気になるシミはコンシーラーでカバーしちゃって。色選びのコツやオススメをご紹介

シミはコンシーラーでカバーを。色など選び方のコツや、プチプラでは「CEZANNE」「CANMAKE」「the SAEM」「media」「KATE」、デパコスでは「資生堂」「NARS」「YVES SAINT LAURENT」「IPSA」「RMK」「LAURA MERCIER」「bareMinerals」のアイテムを紹介。

最近の悩みは…シミの存在です

最近の悩みは…シミの存在です

出典: jp.stylenanda.com

最近の悩みといえば…お肌にポツポツと現れだした「シミ」の存在。
今までのベースメイクじゃ、なかなか隠しきれなくなってきたかも…。

これって一体どうすれば良いの?

コンシーラーで徹底的にカバーしちゃって!

コンシーラーで徹底的にカバーしちゃって!

出典: jp.stylenanda.com

気になるシミはコンシーラーを使ってうまくカバーしちゃいましょう。
ここではシミのカバーに使うコンシーラーを選ぶ時のポイントや、オススメアイテムをご紹介します。

コンシーラーは何色を選べばいいの?

自分の肌より少し暗めのトーンを

自分の肌より少し暗めのトーンを

出典: shutterstock

コンシーラーを選ぶ時に悩みがちな問題の1つが色の選び方。
シミのカバーには自分の肌よりワントーン暗めの色を選んであげるのがオススメです。

明るめの色だと逆に目立ってしまうので要注意!
事前に自分の肌と合うか、しっかり確認してから購入してみて。

明るい色だとシミがグレーに浮き出てしまうので、肌の色よりもワントーン暗めのものを選ぶのがポイント

出典:maquia.hpplus.jp

使うパーツに合わせたタイプをチョイス

使うパーツに合わせたタイプをチョイス

出典: shutterstock

コンシーラーの中にもクリームタイプやスティックタイプなど様々なタイプがありますが、これはカバーするパーツに合わせて選んであげると良いみたい。

皮膚も薄くヨレがちな目元や、ピンポイントでカバーをしたい時には、ペンシルタイプやチップタイプのアイテムを。
カバーしたい面積が大きい時や、しっかりめにカバーしたい時は、クリームタイプやスティックタイプがオススメです。

オススメITEM<プチプラ編>

キープ力はお値段以上の「CEZANNE」

キープ力はお値段以上の「CEZANNE」

出典: prtimes.jp

まず紹介するのは『CEZANNE(セザンヌ)』の「ストレッチコンシーラー」。

高いカバー力がありながら、表情の動きに合わせてピタッと密着し、よれたりシワになりにくいストレッチ処方が魅力的なアイテム。
紫外線防止剤入りで日焼け対策もできちゃうのが嬉しいですね。

購入はこちら

あなたにぴったりの色が作れる「CANMAKE」

あなたにぴったりの色が作れる「CANMAKE」

出典: up.myreco.me

お次は『CANMAKE(キャンメイク)』の「カラーミキシングコンシーラー」。

3色のカラーを組み合わせて、自分に合わせた色味を作れるパレットコンシーラー。
軽い質感で厚塗り感を感じさせないのも魅力的です。
シミのカバーにはダークカラーをベースにした色を作ってあげると良さそう。

購入はこちら

高密着で薄塗りOK!人気の「the SAEM」

高密着で薄塗りOK!人気の「the SAEM」

出典: prtimes.jp

続いてのオススメは『the SAEM(ザ・セム)』の「カバーパーフェクション チップコンシーラー」。

韓国コスメの中でも特に評価の高いアイテムは、密着力が高くピタッと綺麗な状態を長時間キープしてくれます。
肌の屈折率に近いソフトフォーカスパウダーが自然にカバーしてくれるから、薄塗りでもOKなのが嬉しい♡

購入はこちら

コスパ良しでナチュラルに仕上がる「media」

コスパ良しでナチュラルに仕上がる「media」

出典: lipscosme.com

こちらは『media(メディア)』の「コンシーラーa」。

なめらかなクリームタイプなのでお肌にもフィットして、気になるところをナチュラルにカバーしてくれちゃうコンシーラー。
クリームタイプの中ではコンパクトなパッケージで、ポーチに入れて持ち運びもしやすそうですね。

購入はこちら

スティックタイプでしっかりカバー「KATE」

スティックタイプでしっかりカバー「KATE」

出典: lipscosme.com

プチプラのラストは『KATE(ケイト)』の「スティックコンシーラーA」。

カバーしたいポイントにしっかりめに塗れるスティックタイプのコンシーラーです。
ピタッと密着してベタつかないのも嬉しいポイント。
気になるところにぽんぽん、スルスルと塗り広げて指でなじませて完成です。

