フランス・ストラスブールの魅力を伝授。綺麗すぎて「やばい」が止まらないはず

この記事では、フランスの北東部に位置するストラスブールの魅力を伝授したいと思います。「プティット・フランス」、「ストラスブール大聖堂」、「セントポール教会」や、ストラスブールの近くにある「コルマール」の綺麗な場所を紹介するので、行きたいところを見つけてみてください!

ヨーロッパでおすすめな場所は?

ヨーロッパでおすすめな場所は?

出典: unsplash.com

長期休暇は遠くに行きたいなって方に!
ストラスブールという場所が良すぎてやばいんです。
色んな「やばい」魅力を伝授するのでぜひ読んでみてください。

まずストラスブールってどこか知ってる?

まずストラスブールってどこか知ってる?

出典: shutterstock

ストラスブールはフランスの北東、ドイツとの国境沿いに位置する都市です。
フランスとドイツ、どちらの国の影響も受けた文化と建築があります。

出典: shutterstock

パリから鉄道で約2時間ほどでそう遠くありません。
なので、パリから日帰りで行くこともできます。

1:‘プティット・フランス’がやばい

1:‘プティット・フランス’がやばい

出典: shutterstock

ストラスブールの旧市街の外れにある「プティット・フランス」。
まるでおとぎの国に入ったかのような街並み。おしゃれすぎます。

出典: shutterstock

どこもかしこもおしゃれな写真スポットで、たくさん写真を撮りたくなること間違いなし。
いるだけで気分が上がりそうですね。

多くある木組みの家はドイツの文化の影響も受けたといえるでしょう。
近くにあるライン川でクルーズをしてみるのもいいかも。

2:世界遺産の‘大聖堂’がやばい

2:世界遺産の‘大聖堂’がやばい

出典: shutterstock

ストラスブール旧市街フランスの世界遺産を構成する「ストラスブール大聖堂」。
1176年から250年ほどかけて建造されたそうです。
こちらの写真の左側にある尖塔の高さは142mもあるんです。

教会内のクワイヤはロマネスク様式。
日本では見られないような教会の大きさにきっと驚くことでしょう。

ロマネスクようしき【ロマネスク様式】

10世紀末から12世紀にかけてヨーロッパ各地に見られた建築・美術様式。建築物は石造の厚い壁や半円アーチを持つのが特徴。フランスのサン・トロフィーム教会、イタリアのピサ大聖堂、スペインのサンティアゴ・デ・コンポステラ大聖堂などが代表例

出典:kotobank.jp

パリのノートルダム大聖堂に負けないくらい、ストラスブール大聖堂のステンドグラスも素敵なんですよ。
4600パネル以上ものステンドグラスがあるそうです。

3:‘セントポール教会’がやばい

3:‘セントポール教会’がやばい

出典: shutterstock

2本の尖塔が特徴的な「セントポール教会」。
1897年に建築家ルイス・ミュラーによって建設されたネオゴシック様式の建築です。
1つ前に紹介したストラスブール大聖堂に次ぐ大きさだそうです。

出典: shutterstock

この教会にはストラスブールで最も大きいパイプオルガンがあります。
ぜひ見に行ってみてはいかがでしょうか?

4:近くにある‘コルマール’がやばい

4:近くにある‘コルマール’がやばい

出典: shutterstock

街並みがメルヘンすぎる街「コルマール」。
ワインの名産地としても有名なので、気になる方は飲んでみて。

また、ストラスブールではコウノトリが幸せの象徴とされています。
コルマールでもコウノトリモチーフの商品がいろいろ売っているそうなので、お土産にして帰るといいかも。

こちらはジブリ作品「ハウルの動く城」で帽子屋のモデルとなったといわれている建築です。
コルマールはおしゃれなだけあって、日本の映画における作品作りの参考にされたかもしれないですね。

日本とは違う魅力で溢れてる

日本とは違う魅力で溢れてる

ストラスブールの魅力は伝わったでしょうか?
訪れるだけで文化を感じられそうでぜひ行ってほしい場所です。

関連する記事

こんな記事も人気です♪

フランス1周旅行。フランスの魅力をギュッと詰め込んだ夢の旅へようこそ♡

フランス1周旅行。フランスの魅力をギュッと詰め込んだ夢の旅へようこそ♡

  • cowgirl公式
  • 12780view
気分はまるでパリジェンヌ♡フランスを感じる国内スポットへお出かけ

気分はまるでパリジェンヌ♡フランスを感じる国内スポットへお出かけ

  • sasamichan公式
  • 12354view
夏までにお金貯めて訪れる「南フランス」の幸せバカンス。南仏で楽しむ4泊5日の旅

夏までにお金貯めて訪れる「南フランス」の幸せバカンス。南仏で楽しむ4泊5日の旅

  • cowgirl公式
  • 16540view
見習いたい美しさ。『フランス人は○○』の本から学ぶ、パリジェンヌ流の暮らし方

見習いたい美しさ。『フランス人は○○』の本から学ぶ、パリジェンヌ流の暮らし方

  • ぽちゃっこ公式
  • 20647view
今日のコーデのテーマは「世界の絶景」。美しい街からインスピレーションを受けてみよう

今日のコーデのテーマは「世界の絶景」。美しい街からインスピレーションを受けてみよう

  • kariso公式
  • 4697view

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター

まなもん公式

Bloom where God has planted you.

旅行・おでかけの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。