太陽を避けた涼しい部屋で、恋したくなった。わたしを成長させてくれる恋愛小説たち

夏だからって、いつだって活動的でいなければいけない訳ではないでしょう。越谷オサムさんの「陽だまりの彼女」、東野圭吾さんの「パラレルワールド・ラブストーリー」など。今日は太陽を避けた涼しい部屋で、泣いたり、考えさせられたり、振り回されたり、様々なラインナップの恋愛小説に浸って、恋に触れることにしませんか?

みんなが活動的じゃなくてもいいじゃないか

みんなが活動的じゃなくてもいいじゃないか

出典: unsplash.com

夏だ!プールだ!祭りだー!
なーんて。

夏だからって、
みんながみんな活動的じゃなくたって、
一日中ごろごろ過ごす日があったって、
いいじゃないか。

太陽を避けた涼しい部屋で、私は恋に触れる

太陽を避けた涼しい部屋で、私は恋に触れる

出典: unsplash.com

そう、第一暑すぎるのがダメなんだ。
そうだ、このむわっとした空気のせいなんだ。

実践や体験もそれはもちろん大切なんだろうが、
私だって何もしていない訳ではないのだ。

こうしてたくさんの恋に触れる。
今日は座学の一日にしよう。

▷__まずは純愛に浸りたい

誰かを好きになる瞬間と、せつなさと

陽だまりの彼女

商品

陽だまりの彼女

¥637

:越谷オサム
(新潮社)

実写映画化もされた純愛小説。
映画をすでに見た方にも、まだ見ていない方にも
おすすめしたい一冊です。

幼馴染みと十年ぶりに再会した僕。かつて「学年有数のバカ」と呼ばれ冴えないイジメられっ子だった彼女は、モテ系の出来る女へと驚異の大変身を遂げていた。でも彼女、僕には計り知れない過去を抱えているようで──その秘密を知ったとき、恋は前代未聞のハッピーエンドへと走りはじめる!

出典:www.shinchosha.co.jp

出典: snapmart.jp

誰かを好きになるかけがえのない瞬間と、せつなさを
味わわせてくれる恋愛小説です。

あなたもきっと、この本を読み終わるときには
涙を流しながらも微笑んでいるはず。

タイトルも、あの会話も、すべてに意味がある

君の膵臓をたべたい

商品

君の膵臓をたべたい

¥734

:住野よる
(双葉社)

数々の賞を獲得し、80万部を突破した
大ベストセラー小説。
シンプルに心に刺さってくるものがあります。

偶然、僕が病院で拾った1冊の文庫本。タイトルは「共病文庫」。
それはクラスメイトである山内桜良が綴っていた、秘密の日記帳だった。
そこには、彼女の余命が膵臓の病気により、もういくばくもないと書かれていて――。

病を患う彼女にさえ、平等につきつけられる残酷な現実。
【名前のない僕】と【日常のない彼女】が紡ぐ、終わりから始まる物語。
全ての予想を裏切る結末まで、一気読み必至!

出典:www.amazon.co.jp

出典: snapmart.jp

衝撃的なタイトルから、想像もできないほど
思いっきり泣かされる一冊です。

会話の一つ一つまで、丁寧に読んでみてください。

▷__ちょこちょこ読みでも楽しめる1冊を

片道15分で起きた小さな奇跡が紡がれてゆく

阪急電車

楽天市場

商品

阪急電車

¥575

:有川浩
(幻冬舎)

タイトルは大阪を走る私鉄の名前。
いくつかの短いお話が詰め込まれた小説で、各話ごとに
主役がバトンタッチしながら物語が進んでゆきます。
すき間時間に少しずつ読み進めても楽しめそうな1冊です。

隣に座った女性は、よく行く図書館で見かけるあの人だった…。片道わずか15分のローカル線で起きる小さな奇跡の数々。乗り合わせただけの乗客の人生が少しずつ交差し、やがて希望の物語が紡がれる。恋の始まり、別れの兆し、途中下車—人数分のドラマを乗せた電車はどこまでもは続かない線路を走っていく。

出典:honto.jp

出典: snapmart.jp

ほのぼのとした心地で読み進めることができ、
優しく、心が温まってくる作品です。

▷__恋愛×ミステリー

これは恋のドキドキか、スリルのドキドキか

パラレルワールド・ラブストーリー

商品

パラレルワールド・ラブストーリー

¥810

:東野圭吾
(講談社)

恋愛×友情×ミステリー。
長編小説ですが、天才ミステリー作家の手掛けるそれに
引き付けられます。
登場人物たちの困惑と、自分の頭の中の困惑が一緒に
なって、とにかく一気に読み進めてしまします。

親友の恋人を手に入れるために、俺はいったい何をしたのだろうか。「本当の過去」を取り戻すため、「記憶」と「真実」のはざまを辿る敦賀崇史。錯綜する世界の向こうに潜む闇、1つの疑問が、さらなる謎を生む。精緻な伏線、意表をつく展開、ついに解き明かされる驚愕の真実とは!

出典:bookmeter.com

出典: unsplash.com

二人の男と、一人の女。
あなたもきっと、この登場人物たちの誰かに
共感してしまうだろう。

自分の中にも確かに存在してしまった情動に、
震えてほしい。

とびきりのどんでん返しとは、即ちドラマである

イニシエーション・ラブ

商品

イニシエーション・ラブ

¥626

:乾くるみ
(文藝春秋)

物語の舞台は80年代。
男性の視点でお話は進んでゆきます。
大満足の裏切りがきっと味わえるはず。

僕がマユに出会ったのは、代打で呼ばれた合コンの席。やがて僕らは恋に落ちて……。甘美で、ときにほろ苦い青春のひとときを瑞々しい筆致で描いた青春小説——と思いきや、最後から2行目(絶対に先に読まないで!)で、本書は全く違った物語に変貌する。

出典:books.bunshun.jp

出典: unsplash.com

最後の2行を理解したら、
あなたもきっとすぐに読み返してしまうはず。

自分が普段、どれだけさらさらと
物語を読み進めてしまっているのかを感じさせられます。

▷__深く、考える一冊を

“好き”だけではだめですか?

水曜の朝、午前三時

楽天市場

商品

水曜の朝、午前三時

¥691

:蓮見圭一
(河出書房新社)

戦後、生命力に満ち溢れた大阪万博を舞台にした
一人の女性の回顧録を中心に物語は進んでいきます。

もし、貴方が彼女だったら…
好きを貫いたでしょうか?

「もしかしたら有り得たかもしれない、もう一つの人生、そのことを考えなかった日は一日もありませんでした」――45歳の若さで逝った、知的で魅力的な翻訳家で詩人の直美。彼女が娘のために遺したテープには、1970年の大阪万博で働いていた23歳の直美と、将来が有望視されていたエリート学生・臼井との切ない恋とその後が語られていた。恋の痛みと人生の重みを描く、大人のラブストーリー。

出典:www.kawade.co.jp

出典: snapmart.jp

「胸の中に他の誰かを思い描かない既婚者などいるはずがない」
という帯のキャッチコピーの通り、
切ない大人の恋を描いた作品。

ですが、単なる恋愛小説ではなく、
深く、深く、考えさせられる小説です。

小説がわたしを成長させてくれる

小説がわたしを成長させてくれる

出典: unsplash.com

外に出ていないからって、
何もしていない訳ではないのだ。
何も成長していない訳ではないのだ。

小説に、泣かされて、考えさせられて、振り回されて。

今日のわたしはたくさんの恋愛に触れるのだ。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ライフスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。