気付いてる?夏休みまで3ヶ月しかないって。本気で痩せたい女子必見のホットヨガ

夏休みまであと3ヶ月、今年こそは痩せて最高の夏を手に入れたい!と思っている女子へ。今年はホットヨガに挑戦してみませんか?気になるそのメリットと併せて確認したい注意点を教えちゃいます。スタジオに通うのはお金がかかるからこそ、本気で頑張ることができるかもしれません。さあ、ホットヨガで理想の体を目指しましょう。

夏休みまであと3ヶ月しか

夏休みまであと3ヶ月しか

ついこの間元号が変わったと思ったら、もう梅雨の時季に入ろうとしていて。
暑くも寒くもないこれくらいの気温が過ごしやすくて好きなのに。

あっという間に夏休みがやってくるんだね。
3ヶ月って長いようで、きっと一瞬なんだろう。

さすがに今年は痩せたい!(決心)

さすがに今年は痩せたい!(決心)

出典: jp.stylenanda.com

夏に限らず、四六時中「痩せたい」「細くなりたい」「綺麗になりたい」「モテたい」なんて口にしている私だけど。

さすがに今年は、今年の夏こそは、ちゃんと痩せて最高の夏休みを過ごしたいんです!

ホットヨガをはじめませんか?

ホットヨガをはじめませんか?

出典: shutterstock

そんな、今年は本気で痩せたい!と考えるあなたへ。

夏休みに向けてホットヨガに挑戦してみませんか?
通常のヨガに比べて、温度と湿度が高い室内で行うホットヨガにはたくさんのメリットがあるんです。

さらに、家ではなくあえてお金を払って外で行うことで自分の意識も高まりそう。
今回はそんなホットヨガのメリットや注意点、通いたいスタジオを紹介していきますね。

メリット1_効率良く代謝アップ

メリット1_効率良く代謝アップ

出典: shutterstock

ホットヨガは、室内を温度38~40℃、湿度55~65%程度に調整した環境で行われるんです。
あえて暑い室内で行うことで、発汗作用が高まり効率良く代謝アップを狙うことができます。

慣れるまでは少し辛いかもしれませんが、徐々にそれが快感に変わっていくかもしれません。

ホットヨガとは、室温を38~40℃、湿度を55~65%に調整した空間の中で行うヨガのことを言います。
室温と湿度を上げることで老廃物が排出されるため、ダイエットや美肌効果が期待できます。
筋繊維が柔らかく伸ばしやすくなるので、ヨガ中に筋肉を傷めにくくなる効果もあります。

出典:www.hotyoga-caldo.com

メリット2_姿勢改善

メリット2_姿勢改善

出典: shutterstock

ホットヨガには姿勢改善というメリットもあるんです。
ゆっくりとポーズを取ることで、丁寧に姿勢を作ることができるので初心者でも安心。
健康的に痩せるためにも、姿勢改善というポイントは大事な部分ですね。

普段猫背で困っている方や、デスクワークが多いOLの方などには特にオススメです。

ホットヨガではインナーマッスル(内部の筋肉)を鍛えるポーズが多く、日常で起こる様々な歪みを修正,改善に繋げ体重ダウン以前から美しいプロポーションに導きます。

出典:www.yogaroom.jp

メリット3_運動が苦手でも大丈夫

メリット3_運動が苦手でも大丈夫

激しい運動が苦手だからなかなか痩せられない…と悩んでいる方にも、ホットヨガがオススメ。

難しいポーズはありますが、ゆっくりとしたペースでやっていくので運動神経に自信がなくても大丈夫なんです。
スポーツをして痩せるのも良いですが、ヨガなら1人でできるので続けられそう。

注意点1_水分補給を忘れずに

注意点1_水分補給を忘れずに

出典: shutterstock

ホットヨガにはメリットがたくさんありますが、挑戦するときは注意点ももちろんあります。

例えば、水分補給を忘れないようにすること。
ただでさえホットヨガは暑い環境で行うものなので、たくさん汗をかくはず。
かなりの体力を消耗するので、多めに水を持っていってこまめに水分を取るようにしましょう。

さらに、ホットヨガにハマってもはじめからガンガン行うのは避けた方が良いそう。
自分のペースを考えながら徐々に増やしていく感覚で。

ホットヨガに欠かせないのが、こまめな水分補給です。ホットヨガをする際には、必ず1リットル以上は水を持参するようにしましょう。

出典:beauty.hotpepper.jp

注意点2_通わないと効果がないかも

注意点2_通わないと効果がないかも

出典: shutterstock

一度でものすごい量の汗をかいて満足する方も多いかもしれませんが、ホットヨガへは定期的に通わないとダイエットとしての効果は見られないかもしれません。

趣味程度であれば月に一度程度で良いかもしれませんが、本格的にダイエットを目的とするのであれば週に2〜3回を目安に通ってみましょう。

週1で通うよりも週2〜3で通った方が効果が出やすくて、その分早く痩せられるでしょう。もちろん、月4回でも効果はあると思いますが、より早く痩せたいなら回数を見直してみることが必要です。

