‘六本木=夜の街’を払拭。リュクスな街をカジュアルに楽しむデイタイムデート白書

六本木のブックカフェ『文喫(ぶんきつ)』で読書を楽しみ、『Cafè de LaPaix(カフェ・ド・ラペ )』や『CAFE SANS NOM(カフェ サンズ ノム)』で落ち着いた時間を過ごし、『TOKYO CITY VIEW(東京シティビュー)』や『森美術館』を訪れるデートはいかが?六本木をカジュアルに楽しみましょう!

六本木=夜の街ではないのです

六本木=夜の街ではないのです

出典: unsplash.com

きらめく街、毎夜セレブな人々が集まる街。
六本木にはついそんなイメージを持ってしまうけれど、本当はデイタイムだって楽しめる、個性あふれる素敵な街なのです。

今度のデートはお昼前から集合して、六本木でゆったりとした時間を過ごしてみるのはいかが?

11:00_文喫で本と出合う

11:00_文喫で本と出合う

『文喫(ぶんきつ)』は、2018年12月にオープンした入場料のある本屋さん。
「本と出会うための本屋」というコンセプトのもと、人文科学や自然科学からデザイン・アートに至るまで約三万冊の書籍が販売されています。

入場料は1500円。入場料を支払えば一日中ゆったりと過ごすことができます。
じっくりと本を選び、好きな席で読書を楽しむ時間はまさに至福。
珈琲と煎茶はおかわり自由で受け取ることができるので、カフェ感覚でも利用できます。

本と向き合う閲覧室や複数人で利用可能な研究室の他に喫茶室も併設されており、牛ほほ肉のハヤシライスやカスタードプリンなどのメニューを楽しめます。
お昼前に来店すれば、ランチも済ませることができますね。

モダンでお洒落な店内には、本だけでなく雑誌もずらりと並んでいます。
自分と彼がどんな本を選ぶのか、比較してみるのも面白いかも。

○information
住所:東京都港区六本木6-1-20 六本木電気ビル1F
営業時間:9:00~23:00(L.O.22:30)
電話番号:03-6438-9120
定休日:不定休
席数:90席
入場料:1,500円(税抜)

文喫 BUNKITSU

14:00_お散歩しつつカフェを探して

14:00_お散歩しつつカフェを探して

出典: unsplash.com

文喫で読書を楽しんでランチを済ませたならば、カフェを求めて六本木エリアをお散歩してみましょう。
乃木坂方面まで足を延ばせば素敵なカフェがたくさん見つかる予感です。
さて、今日はどのカフェにお邪魔しようかな?

カフェ候補_1

カフェ候補_1

『Cafè de LaPaix(カフェ・ド・ラペ )』はこだわりのコーヒーとケーキが魅力のカフェ。
緑と光あふれる空間で落ち着いた時間を過ごすことができます。
コーヒーの他、お洒落な見た目のティーオーレグラッセやオーレグラッセが人気のようです。

外観もレトロでノスタルジックな雰囲気。
リラックスしたカフェタイムを過ごしたい時にぴったりのお店です。

○information
住所 :東京都港区南青山1-15-20 ヴィラ乃木坂 1F
電話番号:03-3402-1998
営業時間:11:00~23:00(早仕舞いあり)
定休日:不定休

カフェ候補_2

カフェ候補_2

2019年7月にオープンした『CAFE SANS NOM(カフェ サンズ ノム)』は、上質で洗練されたひと時を過ごすことのできるカフェ。
クリーミーで濃厚なバスクチーズケーキをいただくことができます。

内装や外観も洗練された印象で、思わず写真に収めたくなります。
閑静なエリアなので落ち着いた時間を過ごせるはず。

○information
住所 :東京都港区赤坂6-16-4
電話番号:03-6435-5683
営業時間:10:00~22:00

CAFE SANS NOM

15:30_昼間の展望台もいいよね

15:30_昼間の展望台もいいよね

お散歩とカフェを楽しんだ後は『六本木ヒルズ』へ。
六本木ヒルズ森タワーの52階には海抜250メートルの屋内展望回廊『TOKYO CITY VIEW(東京シティビュー)』があります。
展望台といえば夜のイメージがあるかもしれませんが、東京の街を一望できる東京シティビューは昼間に訪れるのもおすすめ。様々な場所のビル群や東京タワーなど、東京の名所を見渡すことができます。

○information
住所 :東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52階
営業時間:平日および休日 10:00~23:00(最終入館 22:30)
金・土・休前日 10:00~25:00(最終入館 24:00)

TOKYO CITY VIEW

16:00_そのままアートも鑑賞して

16:00_そのままアートも鑑賞して

出典: snapmart.jp

TOKYO CITY VIEWを楽しんだ後は、そのまま六本木ヒルズ森タワー53階の『森美術館』へ。
なんと、TOKYO CITY VIEWのチケットで美術館も楽しむことができるんです。
一般は1,800円、学生は1,200円でTOKYO CITY VIEWと森美術館に入場できるので、お得感もたっぷり。

出典: snapmart.jp

○information
住所 :東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53階
営業時間:月・水~日 10:00~22:00(最終入館 21:30)
火 10:00~17:00(最終入館 16:30)

森美術館

リュクスな街だってカジュアルに

リュクスな街だってカジュアルに

出典: jp.pinkoi.com

夜の街のイメージが強い六本木だけど、デイタイムのデートでだって存分に楽しめるようです。
リュクスな街をカジュアルに楽しむデートプランで、次のデートは六本木へ出かけてみませんか?

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

旅行・おでかけの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。