乳液の使い方って?今更聞けない上手なつけ方から、おすすめアイテムまでご紹介

乳液は、肌から水分が蒸発しないよう守ってくれる大切なアイテム!日々のスキンケアにも欠かせないものです。ここではそんな乳液の役割やつけ方、活用方法、そしておすすめ乳液をご紹介します。

ぷりぷり肌を叶える大事なプロセス

ぷりぷり肌を叶える大事なプロセス

出典: shutterstock

毎日のスキンケアに欠かせない乳液。
化粧水だけでなく乳液で肌を整えることも美肌を叶えるには大切なプロセスです。
今回はそんな乳液のつけ方や上手な活用の仕方、そして厳選したおすすめ乳液も5つご紹介します。
基本の使い方をしっかりおさらいして、ぷりぷり肌を目指しましょう♡

乳液ってどんなもの?

乳液ってどんなもの?

出典: lipscosme.com

乳液は、乳液に含まれている油分によって肌の表面を包み込み、水分の蒸発を防いでくれる働きを持っています。
化粧下地としても使えるものやUVカット機能があるものなど、様々な種類が出ているので、ライフスタイルや肌の状態に合わせて選ぶといいでしょう。

基本のつけ方をおさらい

基本のつけ方をおさらい

出典: lipscosme.com

基本的には、洗顔→化粧水→美容液→乳液→クリームの順で肌になじませていきます。
化粧水と美容液で肌に水分と栄養を与え、乳液で蒸発しないようにカバーしましょう。

※商品によって使い方が変わってくるので、商品の説明をよく読んで使いましょう。

出典: shutterstock

【乳液のつけ方】
①10円玉サイズくらいの量を手またはコットンに取ります。
手でつける方は、手のひらで乳液を温めてから使うと、肌なじみがよくなっておすすめです。
②顔の中心から外側に向かってのばします。
目元や口元が乾燥しやすい方は、乳液や保湿クリームを重ねてつけると◎。
③最後にハンドプレスをして、肌に浸透させて完了です。

上手な乳液の使い方

その1:クレンジング

その1:クレンジング

メイク用品は油分が多く含まれているので、乳液の油分となじみ、メイクを落とせるのだとか。
ただし、乳液クレンジングはナチュラルメイク向きなので、ポイントメイクなどは専用リムーバーで先に落としておきましょう。
メイク落としの前に湯船に浸かって毛穴を広げておくとより効果的です。

【やり方】
①乳液をたっぷりと、手またはコットンに取り出します。

②顔全体にくるくると円を描くようになじませ、メイクや汚れを浮かせます。

③他のコットンや蒸しタオルなどで、顔全体を拭き取ります。
④①~③をメイクがつかなくなるまで、繰りかえして完了です。

乳液やクリームには油分が含まれているので、メイクとなじみやすく、お肌をいたわりながらメイクをオフしてくれます。高い洗浄力は期待できませんが、ナチュラルメイクなら十分に落とせますし、保湿成分が入っているので、お肌が乾燥気味のときにもぴったりです。

出典:www.ci-labo.com

その2:パック

その2:パック

肌の乾燥が気になる時や肌荒れをしている時におすすめなのがこちら!
乳液に含まれている保湿効果の高い美容成分が、肌に潤いとツヤを与えてくれます。
密封されると浸透効果もあがるので、シートマスクと一緒に使うのもおすすめです。

【やり方】
①まず化粧水で肌を整えておきます。
②乳液を肌が隠れるくらいにたっぷりとのせます。
③20分ほど置いて、乳液が肌になじんで透明になるくらいまで待ちます。
④全体的に透明になったら、ティッシュを顔にのせて優しく押さえ、余分な油分をオフします。
この時、こすって拭き取らないように注意しましょう。
⑤余分な乳液がなくなるまで、3回ほど繰り返して完了です。

