こんなの知らなかった〜!女子旅計画のお供にしたい「新・ハワイ」の魅力まとめ

キレイな海に過ごしやすい気候、そしておいしいロコフードetc…。ハワイが好き!という人は多いと思いますが、今回は“数字”に注目してハワイの魅力を紹介していきます。ハワイで何気なく見ていた景色や、何気なく口にしていた食べ物。この記事を読めば、そんなものにも新しい発見があるかもしれません♡

こんなハワイを知ってる?

こんなハワイを知ってる?

ハワイといえば、透き通るブルーの海、おいしいご飯、そしてショッピングも楽しめて、女子旅にぴったりのリゾート。「一度は行ってみたい!」と多くの人が憧れる観光地ですよね。

日本にはない魅力がたくさん詰まったハワイを、今回は“数字”に注目してご紹介します。「数字とハワイってどういうこと?」と思うかもしれませんが、記事を読み進めていけば、新しいハワイを発見できるかも?♡

:ハワイの食べ物編

:ハワイの食べ物編

まずはハワイのローカルフードのお話から。

ハワイの定番食材のひとつ“スパム”。現地のスーパーなどでよく見かける「スパムむすび」は、ご飯とスパムの相性抜群で、一度食べたらやみつきのおいしさ♡

ハワイでのスパム消費量はなんと年間約700万缶。ハワイはもっとも消費量が多い地域のひとつなんです。あまりの人気の高さに、現地ではスパムをテーマにしたお祭りまであるんだそう!

こちらはMERYの記事でも人気のある『Leonard's Bakery(レナーズベーカリー)』のマラサダ。ピンク色のキュートなパッケージが目印のお店で、なんと1日に15,000個を売り上げた実績もあるんだとか!

おいしいマラサダと、フォトジェニックなパッケージ、ハワイに行ったら絶対行っておきたいお店です◎

ハワイ産の野菜や果物などの食材から、ロコフードまで、さまざまなハワイの食が集まるファーマーズマーケット。中でも有名なのが『KCCファーマーズマーケット』で、多い時で出店数は100を超えます。

ロコに人気のレストランなども出店しているので、ぜひハワイの食を楽しみに行ってみない?

ハワイ島にある『CAFE 100』は、ハワイのローカルフード“ロコモコ”で有名なお店。ヒロの街で70年以上地元の人たちから愛され続けている老舗レストランで、写真からもそんな雰囲気が伝わってきますね。

:ハワイの大自然編

:ハワイの大自然編

次は、ハワイの自然のお話。

世界には17の気候区分があるのですが、ハワイにはそのうちの15区分が存在します。島のこっち側は晴れているのに、反対側は雨が降っている、などハワイでは場所や時間帯によって、さまざまな気候を体感することができるんです。

17のうち15があるって、すごい!

オアフ島のシンボル的存在、ダイヤモンドヘッド。約30万年前の噴火によって誕生した火山で、ハワイに行ったことがある人は、ワイキキビーチからの迫力ある景色を見たことがある人も多いのではないでしょうか。

往復約2時間ほどで登山もできるので、人気のアクティビティスポットでもあり、山頂から一望できる海とワイキキの街はまさに絶景です!

ハワイの自然で忘れてはいけないのは、美しい星空。特にハワイ島のマウナケア山山頂では、地球上から見えるすべての星の85%が見えると言われています。

星空観測ができる人気ツアーもあるので、ハワイ島に行ったらぜひ行ってみてください。
「言葉を失うほど美しい」とはまさにここの星空のこと。

:ハワイのファッション編

:ハワイのファッション編

さて、こちらはハワイのファッションに関するお話。

ハワイの伝統的な洋服と言えばアロハシャツ。諸説あるなかで言われているひとつが、1904年に実は日本人が生み出したということ。みなさん知っていましたか?

