アイプチのコツを掴んでぱっちり二重に。アイテム別のポイントを紹介します♡

理想の二重幅を作ることができる“アイプチ”は、簡単だけど綺麗な二重に仕上げるのが難しいですよね。今回は、そんなアイプチのコツを紹介。テープタイプ・リキッドタイプ・ファイバータイプのそれぞれのポイントをおすすめのアイテムと一緒にまとめました。コツを掴んで百発百中で綺麗な二重を作れるようにしちゃいましょう♡

アイプチに苦戦してます…!

一重の私がぱっちり二重に憧れて、早〇〇年。

理想の二重幅を作ることができる“アイプチ”は常日頃愛用してるけど、上手にできる日とできない日がバラバラ。

日によって二重幅が変わっちゃったり、上手にできなくてバレちゃったり。
なかなか苦戦してます…!

そこで今回は、綺麗な二重を作るアイプチのコツを紹介。
タイプ別の特徴を捉えて、百発百中で綺麗な二重を作れるようにしちゃいましょう♡

▷▷テープタイプ

1.理想の二重ラインを決める

1.理想の二重ラインを決める

出典: lipscosme.com

まずはテープタイプのコツを紹介。

目を閉じて自分の理想の二重ラインを決めましょう。
プッシャーを使ってラインを決めると、二重ラインが想像しやすいのでおすすめです。

また、奥二重さんは元の二重幅の少し上にラインを設定すると、ナチュラルな二重に見えますよ。

2.決めたラインに沿ってテープを貼る

2.決めたラインに沿ってテープを貼る

出典: lipscosme.com

二重ラインを決めたら、テープを貼っていきます。

この時、決めたラインの上にそのままテープを貼ってしまうと決めたラインと少しズレてしまうので、テープの上部がラインに沿うように貼っていきましょう。

また、左右の両端から貼っていってしまうと、中央部分がズレてしまうことがあるので、中央→目頭→目尻の順番でテープを貼っていくのがおすすめです。

3.両端を押さえてゆっくり目を開ける

3.両端を押さえてゆっくり目を開ける

出典: lipscosme.com

テープをまぶたに貼ったら、ゆっくりと目を開けていきます。
この時、テープが剥がれてしまわないように両端を指やプッシャーで押さえながら目を開けてください。

ただ、ずっと触れ過ぎてしまうと、テープの粘着力がなくなってしまうのでできるだけこの作業は素早く行った方がいいかも…!

+α アイシャドウを重ねて目立たなく

+α アイシャドウを重ねて目立たなく

出典: lipscosme.com

目を瞑った時に、テープのラインがハッキリ見えちゃう…なんてことは避けたいですよね。

そんな時は、アイシャドウをテープの上から重ねて塗るのがおすすめ。
チップで塗るとテープに擦れてしまって剥がれてしまうことがあるので、指を使って優しく塗っていきましょう。

>>おすすめのテープタイプはこちら

>>おすすめのテープタイプはこちら

出典: lipscosme.com

<ワンダーアイリッドテープ Extra>
▷D-UP(ディーアップ)

強力な粘着力で1日中剥がれない両面タイプのアイテープ。
汗や涙にも強いので、綺麗な二重が長持ちしてくれます。

購入はこちら

出典: lipscosme.com

<秘かに二重!極細両面二重テープ >
▷セイワ・プロ

くっきりとした二重が作れる両面タイプのアイテープ。
優しい使い心地なので、まぶたに優しく長時間付けても痛くならないんです。

▷▷リキッドタイプ

1.薄く瞼に塗っていく

1.薄く瞼に塗っていく

出典: lipscosme.com

続いては、リキッドタイプのコツを紹介。

理想の二重ラインを決めたら、ラインのやや下に液を塗っていきます。
この時、奥二重さんは自分の元のラインと理想のラインの間を埋めるように塗ると、ラインがしっかり固定されますよ。

また、塗る時は薄く塗っていくのがおすすめ。
あまり付け過ぎてしまうと、仕上がりが汚くなってしまう可能性もあるので注意してくださいね。

2.透明になるまで待つ

2.透明になるまで待つ

出典: lipscosme.com

二重ラインにアイプチを塗ったら、液体が透明になるまで待ちます。

液体がまだ白い状態で二重を作ってしまうと、自分の理想のラインとは違う線ができてしまって、三重のようになってしまうことがあるので、必ずアイプチが透明になるまで待ってくださいね。

