考えるほど“幸せ・好き”がわからない。憧れを抱く時に気をつけたい、ワタシの気持ち

社会人の彼と付き合う私。「“好き”って何だろう…。」ついにその疑問に行き着いてしまった。考えれば、考えるほど、わからなくなってきた。彼のことは尊敬しているし、憧れる。でもそれは、彼の経済力にしがみついていたのかもしれない。将来のことまで考えたら、自分のことがみっともなくなってきた。等身大の自分でいよう、そう決心した。

考えれば考えるほど、わからなくなってきた

考えれば考えるほど、わからなくなってきた

出典: unsplash.com

一度「好きって何だろう」って考えると止まらなくて、“好き”という気持ちが何がなんだかわからなくなる。

好きって一体どんな気持ちなんだっけ…。

“好き”ってどんな意味?どんな気持ち?

“好き”ってどんな意味?どんな気持ち?

出典: unsplash.com

今回は、今の彼とこのまま付き合っていけばいいのか
わからなくなった時に考え直したい、
“好き”という気持ちについて
深く掘り下げていこうと思います。

♡:彼の好きなところを挙げてみよう

♡:彼の好きなところを挙げてみよう

出典: unsplash.com

まずは、自分が彼のどんなところが好きなのか考えてみましょう。

彼のこういうところが好き!と自信を持って言えるのか、ここで試されます。

出典: unsplash.com

私の彼は、会社員で28歳。

毎日早起きで、帰ってくるのも遅い。
しかも、仕事が大好きだから、休みの日も仕事。

私が彼の家にお邪魔して、先にシャワーを浴びていると
彼は椅子に座ったまま寝てしまうほど。

それくらい自分の仕事が好きで、
毎日一生懸命に生きている彼をリスペクトする。

出典: unsplash.com

私が丁度お金がない時は、
夕飯を食べに行くといつも奢ってくれた。

もちろん、悪いな、とは思っていたけど、
彼の経済力にすがっていたのかもしれない。

|そこに“憧れ”はあったけ?

|そこに“憧れ”はあったけ?

出典: unsplash.com

確かに、彼には“憧れ”を抱いていた。

私より稼いでいたし、ちゃんと社会人として働いていた。
“大人”って感じがして、私には持っていないものだ。

そういう大人の人に憧れを抱く。
それって、女性は幸せだと感じることなんだって。

男性であればアイドルやアナウンサーと付き合っていると、それだけで人に自慢できます。女性もお金持ちや地位のある人と付き合うことで幸せを感じる人が一定数います。
こういった自分の立ち位置を上昇させてくれる、というのも「好き」を構築する要素のひとつです。
地位や名誉、経済力は女性にとって「幸せ」を感じさせてくれる要素のひとつですので、それが好きという気持ちに反映されるのです。

こうした複数の「好き」がミックスされて恋愛感情がわいてきます。このとき、人によってどの要素の「好き」が濃いか薄いかには、ちがいがあります。

出典:woman.mynavi.jp

出典: unsplash.com

でも、その“憧れ”に疑問を抱いた。

―――だって、それってなんだかもやもやする。

ずっと奢ってもらいっぱなしだし、
経済力だって、彼の方が上だ。

♡:私、将来どうなるんだろう

♡:私、将来どうなるんだろう

出典: unsplash.com

確かに、『玉の輿』というのには憧れる。
経済力のある彼と結婚して、家庭に入るのもひとつの手。

だけど、それで私の人生楽しいのかな、って思ったの。

出典: unsplash.com

彼は仕事をして、家に帰ってくる。
私は家事をして彼が帰ってくるのを待っている。

そんな良き妻としてだけの“家庭の天使”になるのはごめんだ。

♡:等身大の私が一番幸せなのかも

♡:等身大の私が一番幸せなのかも

出典: unsplash.com

彼と一緒にいる時の自分は、
大人っぽくて背伸びした感じがあって好きだった。
嫌いじゃないよ。

でも、等身大じゃなかった。気を張っていた。
彼に好きになってもらおうと努力はしていたけど、
それは本当の私じゃなかった。

有頂天だったのかもしれない。

出典: unsplash.com

やっぱり、彼のことは好きだけど、
本物の“好き”とは違うと感じた。

私だって時には甘えたいし、子供っぽいところだってある。
だけど、彼にはそれを出せていなかった。

等身大の自分になりたい。

もう、彼に頼りすぎて、人生という大きな海で
プカプカと浮き輪に乗っているだけなのは、イヤだ。

まずは、メイクから変えてみる

まずは、メイクから変えてみる

出典: unsplash.com

彼の目の前では、メイクでさえも背伸びをしていた。

自分の好きなメイクをしていくんではなくて、
大人っぽいメイクをして会っていた。

でも、それは私の本当の“好き”ではない。
だから、好きなメイクをして彼に会う決心をしたの。

♡_やっぱり、ラメシャドウが一番好き

:Venus Marble(ヴィーナスマーブル)/Mammonism(マンモニズム):

『Venus Marble(ヴィーナスマーブル)』という海外ブランドが通販で手に入る!

エキゾチックなカラーが集まったこのパレットで、
妖艶なメイクを楽しんで。

♡_下まぶたにいれたい、アイシャドウ

出典: lipscosme.com

:ParaDo(パラドゥ)/カラーパレット:

まるで何かいいことがあったかのような、
ハッピーオーラを出してくれるアイシャドウパレット。

キラキラと輝くアイシャドウをつけて、私も自信を持ちたい。

今すぐセブンへGO!

♡_ガーリーでジューシーなリップが好き

出典: lipscosme.com

:①CEZANNE(セザンヌ)/ラスティング リップカラーN/407
②APIEU(オピュ)/水光ティント/RD03:

CEZANNEの色落ちがしにくいと定評のあるリップを塗った後に、APIEUの水光ティントで唇に潤いを与える。

あー、コレだ。やっぱり、ガーリーでジューシーなリップが私は好きなんだ。

CEZANNEを購入する
APIEUを購入する

ああ、私、地に足がついていなかったかも

ああ、私、地に足がついていなかったかも

出典: unsplash.com

私、浮かれていたかもしれない。

女の子って男の人の経済力に目をくらませてしまう。
自分を忘れていたかもしれない。

見つめなおせてよかった。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

恋愛の記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。