羽織ると今日のコーデがダサくなる説。この夏は‘羽織込み’の逆算コーデにシフトしよ

お気に入りのコーデを着ていても、羽織と合わなくて「ダサいかも」と感じたことはありませんか?今回は、夏のそんな問題を解決する‘羽織込み’の逆算コーデをご紹介します。トレンドのワンショルダートップスやロングカーディガン、小物を効かせたコーディネートを見ていきましょう。シャツも着こなしを変えるだけで印象が変わりますよ。

羽織ると、ダサくなる問題

羽織ると、ダサくなる問題

出典: www.pexels.com

今日もいつものようにすごく暑いんだけど、気持ちはとってもルンルンしてて。
それは、今日の格好がお気に入りのコーデだから。

友達にも褒めてもらえて、気分が上がってるってところ。

でも、当たり前に室内はクーラーがガンガンに効いていて。
仕方がなく、羽織を着たらね。

出典: www.pexels.com

___え、あれ…?
___なんか私ダサくない?

可愛い羽織だし、羽織ったものが悪いわけじゃなさそう。

こんな‘羽織るとダサくなる’夏のお悩みを今回は解決しようと思います。
今日のコーデと羽織の相性にヒントがありそうです…!

1)シャツ×ワンショルのトレンドコーデ

1)シャツ×ワンショルのトレンドコーデ

では、ここからは‘羽織込み’の逆算コーデを見ていきましょう♡

テロンとした生地の女性らしいシャツには、一枚で着ても存在感のあるワンショルダートップスを合わせてみて。

デコルテのアシンメトリーな肌見せが、シャツを着ても絶妙な抜け感を演出してくれます。

もはや、シャツを着たからお洒落度が増した?と感じるほど、ハイセンスでトレンディな組み合わせ。

羽織とコーディネートの色調を合わせるのが、コーデのバランスを崩さないポイントですよ。

こんなアイテムが使えそう♡

コットンリネンシャツ

ZOZOTOWN

商品

コットンリネンシャツ

¥7,150

シャツはどんなコーデにも相性の良いシンプルさと、生地感にこだわって選びたいもの。

リネン素材のシャツは、夏の羽織にちょうどいいアイテム。
ちょっと大きめなサイズ感と、ナチュラルな生地がこなれ感を演出してくれそう。

リネンワンショルダートップス

商品

リネンワンショルダートップス

¥4,212

カット部分が切りっぱなしのような加工になっていてお洒落なワンショルダートップス。

流行のアイテムは、デザインで差をつけるのが◎ですよ。

2)ロングカーデを着こなす上級者コーデ

2)ロングカーデを着こなす上級者コーデ

意外と困りがちな「Tシャツコーデ」の羽織について見ていきましょう。

Tシャツにはロングカーディガンが圧倒的におすすめ。

シンプルさやカジュアルさをしっかりとキープしながら、バランスのとれた大人の着こなしに。

ワントーンコーデでキメた日には、あえてカラーカーディガンを合わせるのが◎。

ロングカーディガンは、バランスよく着るのが難しいイメージがありますが、ワントーンコーデの羽織として着れば、簡単にお洒落上級者になれますよ。

ロングカーデをプラスワンしてみる♡

ロングカーディガン

ZOZOTOWN

商品

ロングカーディガン

¥9,720

ロングカーディガンは、今季も流行継続中のラテカラーを選ぶと、notマンネリなシンプルコーデに。

サイドにスリットが入っているので、ロングカーディガンでも重たく見えません。

3)柄シャツをお洒落にキメるコーデ

3)柄シャツをお洒落にキメるコーデ

柄シャツを羽織ると、子どもっぽくなったり、コーデがうるさくなりやすくて。
カジュアルダウンしすぎない、お洒落な感じに着るにはどうすれば…?

そんな方は着方を工夫してみましょう。
チェックのシャツは、フロントボタンの上から1、2個目だけを留めて羽織ってみて。

こちらの着こなし方は、90年代のLAのギャングスタイルファッションに由来するもの。
ストリートファッション好きの方におすすめの羽織り方です。

シャツの一番上のボタンだけを留めるというスタイルは、現代のチョロ(カリフォルニア州イーストLAエリアを中心に暮らすラテンアメリカンを指すスラング)カルチャーに由来する。90年代に台頭したメキシカン・アメリカンのギャングライフを表すスタイルとして、シャツの一番上のボタンのみを留めている人物はギャングの関係者だとされていた。

出典:hypebeast.com

出典: jp.stylenanda.com

海外ファッションや、リゾートっぽく着こなしたい時は、裾をしばって羽織ってみて。

スタイルがよく見えそうな着こなし方です♡

こんな柄シャツならお洒落に着られそう

ブロッキング2WAYネルシャツ

ZOZOTOWN

商品

ブロッキング2WAYネルシャツ

¥9,900

2つの柄でブロッキングされたお洒落なネルシャツ。

モノクロのチェックシャツなら羽織ってもコーデのテンションを崩さなそうです。

4)小物合わせが羽織に動じないpoint

4)小物合わせが羽織に動じないpoint

ここまで‘羽織込み’の逆算コーデを見てきましたが、どのコーデにも共通するのが、バランスのとれた絶妙な小物使い。

これが、コーデのこなれ感を左右するpointなんです。

コーデのワンポイントにスカーフを取り入れたり、大ぶりのピアスやイヤリングで顔周りを華やかにしたりすることで、ワンランクアップした印象にすることができます。

ワントーンや色調を統一して、お洒落感が出たのはいいんだけど、スタイルが悪く見えて…。
という方は、ベルトを羽織の上からつけてウエストマークしてみて。

メリハリのあるコーデに仕上げることができそうです。

こんな小物と合わせてみて♡

ウッド&ラタンモチーフピアス

商品

ウッド&ラタンモチーフピアス

¥1,450

ウッドとラタンのモチーフのピアスは夏らしさ満点。

大人カジュアルなコーデにぴったりのアイテムです。

ダブルバックルベルト

ZOZOTOWN

商品

ダブルバックルベルト

¥2,750

こちらは、SNSでも『WHO'S WHO gallery(フーズフーギャラリー)』のクリアベルト。

ジャンルを選ばず、コーデをブラッシュアップできるアイテムです。

羽織っても、私はお洒落だから

羽織っても、私はお洒落だから

「寒っ。」って羽織を着ると、もう一回友達に褒めてもらえるような、違ったよさになる‘羽織込み’の逆算コーデ。

私は羽織っても、お洒落なんだからね。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ファッションの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。