3.目頭と目尻をプッシャーで調節する

3.目頭と目尻をプッシャーで調節する

出典: lipscosme.com

アイプチが半乾きになって透明になったら、プッシャーで跡を付けていきます。

この時、目頭と目尻をプッシャーで押さえるのを忘れずに。
両端もしっかりプッシャーで押さえることで、ノリがまぶた全体にくっつき、取れにくくなりますよ。

+α アイメイクは先に済ませてね

+α アイメイクは先に済ませてね

出典: lipscosme.com

リキッドタイプのアイプチを使う時は、アイメイクを先に済ませておくのがおすすめ。

リキッドタイプはテープタイプよりも、まぶたがしっかりとくっついているので、上からメイクをしてしまうとヨレて綺麗にアイメイクができないんです。

マスカラまでアイメイクを完成させた状態で使うのをおすすめします◎

>>おすすめのリキッドタイプはこちら

>>おすすめのリキッドタイプはこちら

出典: lipscosme.com

<オリシキ アイリッドスキンフィルム>
▷D-UP(ディーアップ)

水・汗に強いウォータープルーフタイプのアイプチ。
ヒアルロン酸やコラーゲンなどの潤い成分が配合されているので、まぶたに優しいアイテムです。

購入はこちら

出典: lipscosme.com

<ハイブリッドフィルム>
▷アイトーク

接着せずに折りたたむように二重ラインを作るアイプチ。
一度塗りでもくっきりとした二重を作ることができます。
透明の液体で目立たちにくく、自然な仕上がりになります。

購入はこちら

▷▷ファイバータイプ

1.まぶたにしっかり食い込ませる

1.まぶたにしっかり食い込ませる

出典: lipscosme.com

最後は、ファイバータイプのコツを紹介。

伸縮性のある糸を使ったファイバータイプは、まぶたにしっかり食い込ませるのがポイントです。

この時、まぶたに余分な皮脂や汚れがあると粘着力が下がってしまうので、綺麗でしっかりと乾いた状態で付けるようにしてくださいね。

2.目を開けたり閉じたりして調節する

2.目を開けたり閉じたりして調節する

出典: lipscosme.com

理想の二重ラインに合わせてテープを貼ったら、目を開けたり閉じたりして馴染ませていきましょう。

思いっきり引っ張った状態で貼ってしまうと、まぶたが張ってしまって痛くなってしまうので、目に違和感を覚えたら、貼り直してくださいね。

3.剥がれやすい両端はノリで固定

3.剥がれやすい両端はノリで固定

出典: lipscosme.com

二重ラインに合わせてテープを貼ったら、両端の余分な部分をハサミでカットしましょう。
※皮膚を傷つけないように慎重に行ってください。

またこの時、ハサミでカットした両端は剥がれやすくなってしまうので、リキッドタイプのノリで両端を固定させてあげると取れちゃう心配はなくなりますよ◎

+α 二重幅にアイブロウで影を

+α 二重幅にアイブロウで影を

出典: lipscosme.com

二重ラインをより強調させたい場合は、アイブロウで二重ラインをなぞって、二重幅の影を作るのがおすすめ。

涙袋を作るような感覚で、薄くラインを引いた後に優しくぼかしていくとナチュラルな仕上がりになりますよ。

>>おすすめのファイバータイプはこちら

>>おすすめのファイバータイプはこちら

出典: lipscosme.com

<のび〜る アイテープ 絆創膏タイプ>
▷DAISO(ダイソー)

絆創膏の素材でできたアイテープ。
伸縮性があるので、自分の目の形に合わせて二重ラインを作ることができます。

出典: lipscosme.com

<Free fiver(フリーファイバー)>
▷mezaik(メザイク)

皮脂と交わることで粘着力が上がるアイテープ。
縮む力を利用して、くっきりとした二重を作ることができます。

購入はこちら

コツを掴めば大丈夫♡

コツを掴めば大丈夫♡

出典: lipscosme.com

ぱっちり二重に憧れる一重さん・奥二重さんの必需品“アイプチ”。
ちょっと難しいけど、コツを掴めば綺麗な二重がずーっと続くんです♡
毎日綺麗な二重を作っていきましょう。

筆者が5年かけて生み出した「バレにくい二重の作り方」と「おすすめアイプチ」を紹介します。おすすめしたいアイプチは『ローヤルプチアイムII』『アイトーク スーパーホールド』です。これらを使った二重の作り方を解説します。自分に合う二重コスメ、作り方は本当に人それぞれ。とにかく試行錯誤と努力をすることが大切です!

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

メイク・コスメの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。