元気いっぱいなのに「元気ないね」って。3つの要素をPLUSして自然に明るい私に

友人に「なんか元気ないね」って言われた。私自身とても元気なのに、周りの人にどうしてそう思われるのか全くわかりません。そんな女の子に向けて、メイクとファッション、話し方で元気をマシマシにする方法を教えます♡コスメで目元にきらめきを加えたり、小物でコーデにメリハリをつけたり。もっと魅力的なあなたに近づけるかもしれません。

友人「なんか元気ないね」

最近の休日は、もっぱら友人とカフェ活をしています。
今日も最近大学の近くにできたお店に足を運んで、お茶タイム。

話も盛り上がって、とっても楽しいな〜。
なんて思っていたら。

友人「なんか元気ないね。どうした?」


えっ、全然元気なんだけど…?

友人からふいに発されたそんな言葉にびっくりして、返す言葉が見つからなかった。

だって私、全然元気なんだもん。
特に嫌なことがあったわけでも、悩みがあるわけでも、体調が悪いわけでもないし。
コンディションはバッチリですよ…?

元気がないように見えるのは、なぜ?

気遣ってくれるのは嬉しいけど、元気なのに「元気ないね」って言われると、なんだかちょっと悲しい。
楽しく会話していたつもりなのに、元気がないように見えるのは、なぜ?

今回は3つのステップで元気をPLUSして、魅力をマシマシにする方法をご紹介します♡

1|メイクで元気をPLUS

偏光パールで目元を輝かせて

偏光パールで目元を輝かせて

出典: lipscosme.com

まずは明るい目元に導くために、アイシャドウを新調してみましょう。

「CANMAKE(キャンメイク)」から2019年4月1日に限定発売された“シマリングオーロラアイズ”。

偏光パールが配合されていて、角度によって印象や雰囲気が変わる新作のアイシャドウ。
カラーは2種類です。
No.01のオーロラピンクはピンクからゴールドへ、No.02のオーロララベンダーはブルーからピンクに変わるので、どちらも魅力的ですね。

キャンメイク シマリングオーロラアイズ 【02】オーロララベンダー

楽天市場

商品

キャンメイク シマリングオーロラアイズ 【02】オーロララベンダー

¥594

手持ちのアイシャドウに重ねても良し、単色で輝かせても良しのアイテムです。
ツヤ感のある目元なら、パッと目があったときに元気があるように見えるかも。

上品な仕上がりのハイライトを

上品な仕上がりのハイライトを

出典: lipscosme.com

表情にメリハリをつけることで、元気を注入することができるかも。

コンシーラーが絶大な人気を誇る韓国コスメのブランド「the SAEM(ザ・セム)」ですが、実はハイライターも優秀なんです。

塗ってみるとこんな感じで、上品なキラキラが変に目立ちすぎません。
立体感のある涙袋メイクにも使えそうですね。

ザ・セム マルチグロウ チップハイライター パールピンク

楽天市場

商品

ザ・セム マルチグロウ チップハイライター パールピンク

¥842

しっかりと密着してくれるので、ヨレにくいのがポイント。
チップタイプなので、狙ったところに塗りやすいのも嬉しいですね。

2|ファッションで元気をPLUS

首元にスカーフをきゅっと巻いて

首元にスカーフをきゅっと巻いて

元気があるように見せよう!と言われても、いきなりパキッとした原色カラーを取り入れるのは難しいですよね。

そんなときは、スカーフやシューズなどの小物で元気をPLUSしてみて。
いつものコーデの印象チェンジに便利なアイテムたちなので、重宝しますよ。

シンプルなコーデでも、スカーフを首元にきゅっと巻くことで一気に明るいイメージに。

OPAQUE.CLIP デザインスカーフ

ZOZOTOWN

商品

OPAQUE.CLIP デザインスカーフ

¥2,189

スカーフを一枚首元に巻くだけで、いつものファッションが変わります。
バッグのハンドルにつけてもこなれ感が出せるのでおすすめ。

足元だけ派手に攻めてみて

足元だけ派手に攻めてみて

モノトーンコーデに差し色としてシルバーを投入することで、全身にメリハリが出ますね。
派手な色は苦手…という方も、足元だけなら勇気を出して挑戦できそうです。

オン・オフ問わず使いまわせるシルバーのシューズは、クローゼットの服との相性もバッチリです。

SVEC カンフーシューズ

ZOZOTOWN

商品

SVEC カンフーシューズ

¥2,178

カンフーシューズはかかとも踏めて、ミュールのように使うことも。
フラットなので疲れづらく、なおかつお洒落感がマシマシになる一足です。

3|話し方で元気をPLUS

声のボリュームはそれで大丈夫?

友人と話すときの声のボリュームは適当ですか?
感じの良い会話、テンポの良さを生み出すには声のボリュームが意外と大切なんです。
よく聞こえなかったけど、聞き返すのは悪いからそのまま流す…なんて、悲しいですよね。

声が小さい方も、もともとだから…と諦めてしまってはもったいない。
口があまり動いていないと声が小さくなりがちなので、口を大きく動かすことを意識してみましょう。

会話のリズムを生み出すには相手に何度も質問させないことも大切。声が小さすぎて相手に『ごめん、聞こえなかった』といわれるとそこで会話が一度途切れることになります。このような状態になるとお互いにストレスが発生することになるため、声の大きさにも気を使うようにしましょう。

出典:fumakilla.jp

話すときは“おへそ”を向ける

話すとき相手の目を見て、とよく言いますが同じくらい大事なのが相手に“おへそ”を向けること。

相手が座っていたら同じように座る、立っていたら同じように立つことでおへそを向けることができますよね。

ちょっとしたことですが、意識することで好感を持たれるかも。

明るい話題こそオーバーに

好きな人ができた、アルバイトに合格したなど明るい話題こそ、ちょっとオーバーなリアクションを取ってみて。
「へえ」「そうなんだ」などと一言で感想を終えてしまうと、元気がないのかな?と思われてしまいそう。

相手が話しているときはもちろんですが、自分が話す側のときもそれを意識すると、もっと話が盛り上がるはず。

今はちゃんと、元気いっぱいです

メイクやファッション、話し方を少しだけ変えてみたら、前より「なんか元気ないね」って言われなくなった。

確かに落ち込むときもあるけど、今はちゃんと私、元気いっぱいです。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ライフスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。