マツエクが長持ちするお手入れって?5つのポイントでおめめぱっちり美人をキープして
おこめおこめ

マツエクが長持ちするお手入れって?5つのポイントでおめめぱっちり美人をキープして

毎日のアイメイクを楽チンにしてボリュームや長さもアップしてくれるという魅力だらけのマツエク。理想のまつげを長持ちさせるためのお手入れと意識したいポイントをご紹介。オイルフリーのクレンジングを使う、濡れたら乾かす、コームやブラシで整える、まつげ美容液で自まつ毛をケアする、こすったりうつ伏せで寝ないことを意識してみて。

更新 2019.06.13 公開日 2019.06.13
目次 もっと見る

楽チンで目元美人になれちゃうマツエク

ボリューム、長さ共にメイクいらずでメイクしたような美しさが手に入っちゃうまつげエクステ。

朝のアイメイクにかかる時間が減らせたり、すっぴんになっても目元のインパクトがキープできたり、魅力がたくさんありますよね。

ぶっちゃけ、お手入れって何すればいいの?

そんなマツエク、長持ちさせたいけど一体どんなことに気をつけたら良いの?

ここではマツエクを長持ちさせるためのお手入れの方法や、生活の中で意識したいポイントをご紹介します。

1:クレンジングはオイルフリーを選んで

水クレンジングやミルクタイプがオススメ!

水クレンジングやミルクタイプがオススメ!

毎日のお手入れでまず注意したいのが、クレンジングの工程。

自まつ毛とマツエクを接着しているグルーは油分との相性があまりよくないので、クレンジングはオイルフリーのものがオススメです。
ゴシゴシ落とすのではなく、できるだけ摩擦による負荷をかけないように落としてあげましょう。

ビフェスタの水クレンジングでするんとオフ!

クレンジングローション ブライトアップ

¥609

Bifesta(ビフェスタ)
化粧水から生まれた水クレンジングは、オイルフリーだからマツエクをしていても使えるみたい。
くすみの原因となるような、古い角質も落としてくれるんです。

2:濡れたらきちんと乾かす

ティッシュでポンポン、優しい拭き取りを

ティッシュでポンポン、優しい拭き取りを

水に強いとは言いつつも、濡れていない方がマツエクの持ちは良くなります。
洗顔後など顔が濡れている時は、水気を拭き取ってあげましょう。

タオルだと細かい繊維が絡まりやすいので、ティッシュの方が良さそう。

ドライヤーの冷風で優しく乾かして

ドライヤーの冷風で優しく乾かして

ティッシュなどを使ってポンポンと抑えるように水分を拭き取った後は、ドライヤーを使って乾かしてあげましょう。

マツエクは熱にも弱いので、冷風を優しくあてるようにするとよりダメージを抑えられます。

3:コームやブラシで正しい向きに揃える

3:コームやブラシで正しい向きに揃える

基本的にマツエクは自まつ毛に接着する形のものですから、自まつ毛の生えグセに影響されたり、繊細なパーツゆえに絡まってしまうことも。

コームやブラシなどを使って優しくとかしながら、正しい向きに揃えてあげるようにしましょう。

資生堂のコームでまつげを理想のフォルムに

マスカラコーム

¥385

資生堂
程よい目の細かさでまつ毛を整えられる、まつげ専用のコーム。
マスカラなどのダマを取るアイテムとしても活用できちゃいます。

4:美容液で自まつ毛のケアもしっかり

マツエクをすると、自まつ毛へのダメージも気になりますよね。

自まつ毛が弱って抜け落ちてしまうと、マツエクも取れてしまうので、美容液を使って自まつ毛のケアも欠かさずに行うようにしましょう。

ロレアル パリで長さも濃さもある強いまつ毛に

まつ毛美容液 ラッシュセラム

¥1,080

L'OREAL PARIS(ロレアル パリ)
3つの成分で長く、濃く、強いまつ毛に導いてくれるまつ毛美容液。
ゆるいカーブの効いたスポンジブラシがまつ毛にフィットして、塗りやすいのも嬉しいですよね。

こすったりうつ伏せで寝るのはNG

とにかく目元に触れないこと意識!

マツエクをしている時は、普段以上に摩擦によるダメージを与えないように意識してみてください。

目元をこすったり、気になってむやみに目元に触れたりするのは、避けた方が良さそう。

ぺちゃんこまつげを防ぐ!寝るときは仰向けで

摩擦だけじゃなくて、せっかく形を整えたまつ毛がつぶれないようにするためにも、寝る時もできるだけうつ伏せではなく仰向けを意識してみて。

お手入れというよりは何気ない習慣だけど、気をつけておきたいですよね。

おまけ:太さと本数を変えるのもオススメ

細い=軽いで長持ちに?

とにかく長持ちさせたい!という人は日頃のお手入れもそうだけど、オーダーするデザインを工夫してみると良いかも。

軽い素材のエクステの方が持ちが良くなるのと同じように、細いエクステもまた、持ちがちょっぴり良くなるみたいなんです。

細くして本数を増やすのがオススメ

太さを細くして本数を増やせば、仕上がりのインパクトは変えずに持ちを良くすることができるはず。

最近は定番として0.15mmを取り入れている人も多いようですが、今度は0.10mmにチャレンジしてみるのも良いかも。

このまつ毛美人を長くキープしちゃって

マツエクがより長持ちするような日頃のお手入れや、意識したいポイントについてご紹介しました。
ぜひ参考にして、美しい目元を長続きさせちゃってくださいね♡

spacer

RELATED