夏だからって気を抜いちゃダメ。冷房に負けない乾燥対策で肌を守りぬけ♡

夏だと手を抜いてしまいがちな乾燥対策ですが、冷房下ではかなり肌は乾燥しています。この記事では、夏の乾燥対策を5つ紹介。加湿器を使ったり、水分を積極的に摂取したりするだけでなく、オフィスでも実践できるメイク直しや乾燥対策を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね♡

冷房なしじゃ乗り切れない(汗)

冷房なしじゃ乗り切れない(汗)

5月下旬の段階で30度超えと、夏が本格化したら一体何度になるんだろうと思うほどの暑さ。
暑い季節がやってくるとどうしても冷房に頼ってしまいがちですが、冷房を使う上で気をつけなければならないのが、“乾燥対策”。

夏だからといって乾燥対策をしないのは危険!今回は、夏用の乾燥対策を紹介していきます◎

そもそもエアコンの適正温度は?

そもそもエアコンの適正温度は?

暑くなるとどんどんエアコンの設定温度を下げてしまいがちですが、環境省が定めている適正温度は28度。

CO2を削減するために設定されている温度ですが、下げすぎてしまうと夏風邪や乾燥を促進してしまう可能性が高まるので、一つの目安として参考にしてみてください♩

環境省は、平成17年から地球温暖化対策のため、冷房時の室温を28℃で快適に過ごせる軽装や取組を促すライフスタイル「COOLBIZ(クールビズ)」を推進しています。

出典:ondankataisaku.env.go.jp

①加湿器で湿度を上げる

①加湿器で湿度を上げる

乾燥してしまう一つの要因としてあげられるのが、冷房の使用による湿度の低下。
加湿器で湿度を上げることによって、乾燥を防ぎます。

ちなみに、加湿器を置く場所は部屋の中央がいいみたい。部屋の端に置くと、結露によりカビになってしまい、より室内環境が悪化してしまう可能性があるので気をつけてね◎

部屋の端におくと、家具や壁、ガラスなどにあたって結露し、カビの原因になる可能性がある。夏の窓は外気に温められているから安心だと思うかもしれないが、ガラスは比熱が低く、エアコンの効いた部屋では冷たくなりがちだ。

出典:www.homes.co.jp

②水分を積極的に摂取する

②水分を積極的に摂取する

外出している時は、熱中症にならないようにと水分を摂取するよう心がけますが、室内にいると涼しくてどうしても水分を摂るのを忘れてしまいがち。

しかし肌の乾燥を防ぐために、水分を摂ることは大切。肌がカサカサしてしまわないように、水分をこまめに摂取して夏でも潤い肌をキープしよう!

③朝晩でスキンケアを行う

③朝晩でスキンケアを行う

肌を乾燥から守るには、何よりスキンケアが必要不可欠。
朝晩と2回しっかり行うことで、乾燥に負けない肌を作っていきます♡
今回は、朝のスキンケア法と夜のスキンケア法を細かく説明していきます!

▷朝のスキンケア

▷朝のスキンケア

朝のスキンケアの基本的な順番は、洗顔→化粧水→美容液→乳液。
夏は、皮脂の分泌量が増える時季なので、夜にしっかりと洗顔をする方でも、朝の洗顔を忘れずに。寝ている間に溜まった皮脂を洗い落としましょう◎
洗顔後はすぐに化粧水と美容液で保湿をし、乳液でしっかり潤いを閉じ込めて♩

▷夜のスキンケア

▷夜のスキンケア

夜のスキンケアの基本的な順番は、クレンジング→洗顔→化粧水→美容液→乳液→クリーム。
特にクレンジングと洗顔をしっかり行い、一日に溜まった皮脂汚れやメイク汚れを次の日に持ち越さないようにしましょう!

