あえて見せるのが私のスタイル。脇役じゃなく、主役で着るマストバイなインナー

インナーは服の下に隠れるもの。そう思っていますか?インナーだってコーディネイトの主役になれるんです。ガーリー、シンプル、カジュアル、色々なインナーの着こなしをまとめました。お気に入りを見つけて、インナー見せファッションを楽しんでみてください。

インナーが大活躍してくれるんです

インナーが大活躍してくれるんです

インナーは服の下に隠れるもの。
そんなイメージもあると思うのですが、今はそれを払拭してくれるおしゃれインナーがたくさんあるんです。

あえて見せるスタイルでおしゃれを楽しんでみるのはいかがですか?

+羽織がスタンダード

+羽織がスタンダード

インナーを見せたい場合には上に一枚羽織るのがスタンダードな着こなしみたい。
肩を落としてゆるっとさせることで、こなれ感も出てちょうど良いバランスに。

羽織にある色味とインナーの色を合わせるとまとまりが出て、柄ものの羽織も使いやすいのでいいですね。

難度高めのワントーンコーデもインナー+羽織ならうまくきそうかも。

肩に特徴があるデザインのタンクトップは、なおさら見せるスタイルが映えそう。
片方の肩だけ見せるのがちょっぴりセクシーだったり?

original print thermal camisole

ZOZOTOWN

商品

original print thermal camisole

¥3,190

『petite by NICE CLAUP(ペティート バイ ナイスクラップ)』
人気インフルエンサー2人によるブランドのオリジナルプリント柄サーマルキャミソールです。繊細なレースや華奢なリボンと、細かな部分までこだわって作られた一着。

ヘンリーネックリブタンク

ZOZOTOWN

商品

ヘンリーネックリブタンク

¥1,522

『apres jour(アプレジュール)』
小さなレースとフェイクのボタンが3つでシンプルなデザインのこちらは、何にでも合わせやすいので持っておいて損はない一枚です。

リブタンク

ZOZOTOWN

商品

リブタンク

¥1,650

『antiqua(アンティカ)』
コットン×ポリウレタンの素材で着心地と伸縮性のよさが特徴です。カジュアルになりがちなリブタンクもひとクセあるデザインで大人っぽく。

そのままでも

そのままでも

もちろんそのままトップスとして着ることができるアイテムもたくさんあります。
気温がぐんぐん上昇する夏の暑い日も、さらっと快適に過ごせそうですね。

タンクトップ1枚で過ごすのには少し抵抗があるという方は、こんな風にキャミソールタイプのトップスやワンピースと重ねるのはいかがでしょう。
涼しさは失うことなく守りのコーディネイトが完成します。

リボン付き レースタンク

ZOZOTOWN

商品

リボン付き レースタンク

¥3,190

『one after another NICE CLAUP(ワンアフターアナザーナイスクラップ)』
胸下に入ったギャザーが胸元をきれいに見せてくれます。下着のストラップも隠せる太めの肩ひもと太めのレースはガーリーなコーディネイトにぴったり。フィット感が心地良いこと間違いなしです。

フラワーモチーフタンク

ZOZOTOWN

商品

フラワーモチーフタンク

¥2,700

『MAJESTIC LEGON(マジェスティックレゴン)』
連なるフラワーモチーフのレースが印象的なデザイン。一点投入で華やかに目立たせるのも、ガーリーコーデに溶け込ませるのもありです!

ちょい見せもかわいくて

ちょい見せもかわいくて

ハイネックのインナーをTシャツやシャツの下から少しだけ見せるのもおしゃれですよね。
気分によって雰囲気を変えたい時にも、簡単にできるので助かります。

レースハイネックタンクトップ

ZOZOTOWN

商品

レースハイネックタンクトップ

¥1,625

『kutir(クティール)』
タンクトップだから、重ね着しても袖に溜まってゴワゴワする心配なし!コーディネイトがマンネリ化している方にもおすすめです。

鎖骨美人になりましょう

鎖骨美人になりましょう

出典: 17kg.shop

インナーを見せるスタイルのコーデでは鎖骨も見えることが多いです。
せっかくなら、きれいな鎖骨を手に入れたいですよね。

鎖骨が埋もれてしまう原因はリンパの流れや血行不良、肩こり、姿勢が悪さなどと言われています。マッサージでケアして鎖骨美人を目指しましょう。

①手をグーの形にして、鎖骨下に当てる。内側から外側に向かってグリグリと小さな円を描くように鎖骨下をほぐす。

②4本指で鎖骨下を内側から外側に向かって流す。

出典:lulucos.jp

これは買わずにいられない

これは買わずにいられない

インナーを見せるコーデも悪くないでしょう?

服の組み合わせに正解はありません。自分なりのスタイルでおしゃれを楽しんでみてください。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ファッションの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。