アイシャドウパレットにある説明は正解?グラデーションを作るために色の役割を知ろう

アイシャドウパレットを新しく買ったけど塗り方がわからない…そんな経験ありませんか?今回の記事はあなたに向けたアイシャドウの色の基本知識をご紹介します。綺麗なグラデーションを作るのに、ベースカラー、ミディアムカラー、アクセントカラー、シェイドカラーとハイライトカラーの見分け方を教えちゃいます!

いいグラデーションを作れない気がする

いいグラデーションを作れない気がする

出典: jp.stylenanda.com

新しいアイシャドウパレットを買ったけど、色が多すぎていいグラデーションを作れる気がしない…。
そもそもグラデーションを作るのにどんな色が必要なのかもわからない!

説明通りにしかできないかな?

説明通りにしかできないかな?

とりあえず後ろにある説明だけみるか!
でも、ちょっと飽きるかもしれない…。

パレットにある色をよく観察してみよう

パレットにある色をよく観察してみよう

出典: lipscosme.com

そこで、今回の記事では綺麗なグラデーションを作るのに必要となる基本知識をご紹介します。
各色の見分け方や、役割がわかったら大丈夫ですよ。

①ベースカラーとなるもの

肌に馴染むカラー

肌に馴染むカラー

ベースカラーはグラデーションの基本にもなるので、ちゃんと知りたいですね。
そんなカラーは一般的に肌に馴染むものが多いです。
○例:くすみイエロー、ベージュグレー、ピンクベージュ

アイホールをカバーできるカラー

アイホールをカバーできるカラー

出典: lipscosme.com

アイホールのくすみが気になる方には、ホワイトや、グリッターではなく、そこそこ色が付いたものをオススメします。
コンシーラーや、ファンデーションでカバーしても◎
これはいいグラデーションに近づける一歩です!

薄いカラー

薄いカラー

いきなりすごく濃いカラーを使うと、グラデーションを作るのが難しくなります。
薄めのカラーで、ベースを整えよう。

②ミディアムカラーとなるもの

ベースとほとんど同色系

ベースとほとんど同色系

出典: lipscosme.com

ミディアムカラーは見分けられない!という方もきっと少なくありません。
なぜなら、ベースカラーとはほとんど同色系で、色の濃さの違いしかわかりません。
4色のパレットの場合は、ベースの隣にあることが多いですよ。

パレットの中で2番目に明るいカラー

パレットの中で2番目に明るいカラー

出典: lipscosme.com

でも5、6色パレットだとわからないかも…。
パレットの中で二番目に明るいカラーを選ぶといいですよ。

たまにベースとして使っても◎

たまにベースとして使っても◎

出典: lipscosme.com

深みがあるアイメイク、もしくはいつもと違う雰囲気に仕上げたい方はミディアムカラーをベースとして使うのをオススメします。
また、パレットが全体的に暗い色しかない場合は、ベースとミディアムカラーを混ぜたら、バリエーションがさらに多くなります。

③アクセントカラーとなるもの

濃いめのカラー

濃いめのカラー

出典: lipscosme.com

アクセントカラーはバレットの中の濃いめのカラーになります。
グリッターのものもあれば、マットのものもありますので、色が濃いめということを覚えていれば、見分けられます!

パレットの目玉となるカラー

パレットの目玉となるカラー

目が惹かれるカラーは大体アクセントカラーです。
4色パレットだと、1色しかありませんが、5色以上のパレットは多くなりますので、そこでアイメイクのバリエーションの多さを出せます。

④シェイドカラーとなるもの

一番濃いカラー

一番濃いカラー

出典: lipscosme.com

シェイドカラーは締め色とも言われます。
目尻側にのせるのが一般的で。
アイラインとして使ってもGood!

⑤ハイライトカラーとなるもの

ハイライト≠ベース

ハイライト≠ベース

ハイライトカラーはホワイトに近い、もしくはキラキラしているカラーです。
グラデーションのベースとしてではなく、目頭や黒目の上にのせることが多いです。
目を立体的に見せる役割があります。

すべてのパレットにあるものではない

すべてのパレットにあるものではない

出典: lipscosme.com

ハイライトカラーと一体化しているベースカラーもあります。
ミディアムカラーもベースとして使えるので、その日の気分によって使い分けしてもいいかも。

○例

ディオールバックステージ

ディオールバックステージ

同じパレットでも、全く違う印象のアイメイクに仕上げられます!
①明るいベージュをベースカラーとしてアイホールと下まぶた全体に塗ります。
②赤みがかったブラウンをミディアムカラーとして、二重幅にのせます。
③シェイドカラーとして、濃いブラウンを目尻と下まぶたに塗ります。
④赤みがかった濃いブラウンをアクセントカラーとして、下まぶたのラインにいれます。

大人っぽい印象から、明るい感じに仕上げるには:
①明るいベージュをアイホールにのせます。
②赤みがかったブラウンを二重幅にのせ、上にぼかします。
③イエローベージュを二重幅より少し広めにぼかします。
④②と同じ赤みがかったブラウンを使って、下まぶたの目尻から1/3にのせます。
⑤イエローベージュを下まぶたの目頭から2/3にのせます。

これでグラデーション完成

これでグラデーション完成

今回の記事では綺麗なグラデーションを作るのに必要となる基本知識をご紹介しました。
綺麗なグラデーションを作るのは難しいですね。
でも説明通りだとつまらない!
これで基本知識を把握し、自分なりのグラデーションに。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

メイク・コスメの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。