出典:common-fitness.com

注意点3_お金がかかる

注意点3_お金がかかる

出典: shutterstock

ただ家の周りを散歩、というわけではないのでもちろん通うにはお金がかかります。
また、ウェアやマットを自分で揃えようとなると初期費用も。

ですがその分専門の方に教えてもらえるというメリットもありますよ。

1回〇〇円というところ、通い放題のところなど様々なタイプがあるので、自分に合ったスタジオを探してみるのが良さそうです。

どこでホットヨガに挑戦する?

全国に410店舗以上!のLAVA

全国に410店舗以上!のLAVA

出典: prtimes.jp

「ホットヨガスタジオ LAVA(ラバ)」は全国に410店舗以上を展開するホットヨガスタジオ。

なんと2019年5月1日から6月30日までの期間限定で、3ヶ月間通い放題が月額3,100円というキャンペーン中。

500円で手ぶら体験もできちゃうので、近くの店舗で予約してみてくださいね。

出典: prtimes.jp

さらに今ラバの公式アカウントをLINEで友達追加すると、「うさぎ帝国」とのコラボスタンプが無料でもらえちゃうんです♡

シュールで思わず笑ってしまうスタンプばかりなので、ぜひ友達追加してダウンロードしてみてくださいね。
※2019年5月14日から6月10日まで

予約いらず!のCALDO

予約いらず!のCALDO

出典: shutterstock

イタリア語で温かいという意味を持つ、『CALDO(カルド)』。
初心者が楽しめるビギナーヨガから、ダイエットが期待できるプログラム、美脚に特化したプログラムなど様々なものがありますよ。

さらに予約なしでもすぐに参加できるというところが嬉しいですね。
レンタル品も充実しているので、仕事帰りなどにサクッと寄ることができます。

出典: shutterstock

カルドは遠赤外線床暖房を使っていて、ひなたぼっこをするような暖かさでホットヨガを行うことができるんだとか。
赤外線は別名「生命と健康の光線」とも言われているんですよ。

もちろん体験もあるので、友達と一緒に参加してみて。

ホットヨガスタジオ・教室ならカルド【CALDO】。人気のハタヨガからダイエット、リラックス、美容効果抜群のおすすめプログラムまで安心・安価で提供しています。全国にスクールを展開、事前予約不要で気軽にヨガ体験!初心者歓迎!体験予約受付中!

水陸両用 4点セット スポーツウェア

ZOZOTOWN

商品

水陸両用 4点セット スポーツウェア

¥10,584

FILA

思わずテンションが上がりそうなスポーツウェアをGETしてみては?
袖が可愛いTシャツと伸縮性のあるキャミブラとショートパンツ、ブラックレギンスの4点セットです。

ホットヨガで人生最高の夏休みを

ホットヨガで人生最高の夏休みを

もしかしたら途中でくじけてしまうかもしれないけど、続ければきっと良いことがあるはず。
とりあえず試してみなくちゃわからないから、まずは体験してみようっと。

今年はホットヨガに挑戦して、人生最高の夏休みを手に入れてみせる。

関連する記事

こんな記事も人気です♪

媚びないスポーティーな私に。デイリーからヨガまでお洒落な『emmi』の魅力とは

媚びないスポーティーな私に。デイリーからヨガまでお洒落な『emmi』の魅力とは

  • suchan88公式
  • 7965view
10分あったらヨガしよう。美容と健康に“太陽礼拝”が効果バツグンなんです

10分あったらヨガしよう。美容と健康に“太陽礼拝”が効果バツグンなんです

  • みね公式
  • 21054view
歴3年の筆者が熱弁します。暑い中でやるからこそ燃える!ホットヨガの魅力

歴3年の筆者が熱弁します。暑い中でやるからこそ燃える!ホットヨガの魅力

  • momohana公式
  • 6514view
[9/14〜10/8]「ミッドパーク ヨガ」開催!¥0でヨガ美活

[9/14〜10/8]「ミッドパーク ヨガ」開催!¥0でヨガ美活

  • 実芭蕉公式
  • 1969view
ジム・ヨガ・ランニング、そろそろ本気で始めたい。大人の“スポーツブラ”選び

ジム・ヨガ・ランニング、そろそろ本気で始めたい。大人の“スポーツブラ”選び

  • 公式
  • 21642view
この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター

sayamaru公式

普通が一番むずかしい?

美容の記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。