その3:メイク直し

その3:メイク直し

出典: lipscosme.com

メイク崩れが気になるときにも乳液が活躍してくれます。
実は気になるおでこや小鼻のテカリは、乾燥が原因だったりするんです。
乳液なら水分と油分がバランス良く配合されているので、肌の乾燥も解決!
長時間外出する時は綿棒に乳液を含ませて、ジッパーのついた袋に入れて持ち歩けば、荷物もかさ張らなくていいですね。


【やり方】
①コットンやスポンジに乳液をたっぷり取り出します。
②メイク崩れが気になる部分のメイクをオフします。
③肌に残った乳液は手のひらや指の腹で優しく抑えるようになじませます。
ベタつきが気になる時はティッシュで軽く抑えるといいです。
④最後に、ファンデーションを薄く塗り直したら完成です。

乳液を浸したコットンで崩れたファンデーション部分をふき取る。化粧水よりも乳液のほうが保湿効果もあり、ベースメイクとのなじみもいい。

出典:maquia.hpplus.jp

その4:ピーリング

その4:ピーリング

肌のくすみやゴワつきが気になる方におすすめなのが、乳液ピーリングです。
古い角質をほぐして除去し、肌のターンオーバーを整えてくれます。
乳液を使って行うので、敏感肌さんや乾燥肌さんでも◎。

※過度なピーリングは肌トラブルの原因になるので、週1~2回にしましょう。

【やり方】
①いつも通り、洗顔をします。
②乳液をたっぷりと手に取り出し、顔全体にのばします。
③古い角質に乳液をなじませるイメージで、乳液が透明になるまでくるくると、2〜3分マッサージします。
肌のゴワつきや毛穴の気になる部分は、念入りに。
④お湯で温めた蒸しタオルで顔全体を包み、毛穴を開かせ、古い角質をじっくりとほぐします。
⑤肌が柔らかくなってきたら、蒸しタオルで優しく乳液を拭き取ります。
⑥いつものスキンケアをしたら完了です。

「乳液は水分、油分のバランスが皮脂膜に似ていて、肌との親和性が抜群。しっかりと肌をうるおしながら、古い角質だけをふやかしてマイルドにオフできるから、結果、保湿度はプラスに。ふるふるの透明肌になれます」

出典:i-voce.jp

肌を保湿しながら、古い角質を取り除く方法。その名も「乳液ピーリング」を皆さんはご存知ですか?今回、乳液ピーリングのやり方を丁寧に説明していきます。とても簡単で、敏感肌でピーリングができないという方にもおすすめの方法なので、ぜひこの機会にチェックしてみてくださいね♡おすすめの乳液も紹介しています。

おすすめの乳液5選

1.繰り返しできるニキビや肌荒れに|オードムーゲ

オードムーゲ薬用スキンミルク ※医薬部外品

商品

オードムーゲ薬用スキンミルク ※医薬部外品

¥1,470

オードムーゲ 「薬用スキンミルク」 ※医薬部外品

さっぱりとした使い心地の乳液です。
抗炎症成分が配合されているので、ストレスや生理前などホルモンバランスの乱れや肌の乾燥などでできるニキビや肌荒れを防いでくれます。
保湿成分も配合されているので、しっかりと潤いも与えてくれます。

2.良質なコラーゲンで弾力のある肌に|ファンケル

ファンケル エンリッチ 乳液II しっとり

商品

ファンケル エンリッチ 乳液II しっとり

¥1,836

ファンケル 「エンリッチ 乳液II しっとり」

コラーゲンの質に着目して作られた乳液です。
ファンケル独自成分の適応型コラーゲンαがキュッとしまったコラーゲンの束を生み出し、月見草エキスが新鮮なコラーゲンを生み出すサポートをしてくれます。
ハリと弾力のある肌に導いてくれる、普通肌・混合肌・乾燥肌の方におすすめのアイテムです。

