話題の“箸の持ち方”、今が見直すチャンス。あなたは大丈夫?食事マナーのあれこれ

Twitterで話題になった、「箸の持ち方」。こういう時こそ、自分の箸の持ち方を見直すチャンスかも。こういう細かいマナーでも、守れば周囲の人へ気遣いのできる大人へ近づけるかも。この記事では、箸の持ち方をはじめとする食事のマナーについて紹介します。

トレンドに現れた…

トレンドに現れた…

ある日、Twitterのトレンドに現れた「箸の持ち方」。
そんなワードを目にしたら、私の箸の持ち方大丈夫かな?と不安になってくる。

箸の持ち方一つで結婚できるとかできないとか、そういったことはよくわからないけれど。
こういう話題が挙がった時こそ、自分を見つめ直すチャンスだったりする。

箸の持ち方に限らず、食事をする時のマナーって意外と見落としがちかも。
ごはんをくちゃくちゃ食べてる人がいたらちょっと気になる時とかあるし、もしかしたら自分も…?って気持ちになったりしない?

自分だけでなく、周りの人も快適に食事をするために。
今、私たちが見直すべき食事のマナーとは?

《1》箸の持ち方

《1》箸の持ち方

出典: shutterstock

箸の持ち方で、正しいのはこの形。
今、お箸が用意できる人は自分の持ち方と比較してみて。

自分の持ち方が変かも…?って思ったら、次のように直してみよう。

➀1本目:お箸の後ろの方を親指と人差し指の間で挟みます。その時、箸の先端の方は、薬指の横に当たるように。
➁2本目:中指・人差し指・親指の3本で鉛筆を持つように。
➂2本の箸で三角形を作るような形を。箸の後ろをくっつけないようにしましょう。

以上、3つを意識してみてください。

矯正箸 きちんと箸 おとな用 21cm 右利き

商品

矯正箸 きちんと箸 おとな用 21cm 右利き

¥922

どうしても直らない!という方には、矯正箸がオススメ。
これを使えば正しい持ち方を習得できるのが嬉しいですよね!
正しく持てるようになったら、赤いシリコンの部分を外して普通の箸に装着して使用できます。

嫌い箸、気を付けてみて

嫌い箸、気を付けてみて

箸は持ち方以外にも、いろんなマナーがあるんです。
例えば、「迷い箸」。
食卓に並ぶ料理のどれを食べようか迷って、料理の上を箸がウロウロすることを指します。

他にも、「渡し箸」「寄せ箸」「涙箸」などといった「嫌い箸」と呼ばれる箸の使い方が存在します。
行儀が悪い印象を与えてしまう可能性もあるので、気を付けましょう。

嫌い箸について詳しく

《2》食べる音

《2》食べる音

食べ物を口に入れ、クチャクチャと音を立てて食べてしまう…。
そういった人のことを「クチャラー」と呼ぶようです。

どのような原因があるのでしょうか?

原因として挙げられるのは、一口の量が多すぎる!ということです。
ごはんをいっぱい口に詰め込みすぎると、どうしても口が開いてしまって音が出てしまうのです。

また、テレビなどを見ながら喋るのも、クチャクチャ音が鳴ってしまう原因の一つです。

これは、意識することで大抵は直るでしょう。
まずは手始めに、一口の量を減らしてみることからやってみましょう!

また、一口の量を減らすと自然にゆっくり食べることに繋がります。
健康のためにも、ゆっくり食べていっぱい噛むことが重要です!

口に食べ物が入っている途中で話を振られてしまったら、待ってもらいましょう。
食べ物が入っている状態で話すのはマナー違反です。

《3》犬食い

《3》犬食い

「左手、お留守!」
と親御さんに注意を受けたこと、ありませんか?

食事の時、器を持たずに顔を器の方に近づけて食べる行為を「犬食い」と言います。

箸を持っていない方の手は必ずテーブルの上に出しておきましょう。
そうするだけで、犬食いを避けやすくなります。

また、姿勢を正して食べるように意識することも大事です!
気になる方は、食事の時に鏡を前に置いて自分の食べ方をチェックして。

《4》そのほか

《4》そのほか

出典: snapmart.jp

食事中、髪をいじるのはNG行為!
抜け毛や髪についている埃などが料理の上を舞ってしまうことも。
そんな状態でごはんを食べるの、しんどいですよね。

髪が気になる場合は、食事の前に結んでおきましょう。

食事に行く時、基本的に香水はNG!
料理は味だけじゃなく、匂いでも楽しめるものですよね。
そこにキツい香水をつけてきてしまったら、せっかくの料理が台無し!

どうしても香水をつけたい場合は、歩いた時にふわっと香る程度に抑えましょう。

食事のマナーを守ること

食事のマナーを守ること

食事のマナーを守ることは、大人のたしなみです。
周りの人への気遣いができるに越したことはありません。
自分は良くても、相手はどうだろう?
「相手が不快に思うことをしない」という配慮が、共生のために必要なものなんです。

マナーにはそれぞれ意味があります。
自分のために、きちんと守ってみて。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ライフスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。