ヤシの木などハワイらしいデザインのイメージが強いですが、和柄をモチーフにしたものなども人気が高いんだそう。

ハワイのTシャツといえばコレ!と言っても大げさではないくらい「88 TEES」のTシャツは大人気。ブランドが誕生したのは1988年。

88 TEESのキャラクター“YAYAちゃん”をはじめとしたキュートなイラストがプリントされたTシャツやパーカーは、お土産として買って帰る人も多いんです。

こんなユニークな数字も!

こんなユニークな数字も!

「19:45って何の時間?」

ワイキキにあるリゾートホテル『ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ』で花火が上がる時間のこと。毎週金曜日にホテルで開催されるショーのハイライトとして、花火が打ち上がります。

日本で見る花火とはまた一味違った雰囲気を楽しめますよ。特別な花火がハワイの夜を彩ってくれるはず。

「0個」というインパクトのある数字。こちらはハワイでもっとも人口が少ないラナイ島の信号機の数。緑の中に続く一本道が美しいですね。こんな道をのんびりドライブして、リフレッシュするのも素敵じゃない?

モロカイ島には、世界で唯一ココナッツを直接郵送できる「ココナッツレター」があるんです。年間で3,000個もの数が発送されているんだそう!

カラーペンでココナッツに文字を入れたり、可愛くデコレーションしたら切手を直接貼って送るだけ。送られた人も珍しい贈り物に驚きそうですね。

あなたのハワイ通レベルはどのくらい?

あなたのハワイ通レベルはどのくらい?

今回数字と一緒にハワイの魅力をご紹介しましたが、どのくらいあなたがハワイのことを知っているか「発見ハワイ検定」でテストしてみて。

出題は10問で、その正解数に応じてユニークな“ハワイ習熟度レベル”をチェックすることができますよ。

「発見ハワイ検定」を受けてみる!

ハワイに行きたくなってきちゃった〜!

ハワイに行きたくなってきちゃった〜!

憧れのハワイへ行くなら、飛行機の中からハワイを満喫できちゃうハワイアン航空で行くのがおすすめ。

現在、日本国内では4つの空港から直行便を運航しており、政府認可を条件として、2019年11月27日からは福岡-ホノルル便も就航予定。羽田空港からは夜遅い時間のフライトもあるので、仕事終わりにそのままハワイへ、も叶えられちゃう♡

レフアとオヘカパラ(ハワイ伝統の竹のスタンプ)があしらわれたユニフォームのスタッフさんと、ハワイアンミュージックが出迎えてくれ、機内に乗った瞬間からハワイを感じることができます。

機内食は、ハワイを代表する『MWレストラン』の人気シェフとコラボレーションした料理を味わえます。日本発の便では、ハワイアン航空オリジナルロコモコを食べて、飛行機の中からハワイ気分を盛り上げちゃおう!

またドリンクは、ライオン・コーヒーのハワイアン航空特製ブレンドや、地元でも人気のビール「ビキニブロンド」や、季節限定で「パウハナピルスナー」などを楽しむことができますよ。

日本からハワイまでのフライトは約7時間。長時間のフライトだからこそ、機内では快適に過ごしたいですよね。そんな人には「エクストラ・コンフォート」がぴったり。

エコノミーシートよりも約13cm広めの足元で、長時間のフライトでもゆったり過ごすことができます。さらに限定のアメニティももらえちゃうんです♡アイマスクや歯ブラシ、ミストやローションなど、ポーチの中は女子にうれしいアイテムばかり!

片道15,000円の追加料金でアップグレードすることができるので、詳しくは公式サイトをチェックしてみてね。

ハワイアン航空公式サイト

新しいハワイの魅力、見つけられた?

新しいハワイの魅力、見つけられた?

行ったことがある人も、行ったことがない人も、数字に注目してハワイを見ると、今まで知らなかった新しい魅力に気づけたのではないでしょうか?

ぜひハワイに行く時の参考にしてください♡

もっとハワイの魅力を知りたい!
この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

旅行・おでかけの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。