浅草から徒歩7分。カフェと雑貨を巡りたいなら、魅力たっぷり“蔵前”に行くべし

「東京のブルックリン」と呼ばれる蔵前の魅力、一つでも知っていますか?チョコレートを楽しんだり、焼き菓子を楽しんだり、お花の雑貨を楽しんだり、はたまたオリジナルのインクを作ったり。魅力がたっぷり詰まった蔵前のおすすめスポットをご紹介します♡読み終わった時には、きっと蔵前の虜になっていますよ…♡

浅草の陰に隠れた、オシャレな街

浅草の陰に隠れた、オシャレな街

出典: www.beepsheepshamp.com

ふぅ~スカイツリーも上ったし、浅草の行きたい場所も行ったし、残った3時間をどうやって過ごそうかなぁ。

「浅草 付近 カフェ」検索!!
_________________________________

ふむふむ、なるほど。蔵前って場所にオシャレなカフェがたくさんありそうだ!

蔵前は、浅草駅から徒歩7分ほどの場所にある町。

隅田川が流れるこの街は近年、江戸時代から残るような古い倉庫などをリノベーションした建物が増えているため、倉庫街がオシャレに生まれ変わったニューヨークのブルックリン区になぞらえて「東京のブルックリン」と呼ばれているのだそう。

では、蔵前の魅力をた~っぷりご紹介しちゃいます!

まずは着物に着替えて。〇

まずは着物に着替えて。〇

蔵前を散策する前に、まずは着物に着替えてみてください◎

上の写真の着物は、着物レンタル店『KESA-TOKYO』で借りることができます。
正絹や紬、アンティーク着物の貸し出しやキツネなどのお面の貸し出しもしているので、インスタ映え間違いなしですよ。

公式HP
公式Instagram

蔵前の魅力はオシャレなカフェ

チョコ好きなら『DANDELION CHOCOLATE』

チョコ好きなら『DANDELION CHOCOLATE』

チョコレート好き必見なのは『DANDELION CHOCOLATE(ダンデライオン・チョコレート)』。

こちらは世界的にも人気のある『DANDELION CHOCOLATE』の日本第1号店。1階にはチョコレートファクトリーとスタンド、2階にはカフェとワークショップスペースが併設されています。

美味しくて思わず笑顔がこぼれてしまうようなメニューばかりですが、中でも人気なのは3種類のチョコレートを使ったブラウニーバイトフライトなんだそう。
チョコレートを使ったドリンクと一緒に食べてみてください。

住所:東京都台東区蔵前4-14-6
TEL:03-5833-7270
営業時間:10:00~20:00(L.O.19:30)

公式HP

小腹が空いたら『菓子屋シノノメ』

小腹が空いたら『菓子屋シノノメ』

焼き菓子店である『菓子屋シノノメ』には美味しい焼き菓子がたくさん。

クッキーやマカロン、スコーンなどのポピュラーなものから、ビスコッティというイタリアの伝統菓子まで、さまざまな種類のものをGETすることができます。

また季節にあった味の焼き菓子も登場することがあります。今は、初夏らしいパインのスコーンを食べることができるのだそう♡

住所:東京都台東区蔵前4-31-11 1F
営業時間:12:00~18:30
定休日:水曜日

公式HP
公式Instagram

『菓子屋シノノメ』の上には『喫茶半月』

『菓子屋シノノメ』の上には『喫茶半月』

『菓子屋シノノメ』の2階には『喫茶半月』というお店があるんです。

こちらは『菓子屋シノノメ』と営業時間や定休日が異なるので気をつけてください◎

「鉄観音のパンナコッタ」や季節のシュークリームなどの素敵なメニューを聞いたら、足を運びたくなっちゃいませんか?週末のご褒美として訪れてみてください。

住所:東京都台東区蔵前4-31-11 2F
営業時間:12:00~19:00(L.O.18:30)
定休日:火・水曜日

公式HP

お花と共に楽しむ『From afar 倉庫01』

お花と共に楽しむ『From afar 倉庫01』

店内にお花がたくさん咲いているのは『From afar 倉庫01』。

こちらも『菓子屋シノノメ』と同じ系列店です。
店内には『flower shop&laboratory』などの花屋さんがあるので、お花とティータイムを同時に楽しむことができます。

