明日から海外旅行するけど実感がない!?その地が舞台の映画を観てワクワク気分をget

明日から待ちに待った海外旅行なのに実感がない?そんな時は、行先が舞台となっている映画を鑑賞して。前日に映画を観ればワクワク気分で旅行を楽しめるかも。今回はハワイ、シンガポール、ニューヨーク、イタリアに行く人の為に映画を選んでみました。恋愛映画やコメディ映画、様々な映画で気分をあげよう。

明日から海外旅行

明日から海外旅行

出典: unsplash.com

ずっと前から計画していた海外旅行。
明日からというのに実感がありません。
行く前からワクワクしたい。そんな時はどうすればいいかな?

その地が舞台の映画を鑑賞して気分を上げて

その地が舞台の映画を鑑賞して気分を上げて

出典: unsplash.com

旅行前からエキサイティングな気分になりたい時は、映画鑑賞を。ただ映画を観るのではなく、その地が舞台の映画をチョイスしましょう。

今回はハワイ、シンガポール、ニューヨーク、イタリア旅行の前に観てほしい作品を紹介します。

ハワイアンな気分は日本でstart

ハワイアンな気分は日本でstart

出典: unsplash.com

ハワイは一年中暖かくて、フレンドリーな人が多いから観光しやすい。
ワイキキビーチで泳いだり、ダイアモンドヘッドに登ってみたり、南国でしかできないことをたくさん体験してみて。

50回目のファーストキス

50回目のファーストキス

出典: www.amazon.co.jp

今回紹介する作品は、『50回目のファーストキス』。コメディ映画界で人気を誇るアダム・サンドラーとベテラン女優ドリュー・バリモアが出演しています。

チャラ男ヘンリーがハワイでルーシーと出会い一目惚れ。ロマンチックなひと時を過ごします。しかし、ルーシーは記憶障害を患っていて前日のことを全て忘れてしまいます。二人の恋はどうなるのでしょうか?

出典: www.amazon.co.jp

2018年の夏に日本版のリメイクが上映されました。主演は俳優の山田孝之と女優の長澤まさみ。面白い場面やキュンキュンするシーンがたまりません。

笑いあり、涙あり。
二作品を比較してもいいですね。

シンガポールの観光地を学べる作品

シンガポールの観光地を学べる作品

出典: unsplash.com

経済的に豊かなシンガポールには近代的な建物がたくさんあります。イギリスに統治されていた時代の建物や、中国系、インド系の街並みもあり、多文化を味わうことができます。

CRAZY RICH

CRAZY RICH

出典: www.amazon.co.jp

シンガポールが舞台の『CRAZY RICH(クレイジーリッチ)』を鑑賞しよう!

ニューヨークに住むレイチェル(コンスタンス・ウー)にはニック(ヘンリー・ゴールディング)という恋人がいます。ある日、レイチェルはニックのシンガポールにある実家に行くことに。そこで、彼がCRAZY RICH(途方もない金持ち)だと初めて知ります。レイチェルは金持ち一家と気があうのでしょうか?

ロケ地巡りを楽しんで

ロケ地巡りを楽しんで

出典: shutterstock

『CRAZY RICH』ではシンガポールの有名な観光地を観ることができます。
ロケ地であるマリーナベイ・サンズやガーデンズ・バイ・ザ・ベイに行って、レイチェルの気分になってみてはいかがですか。

NYに行く前はあのコメディーを観て

NYに行く前はあのコメディーを観て

出典: shutterstock

お洒落な街ニューヨークで旅行を楽しんで。
自由の女神、セントラルパーク、タイムズスクエアに足を運んでニューヨークの雰囲気をエンジョイしましょう。

たまには、カフェで休憩をしてニューヨーカーの気分を味わってみて。

星の王子ニューヨークへ行く

星の王子ニューヨークへ行く

出典: www.amazon.co.jp

旅行前はコメディ映画でワクワクしよう。
アメリカのコメディアン、エディ・マーフィーの代表作『星の王子様ニューヨークへ行く』を鑑賞して、行く前からニューヨークの雰囲気を感じましょう。

架空の王国ザムンダのアキーム王子が花嫁探しにニューヨークにやってくる。世間知らずのアキームは様々なトラブルを起こしますが、ある日ある女性に一目惚れをしてしまいます。

ナイト ミュージアム

ナイト ミュージアム

出典: www.amazon.co.jp

『ナイト ミュージアム』でニューヨークにある博物館を覗いてみよう。
ナイト ミュージアムのモデルとなったのがニューヨークにある「アメリカ自然史博物館」。映画を鑑賞後に観光したくなったら、是非行ってみてください。

イタリアが待ち遠しい時は

イタリアが待ち遠しい時は

出典: shutterstock

明日からイタリアを一周する予定。そんな時は、ローマやヴェネチア、ミラノなど都市が舞台の映画をチョイスして。

今回はヴェローナが舞台の作品を紹介します。

ジュリエットからの手紙

ジュリエットからの手紙

出典: www.amazon.co.jp

ロミオとジュリエットは北イタリアのヴェローナという街が舞台となっています。『ジュリエットからの手紙』という映画もヴェローナが舞台です。

ヴェローナでソフィー(アマンダ・セイフライド)は「ジュリエットの秘書」となり50年前の恋愛相談の手紙に返事を書きます。送り主の恋愛はどう進展するのか?ソフィーはジュリエットのような恋愛をするのか?事実から生まれた感動作。

ロミオとジュリエットもcheck

ロミオとジュリエットもcheck

出典: www.amazon.co.jp

ロミオとジュリエットのオリジナルストーリーを知りたいときは1968年に公開された『ロミオとジュリエット』を観て。
ルネッサンス期のイタリアの街並が再現されていて、昔へタイムスリップした気分になれます。

ワクワク気分で旅行しよう

ワクワク気分で旅行しよう

出典: shutterstock

旅行する前に映画を観て、ワクワク気分に。
旅行がより楽しみになるかもしれません。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

旅行・おでかけの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。