3.炭酸泡が肌を生まれ変わらせる|ハク

ハク メラノディフェンスパワライザー ※医薬部外品

商品

ハク メラノディフェンスパワライザー ※医薬部外品

¥4,600

ハク 「メラノディフェンスパワライザー」※医薬部外品

こちらは炭酸泡が肌の生まれ変わりをサポートしてくれる泡タイプの薬用美白乳液です。
美白有効成分である4MSKが配合され、メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防いでくれます。
さらに肌の保護成分であるディフェンスバイタライザーも配合されているので、なめらかで吸い付くような肌へと整えてくれます。

4.肌のバリア機能を高めてもっちり肌へ|クリニーク

4.肌のバリア機能を高めてもっちり肌へ|クリニーク

出典: lipscosme.com

クリニーク 「ドラマティカリー ディファレント モイスチャライジング ローション プラス」

皮膚科学の理論に基づいて作られているクリニークのスキンケアライン。
肌の水分と油分のバランスをベストに整え、肌のバリア機能をサポートしてくれる乳液です。
のびのいいなめらかなテクスチャーで、トラブル知らずのもちもち肌へと導いてくれます。
携帯に便利なミニサイズも展開されています。

公式サイト

5.外的ストレスからも守ってくれる美容乳液|シスレー

5.外的ストレスからも守ってくれる美容乳液|シスレー

出典: lipscosme.com

シスレー 「エコロジカル コムパウンド」

いくつもベストコスメ大賞も受賞している、シスレーのベストセラーアイテム!
どんな肌タイプでも使える美容乳液です。
ローズマリーエキスや朝鮮ニンジンエキスなどの整肌成分が、肌を柔らかくつややかに整えてくれます。
乾燥や大気中のホコリなどの外的ストレスからも肌を守ってくれます。

公式サイト

肌のトラブルには色んな種類があって、人によっても様々ですよね。肌の悩みを解決したい!と思ったときに洗顔や、化粧水など基礎化粧品を見直すという人も多いのではないでしょうか?今回はその中でも保湿の役割を持つ乳液を美肌、乾燥、ニキビとお悩み別にご紹介します。

“乳液”を活用して、触れたくなる肌へ

“乳液”を活用して、触れたくなる肌へ

出典: lipscosme.com

マルチに使える“乳液”を活用して、キレイで清潔なぷりぷりな肌を手に入れちゃいましょう♪

スキンケアで、普段使う「乳液」。そんな乳液、保湿のためだけに使っていませんか?実は、この乳液、クレンジングやメイク直しなど5つの使い方があるんです…!今回は、そんな万能アイテムである乳液を使った美容法をご紹介します。お風呂の中でも、お風呂上がりにも、お出かけ先でも使えるので、ぜひ乳液を取り入れてみてくださいね!

関連する記事

こんな記事も人気です♪

お風呂中も、お風呂上がりも、お出かけ先でも。万能アイテム「乳液」の使い方5通り

お風呂中も、お風呂上がりも、お出かけ先でも。万能アイテム「乳液」の使い方5通り

  • こだまい(ˇωˇ)公式
  • 19001view
アルビオンの乳液7選|おすすめの使い方など、ラインごとに一挙ご紹介!

アルビオンの乳液7選|おすすめの使い方など、ラインごとに一挙ご紹介!

  • amy_m公式
  • 11218view
もう敏感肌の乳液選びで苦労したくない。乳液選びのコツとおすすめの商品をご紹介♡

もう敏感肌の乳液選びで苦労したくない。乳液選びのコツとおすすめの商品をご紹介♡

  • Ayumi0206_m公式
  • 8154view
無印良品の乳液がコスパ良しってウワサです♡5シリーズのアイテムを調べましたっ

無印良品の乳液がコスパ良しってウワサです♡5シリーズのアイテムを調べましたっ

  • kana_m公式
  • 11976view
Dior“ドリームスキンシリーズ”が進化!乳液なのに肌を補正できると話題沸騰

Dior“ドリームスキンシリーズ”が進化!乳液なのに肌を補正できると話題沸騰

  • アカri公式
  • 6437view
この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事のライター
美容の記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。