれる、座席数200席ほどの小さな映画館。
大きな映画館では上映されないけれど、心に残るような作品などを観ることができます。

大手の映画会社が運営している作品ではないので、その映画館独自のセンスやこだわりで作品を選び、上映するため、時に思いもしないようなヒット作が生まれることもあります。

出典:ietty.me

Rule1)席・出入り

Rule1)席・出入り

出典: snapmart.jp

映画館では、上映中の途中入場を禁止されてはいないものの、少しはばかられますよね。

名画座では、上映途中でも自由に出入りをしていいというスタイルが常態化しています。

(※ただし、周りの人への配慮や複数にわたって入退場を繰り返すのは避けたほうが良さそうです。)

Rule2)持ち込み

Rule2)持ち込み

出典: snapmart.jp

フードやドリンクなど、持ち込み自由なところが多いです。

近くのドリンクスタンドで飲み物を買って持ち込んだり、コンビニで好きなお菓子を買って持ち込むのもいいですね。

出典: unsplash.com

そんなちょっぴり自由度の高い名画座。

それでは、都内にある9つの名画座を紹介していきます。

■シネマヴェーラ渋谷

■シネマヴェーラ渋谷

出典: snapmart.jp

最初に紹介するのは渋谷にある『シネマヴェーラ渋谷』。
(写真はイメージです。)
渋谷で唯一の名画座です。

上映作品は邦画が中心。香港や古めのハリウッド映画が上映されることもあるみたいです。

@東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 4F

サイトをcheck

■目黒シネマ

■目黒シネマ

お次にご紹介するのは品川区にある『目黒シネマ』。
上映作品は、ロードショー展開された作品からミニシアター系、邦画、洋画などと幅広いそう。

目黒駅から徒歩2~3分と、アクセスが良いのも魅力の一つです。

@東京都品川区上大崎2-24-15

Instagramをcheck

■神保町シアター

■神保町シアター

続いてご紹介するのは千代田区にある『神保町シアター』。
ここでは、昭和の作品を中心に上映されています。

また、期間によって行われているテーマに沿った特別上映もチェックしてみてください。

@東京都千代田区神田神保町1-23

サイトをcheck

■新文芸坐

■新文芸坐

続いてご紹介するのは、豊島区にある『新文芸坐』。
洋画から邦画、少し前の名作から比較的最近の作品までと、幅広いです。

ここ『新文芸坐』では、週に一度、毎週土曜日に一夜を通して上映される「オールナイト上映」が行われています。

@東京都豊島区東池袋1-43-5マルハン池袋ビル

サイトをcheck

■ギンレイホール

■ギンレイホール

続いてご紹介するのは、新宿区にある『ギンレイホール』。

こちらでは、各ジャンルの映画から、ロードショーが終わった映画の中からセレクトされた二本が一日の内に繰り返し上映されています。
一日かけて、気に入った作品をもう一度ゆっくりと見直すこともできますね。

@東京都新宿区神楽坂2-19銀鈴会館

サイトをcheck

■早稲田松竹

■早稲田松竹

続いてご紹介するのは、新宿区にある『早稲田松竹』。

こちらでは、過去の名作が厳選されて二本立てで上映されています。
2.3日毎のペースで上映作品は掛け替えられます。

@京都新宿区高田馬場1-5-16

サイトをcheck

■ラピュタ阿佐ヶ谷

■ラピュタ阿佐ヶ谷

続いてご紹介するのは、杉並区にある『ラピュタ阿佐ヶ谷』。
館内の地下には、小劇場やレストランもあります。

上映作品は昭和時代のものが中心になっています。

@ 東京都杉並区阿佐谷北2-12-21

サイトをcheck

■キネカ大森

■キネカ大森

続いてご紹介するのは『キネカ大森』。
こちらは、日本初のシネコン(同一の施設に複数のスクリーンがある映画館)です。

上映作品は邦画から洋画までと幅広くなっています。

@東京都品川区南大井6-27-25西友大森店 5F

サイトをcheck

■下高井戸シネマ

■下高井戸シネマ

最後にご紹介するのは世田谷区にある『下高井戸シネマ』。
下高井戸駅から徒歩2~3分のところにあります。

大きい映画館でも上映されていた比較的最新の作品を上映してくれています。
見逃してしまったあの映画を、見ることができるかもしれません。

@東京都世田谷区松原3-27-26

サイトをcheck

「あともう一本、居させて頂くわ」

「あともう一本、居させて頂くわ」

以上、都内の魅力的な名画座を9つご紹介してきました。

マイペースに楽しめるような名画座で、見逃してしまった旧作から、もう一度見返したい素敵な作品などをゆっくりと味わってみてください。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

旅行・おでかけの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。