それは何歳になっても女の子の浪漫。“リボンヘアアレンジ”を大人っぽく仕上げるコツ

いくつになっても心惹かれる“リボン”を使ったヘアアレンジ。ちょっぴり甘くて、存在自体がロマンチック。その反面、年齢を重ねるにつれて挑戦しにくいアレンジでもありますよね。そこで、リボンを使ったヘアアレンジを大人っぽく仕上げるポイントをご紹介します。好きを諦める必要なんて無し。大人だから似合うリボンアレンジを楽しみましょ♡

女の子の浪漫だから

女の子の浪漫だから

リボンを使ったヘアアレンジは、女の子の憧れ。
何歳になっても心惹かれるその存在感。

出典: unsplash.com

その反面、ガーリーな印象が強く、年齢を重ねるにつれて挑戦しにくくなるヘアスタイルでもありますよね。

そこで、リボンアレンジを大人っぽく仕上げるコツをご紹介します♡

:細紐でリボンアレンジ

:細紐でリボンアレンジ

リボンの代わりに細紐をリボン結び。
甘くなりすぎない仕上がりが大人っぽいヘアアレンジを叶えてくれます。
ボブなどの短めの髪型でもプラスしやすいのも嬉しいポイント。

革紐を使用してもこんなにお洒落な仕上がりに。
ベージュカラーと革紐特有の素材感がフェミニンでお洒落な雰囲気を演出しています。

:巻き方で個性をプラス

:巻き方で個性をプラス

結び目の部分にリボンをキュッと巻いたヘアアレンジ。
この一手間がヘアスタイルのポイントになって、全体がグッとお洒落な雰囲気に。
ピンクのリボンも甘すぎずスタイリッシュな印象に仕上がります。

リボン結びをあえて裏側ですることでも、また違った雰囲気が楽しめます。
甘さ控えめで、周りと一歩差をつけられそうなアレンジです。

細紐を使って、画像のように毛束に巻きつけたヘアアレンジも素敵。
大人っぽいまま個性を演出できると同時に、シンプルなファッションもグッとお洒落に格上げしてくれそうです。

■How to

①ポニーテールにしてしっかりとトップとサイドの髪の毛を引き出す。
②細いリボンをクロスさせながら巻きつけていく。
③最後にリボン結びをする。

簡単にできるのに、こんなにお洒落なアレンジに。
クロスさせた部分がポイントになっていて素敵です。

:ローポニーと合わせて

:ローポニーと合わせて

大人っぽいローポニーテールにリボンを合わせれば、ラフななかに可愛らしさが漂うロマンチックなスタイルに。ベロア素材の長めのリボンがまたリラックス感を高めています。

■How to

■How to

①全体の毛先と、表面を軽く巻く。
②耳の高さくらいに一つ結びして、ゴム隠しをしてからクルリンパする。
③クルリンパした毛先をさらに結び、ゴム隠しをして、クルリンパする。
④全体を崩して完成。

ゴム隠しとクルリンパで完成する大人可愛いスタイルです。

:かき上げ風前髪でハンサムに

:かき上げ風前髪でハンサムに

長い前髪を活かした、ちょっぴりハンサムなポニーテールにリボンを合わせれば、甘さと辛さのバランスがお洒落なヘアスタイルに。
かき揚げ風前髪にポニーテールをあわせたスタイリングにスタイリング剤を使って濡れ感を演出すれば今っぽい雰囲気も纏えます。

■Recommended

■Recommended

「soibalm(ソイバーム)」
自然由来成分100%のオーガニックバームで、髪、リップ、ハンドなど全ての肌に使用できる優秀アイテム。
少量を手のひらにのばし、オイル状にしてからスタイリングすることでウェットな質感のヘアスタイルを叶えてくれます。毎日使いたくなるようなラベンダーの香りも魅力。

購入はこちら

:リボンを一緒に編み込む

:リボンを一緒に編み込む

リボンは結びつけるだけでなく、髪の毛と一緒に編み込んでも可愛いんです。
編み目の隙間から覗くリボンがとってもキュート。

編み込みハーフアップに編み込んでも素敵ですよね。
ヘアスタイルのアクセントにぴったりです。
画像のように、服とリボンの色を揃えても素敵。

スキをずっと♡

スキをずっと♡

出典: unsplash.com

好きなものは好き。
年齢制限なんて無し。
大人になった今だからこそ似合うリボンヘアアレンジを存分に楽しんじゃいましょ♡

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ヘアスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。