野菜やお花で作られているの。mizuiroのクレヨンで久しぶりにお絵かきしよう
furamaufuramau

野菜やお花で作られているの。mizuiroのクレヨンで久しぶりにお絵かきしよう

おやさいクレヨン、おはなのクレヨン、おこめのクレヨン、おやさいねんどなど、mizuiro(水色)の製品は野菜や果物、お花などの粉末を使った自然の色で作られているんです。自然由来の色を楽しみながらお絵かきが楽しめるんです。大人でも集めてお絵かきしたくなるクレヨンです。プレゼントやご褒美にぴったりです。

更新 2019.06.05 公開日 2019.06.05

食べ物でできているの?

こちらのクレヨン、実は野菜を使用してできているんです。

mizuiro(水色)のクレヨンは野菜や果物、お花などの自然の色で作られています。

本物の食べ物の粉末が入っていて、クレヨンを作るための油もおこめで作られているので、自然な色を楽しみながらお絵かきができるんです。

今回はそんなmizuiroの素敵なクレヨンと、ねんどを紹介します。
子どもはもちろん、大人でも集めてお絵かきしたくなるはずです。

おやさいクレヨン、おはなのクレヨン、おこめのクレヨン、おやさいねんどが登場しますよ。

mizuiroの公式サイトはこちらから↓

。** おやさいクレヨン

まず紹介するのは「おやさいクレヨン」です。

「米油」をベースに「野菜パウダー」などで着色したクレヨン。
例えば黄色ならとうもろこし、茶色ならごぼうで作られているんです。

野菜の色がついた名前はナチュラルな魅力で溢れていますね。

「おやさいクレヨン」に使用している野菜は、規格外や、出荷するときにカットされる部分など、普段なら廃棄されてしまうところを使っているので、環境にも優しいんです。

また、60年以上の歴史を持つクレヨン工場の職人さんが作っているなど、とてもこだわりのあるクレヨンです。

そんな優しい気持ちになれるクレヨンは、BASEや楽天市場などで販売されています。

自然物で描くという体験をぜひ。

「おやさいクレヨン」の購入はこちらから↓

。** おはなのクレヨン

次に紹介するのは、「おはなのクレヨン」です。

お野菜クレヨン同様、本物のお花の粉末を使った植物性のクレヨンになっています。
大人でもコレクションしたくなる美しいクレヨンです。

実はそんな「おはなのクレヨン」は、最近リニューアルをしたのです。

最新の「おはなのクレヨン」の色の種類はこちらの5つ。
・バタフラピー(鮮やかなブルー)
・バラ(淡いピンク)
・ハイビスカス(艶やかなレッド)
・ヘナ(落ち着いたグリーン)
・ローズヒップ(優しいオレンジ)
となっているそうです。

贈り物や、自分へのご褒美。
子どもから大人まで喜ばれそうですね。

「おはなのクレヨン」の購入はこちらから↓

。** おこめのクレヨン

次に紹介するのは、「おこめのクレヨン」。

こちらはお米を精米する際に採れる「米ぬか」を絞ってできた油を使ったクレヨンです。
「おやさいクレヨン」や「おはなのクレヨン」と比べて、16種類と色が多いのも魅力の一つですね。

「おこめのクレヨン」では色を表しきれないような灰色や鮮やかな赤を表現できるので、絵の幅がさらに広がりそうですね。

子どもへのプレゼントにもぴったりです。

「おやさいクレヨン」や「おはなクレヨン」とセットでプレゼントしても素敵ですね。

きっと喜んでくれるはず。

「おこめのクレヨン」の購入はこちらから↓

。** おやさいねんどもあるの

最後に紹介するのは番外編。

実はmizuiroでは「おやさいクレヨン」の他にも「おやさいねんど」も販売しているんです。
アースカラーの自然色が魅力な粘土です。

こちらもリニューアルを重ねて進化し続けているんです。

コーンスターチを主成分に作られた粘土は、しっかりと陶器のように固まるので、素敵な作品ができるはず。

緑茶やコーヒーで作られている粘土の色もあるんです。

これからのリニューアルでもどんなものを使った粘土が登場するのか楽しみですね。

おやさいねんどの購入はこちらから↓

久しぶりにお絵かきしてみる?

久しぶりにお絵かきしてみる?

大人でも欲しくなってしまうクレヨン。

久しぶりにお絵かきを楽しんで、新しい趣味を開拓してもいいかも。

spacer

RELATED