デートには頑張らない服を。カジュアルな自分で恋を呼ぶための、4つのエッセンス
むーみんむーみん

デートには頑張らない服を。カジュアルな自分で恋を呼ぶための、4つのエッセンス

ラフに着られるアイテムやゆったり着られるパンツが好き。そんなカジュアルなコーデが好きな方は、デート服のチョイスに悩みがち?この記事では、カジュアルながらも彼モテするための4つのエッセンスを紹介しています。ぐっと華やかにしてくれる明るい色味やちょっとした女の子らしさ、すぐにプラスできるものばかりなので、ぜひお試しあれ♡

更新 2019.07.06 公開日 2019.07.06

ありのまんまの、自分を魅せて

ゆったりしたお洋服や愛用しているデニム、とにかくカジュアルなコーデをこよなく愛してきた私。

悩むのが、デートのときのお洋服。やっぱりスカートとかピンクとかを着たほうがいいですか?

カジュアルコーデで、恋を呼ぶ

カジュアルコーデで、恋を呼ぶ

よく「デートの時の勝負服」なんて言葉を聞くけれど、私はやっぱりありのままの私でいたい。

いつもの私に4つのエッセンスを加えて、
彼モテを狙おうと想います♡

明るい色味に、華やぐワタシに

まず一つ目のエッセンスは、色。

カジュアルなスタイルはそのまま、パステルカラーや白など明るい色をチョイスしてみて。淡いパープルを取り入れれば、ぱっと顔周りを明るく華やかな印象にしてくれるはず。

いつもは黒やネイビーなど落ち着いた色味のお洋服が多いという方は、トップスに白を持ってくると◎。

軽やかで女性らしいカジュアルコーデが完成します。

デートは、とっておきで勝負してみない?

スリットオーバーサイズ長袖ロングシャツワンピース

¥4,950

ANDJ(アンドジェイ)
明るい色と言われてぴんとこなかったら、手にとってほしいのが白のシャツワンピース。一枚で着てもよし、デニムをレイヤードしてもよし。カジュアル派さんにも着やすいアイテムです。

スカートなら、ロング丈が正解らしい?

次のエッセンスは、自分らしい甘さ。

デートだからとスカートに挑戦したものの、なんだかしっくりこない。そんなときはロング丈をチョイス。カジュアルさを残しつつ程よく甘いコーデになります。

甘くなりすぎるイメージのあるワンピースもロング丈なら、カジュアルに着られるかも。

足元はスニーカーで、自分らしさを忘れずに。

こんなスカートから、始めてみない?

ダルメシアン/モノトーンフラワープリントロングスカート

¥3,278

clear(クリア)
ブラウスにだって白Tシャツにだって合わせられる着回し力のあるアイテム。花柄でもロングを選べば、ぐっとカジュアルに着やすくなるはず。

パンツスタイルは、乙女心を潜ませて

次のエッセンスは、女の子っぽい乙女心。

ず〜っとはき続けている愛用の一本がある、デニムラバーな私。デートのときもやっぱりパンツがいい!なんて思ったら、レースやフリルなどの乙女心を潜ませてみて。

スカートに合わせると甘すぎて着られないレースやフリルも、いつものパンツとなら着られる気がする。

ちょっぴり乙女心を潜ませて、デートだって自分らしいお洋服で挑んでみて。

程よい甘さで、癖になるトップスを

バックシャンフリルスリーブブラウス

¥2,332

fifth(フィフス)
ノースリを選ぶとレースもさらにヘルシーな印象に。遠ざけていたデザインも、着回し力のあるエース級アイテムの仲間入りかも?

+α編:カジュアル派さんが、恋を呼ぶ決め手

最後のエッセンスは、言葉選び。

見た目ではラフに見えやすいカジュアル服を身にまとうときは、いつもより一層、言葉選びや所作に気をつけて。丁寧で細かな印象を作れるなら、そこでギャップモテだってできるかも。

例えば、「 やばい 」を止めてみる

例えば、「 やばい 」を止めてみる

例えば、「やばい」という言葉を控えるだけで、言葉遣いを見直すことができるかも。

可愛い、美味しい、楽しいという感情をやばいという言葉以外で表せるようになるだけで、言葉遣いが綺麗になるのかも。

例えば、立ち姿を意識してみる

ちょっとした立ち姿を見直すことも効果的。

電車の待ち時間など、ついスマホに夢中になって姿勢が崩れたりしていませんか?背筋を伸ばすことを意識するだけで、女性は美しく見えるはず。

デートだからこそ、頑張らない服を

デートだからと頑張った自分より、
ありのままを愛してほしいから。

4つのエッセンスで、カジュアルモテしちゃましょ?

spacer

RELATED