ドリンクやデザート、花屋さんの撮影はできますが、フラッシュ禁止、他のお客さんを写さないなどのルールに注意して撮影してくださいね。

住所:東京都台東区東駒形1-1-9 1F
営業時間:12:00~19:00(L.O.18:30)
定休日:なし

公式HP
公式Instagram

ゲストハウスなら『Nui. Hostel & Bar Lounge』

ゲストハウスなら『Nui. Hostel & Bar Lounge』

『Nui. Hostel & Bar Lounge(ヌイ ホステル & バー ラウンジ)』は蔵前にあるゲストハウス。

建物は江戸時代から続く玩具会社の倉庫をリノベーションして作られていて「東京のブルックリン」と呼ばれる蔵前を訪れるなら、一度は行きたいホステルです。

2階のホステルに泊まっていなくても、1階のカフェ・バーラウンジを利用することができます。
朝・昼・夜と時間帯によって変わる店内の雰囲気を楽しんでみてください。

住所:東京都台東区蔵前2-14-13
TEL:03-6240-9854
1階営業時間:[CAFE TIME]8:00~18:00[BAR TIME]18:00~25:00(L.O.24:30)[FOOD]18:00~23:00(L.O.23:00)
ホステル営業時間:[RECEPTION]8:00~23:00/[CHECK-IN]16:00~23:00

公式HP

雑貨屋さんも魅力たっぷりなの

お花を使った『MABATAKI美雨』

お花を使った『MABATAKI美雨』

『MABATAKI美雨(まばたきみう)』は手仕事のぬくもりと花たちの美を伝えるブランド。

ヒール部分にお花が含まれた靴やリングスタンド、ドライフラワーなどのアイテムが売られています。

これからの季節にぴったりなお花を使ったかんざしも売っているので、ぜひGETしてみてください。

住所:東京都台東区蔵前3-4-7
営業時間:13:30~19:00
定休日:月曜日

公式HP
公式Instagram

cuteなマスキングテープは『mt lab.』で

cuteなマスキングテープは『mt lab.』で

マスキングテープ専門店である『mt lab.(エムティ ラボ)』では、さまざまなカラー・模様のマスキングテープを見つけることができます。

日本だけでなく、バンコクやソウルなどでも展示会を開いている『mt(エムティ)』初の路面店である、こちらの店舗では他のお店やイベントでGETできないアイテムも扱っているのだそう。

大切な人へ、お手紙を書く時に素敵なマスキングテープを添えてみてください。

住所:東京都台東区寿3-14-5
営業時間:10:00~19:00
定休日:月・火・水曜日

公式Instagram

私だけの一色を作る『カキモリインクスタンド』

私だけの一色を作る『カキモリインクスタンド』

『カキモリインクスタンド』では世界で一色だけのインクを作ることができます。

自分自身で好きな色を混ぜ合わせ、実際に紙に書いて調節しながら作ることができるので、きっとお気に入りのインクになるはず◎
また自分のイメージをスタッフの方に伝えると、イメージに合った色を調合してくれるのだそう。

インクの量り売りやオンラインショップもあるので、是非HPをチェックしてみてください。

住所:東京都台東区蔵前4-20-12 クラマエビル1F
TEL:050-1744-8547
営業時間:11:00~19:00
定休日:月曜日(祝祭日はopen)

公式HP

蔵前に魅力しか感じられない…!!

蔵前に魅力しか感じられない…!!

カフェも雑貨も…魅力がありあまりすぎて、行きたいところがいっぱいだぁ!!!

浅草のついで、じゃなくて。
今度はゆっくり蔵前を巡ることにしよっと♡

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

旅行・おでかけの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。