また最後にアイクリームなどを用いて、パソコンやスマホで疲れた目を労ってあげるのもいいですね♡

「ブースター」を活用しよう

「ブースター」を活用しよう

みなさん、ブースター化粧品を使っていますか?
コスメマニアの間で数年前から人気のアイテムなのですが、ブースター化粧品を使うと肌が柔らかくなり、化粧水や保湿クリームが浸透しやすくなるようです◎

朝晩のスキンケアの場合、洗顔を終え、化粧水を使う前に導入してみるといいかもしれません。

ブースター化粧品とは、化粧水の前につける導入美容液のことです。通常、クレンジングと洗顔の後には、化粧水を使って肌の状態を整えていくものです。

出典:jp.melvita.com

ジンセン ロイヤルシルク エマルジョン

商品

ジンセン ロイヤルシルク エマルジョン

¥2,496

「NATURE REPUBLIC」
自然派コスメを展開している、NATURE REPUBLIC。鮮やかなグリーンのパッケージが、爽やかな気分にしてくれそう。潤いのある滑らかな肌へと導いてくれます♩

④ミスト化粧水を持参する

④ミスト化粧水を持参する

自分の部屋だと温度調整ができるから、まだ乾燥対策がしやすいかもしれませんが、オフィスなど自分で温度調整ができない場合は、ミスト化粧水が活躍してくれるかも◎

夕方までに1〜2度、顔全体に吹きかけてみて。バッグに持ち運べるミニサイズのものも販売されているので、持ち運びも苦になりません。

モイスト プラス フェイスミスト

商品

モイスト プラス フェイスミスト

¥955

「世田谷コスメ」
メイクの上から使える、ミスト化粧水。オーガニック成分のアルプスの氷河水を使用しており、つっぱりやすい冷房下での肌を優しく守ります。

⑤メイク直しは乳液を使う

⑤メイク直しは乳液を使う

夏は皮脂が気になって、あぶらとり紙を使いがち。
ですが、あぶらとり紙を使いすぎてしまうと、必要な皮脂まで吸い取ってしまうので、かえって肌が乾燥してしまうことがあります。

夏のメイク直しは、乳液がポイント。汗を軽くティッシュオフしてから、保湿や下地の役割がある乳液を軽く馴染ませてメイク直しをするようにしてみて♩

【乳液の効果】
・洗顔で失われた皮脂膜に代わって肌表面を保護する
・化粧水の水分や成分が失われるのを防ぐ
・セラミドなどの美容成分を肌に届ける

出典:www.moonyu.jp

薬用 雪肌精 乳液(医薬部外品)

商品

薬用 雪肌精 乳液(医薬部外品)

¥680

「KOSE」
持ち運べるミニサイズなので、カバンに入れておいていつでもサッとメイク直しができます♡メラニンの生成を抑え、日やけによるシミ・ソバカスを防いでくれます。

乾燥知らずの無敵肌へ

乾燥知らずの無敵肌へ

冷房にあたりすぎて、肌を乾燥させてしまったり体調を崩してしまったら悲しいから。
夏だからって油断せずに、しっかり乾燥対策を行なっていきましょう♡

関連する記事

こんな記事も人気です♪

きちんと紫外線カットできてる?夏の頭皮の日焼け対策&アフターケア♡

きちんと紫外線カットできてる?夏の頭皮の日焼け対策&アフターケア♡

  • ねこ太郎公式
  • 9381view
あっ、またヤツが現れた。夏を思いっきり楽しむための“夏ニキビ対策”how to

あっ、またヤツが現れた。夏を思いっきり楽しむための“夏ニキビ対策”how to

  • lumiukko公式
  • 13808view
夏の保湿対策考えてますか?ペタペタで“潤ってる”勘違いに注意、本当の潤いをget

夏の保湿対策考えてますか?ペタペタで“潤ってる”勘違いに注意、本当の潤いをget

  • honoka公式
  • 15157view
知ってましたか?夏は意外と乾燥するんです。「加湿器」で夏の乾燥対策始めよう

知ってましたか?夏は意外と乾燥するんです。「加湿器」で夏の乾燥対策始めよう

  • omkchan公式
  • 3360view
夏の紫外線対策、日焼け止めだけ?美肌女子を目指す“UVカット”アイテム集

夏の紫外線対策、日焼け止めだけ?美肌女子を目指す“UVカット”アイテム集

  • Mokha公式
  • 4413view

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター

momohana公式

MADE IN JAPAN, MADE WITH LOVE

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。