購入はこちら

オススメITEM<デパコス編>

ピカイチのカバー力を誇る「資生堂」

ピカイチのカバー力を誇る「資生堂」

出典: lipscosme.com

お次は『資生堂』の「スポッツカバー ファウンデイション」。

シミはもちろん、傷あとや痣も隠せるほどカバー力に定評のあるアイテムで、とにかくしっかり隠したい!という人にオススメ。
指などでポンポンとのせられて、お肌にしっかりフィットするクリームタイプのコンシーラーです。

購入はこちら

リッチな光沢肌を演出する話題の「NARS」

リッチな光沢肌を演出する話題の「NARS」

出典: up.myreco.me

ここからはデパコスのオススメコンシーラーをご紹介。
まずは『NARS(ナーズ)』の「ラディアントクリーミーコンシーラー」。

クリーミーな質感で、カバー力は重ね塗りによって好みに調節できるみたい。
ナチュラルで光沢感のある仕上がりが、ソフトで美しい印象を演出してくれること間違いなし。
コスメマニアからも定評のあるアイテムです。

購入はこちら

カバーも保湿も「YVES SAINT LAURENT」

カバーも保湿も「YVES SAINT LAURENT」

出典: lipscosme.com

続いては『YVES SAINT LAURENT(イヴ・サンローラン)』の「ラディアント タッチ」。

筆ペンタイプのコンシーラーなので、隠したいところをピンポイントで捉えることができ、自然なツヤ肌に演出してくれます。
スキンケア効果もあるので、乾燥が気になる目元に使えちゃうのも嬉しいポイント。

購入はこちら

お肌にベストなカラーで美しく見せる「IPSA」

お肌にベストなカラーで美しく見せる「IPSA」

出典: up.myreco.me

お次は『IPSA(イプサ)』の「クリエイティブコンシーラー EX」。

それぞれの肌色に合わせた3色をブレンドすることができる、ちょっぴり贅沢なコンシーラーパレット。
光の効果で肌に馴染ませることで、しっかりカバーをしながら透明感のある仕上がりを実現できちゃうんです。

購入はこちら

ナチュラルきれいを叶える「RMK」

ナチュラルきれいを叶える「RMK」

出典: lipscosme.com

続いては『RMK』の「スーパーベーシック リクイドコンシーラー N」

柔らかめのテクスチャーで、気になる部分をナチュラルにカバーしてくれる筆ペンタイプのコンシーラー。
保湿成分も入っており、メイク直しにもオススメのアイテムです。

購入はこちら

潤いながらカバーする「LAURA MERCIER」

潤いながらカバーする「LAURA MERCIER」

出典: prtimes.jp

こちらは『LAURA MERCIER(ローラ メルシェ)』の「フローレス フュージョン ウルトラ ロングウェア コンシーラー」

美容成分を配合することで、カバーをしながら保湿もできて、快適なつけ心地と透明感のあるお肌を叶えてくれるコンシーラー。
シワや毛穴、目元にも使えて、気になる部分をしっかりカバーしてくれちゃいます。

購入はこちら

ミネラルできれいを叶える「bareMinerals」

ミネラルできれいを叶える「bareMinerals」

出典: lipscosme.com

ラストは『bareMinerals(ベアミネラル)』の「ベアプロ フル カバレッジ コンシーラー」。

クリーミーなテクスチャーで、サッとひと塗りでもしっかりカバーできちゃうのが嬉しいポイント。
ミネラル豊富な成分が過剰な皮脂を抑えてくれるから、長時間つけたての状態をキープしてくれます。

購入はこちら

シミをカバーしてもっとメイクを楽しもう♡

シミをカバーしてもっとメイクを楽しもう♡

出典: up.myreco.me

気になるお顔のシミはコンシーラーを使ってカバーして、メイクをとびきり楽しんじゃいましょう。

プチプラとデパコスの中から、シミのカバーにオススメのコンシーラーをご紹介しました。
参考にしてみてくださいね。

ベースメイクにコンシーラーは使っていますか?ファンデーションを重ねればいいからって使っていない人も多いのではないでしょうか。コンシーラーを使うことニキビ跡やくまなどを綺麗にカバーし、ファンデーションだけで仕上げるよりも綺麗なベースメイクができるんです。改めてコンシーラーを使うメリットをチェックしましょう。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

メイク・コスメの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。