圧倒的な映えを狙おう。『顔より下ショット』+4つのコツでおしゃPicマスターに

正直なところ映える写真を撮るのって、難しい。映えさせるなら、『顔より下ショット』に挑戦してみて。写真を撮る時に<角度をつける・躍動感を与える・手に何かを持つ・背景色にこだわる>という4つのコツを意識すれば自然とおしゃれな写真が撮れちゃいます。さあ、あなたも今日からおしゃPicマスターを狙っちゃおう♡

映える写真ってなんだ。

映える写真ってなんだ。

『映える写真』って意識すればするほど難しい。
どうやって映えを演出すればいいんですか…?

映え重視なら、顔より下ショットを投稿せよ

映え重視なら、顔より下ショットを投稿せよ

映えを狙うんだったら『顔より下ショット』を投稿すべし。
この写真のような上手な人の撮り方をすれば、映えた写真を撮ることができちゃうかも。

▷角度をつけてみる

体をナナメにする=奥行きのある写真に

一つ目に紹介するコツは『角度をつけてみる』こと。
体をまっすぐにして撮るのもいいですが、ナナメに構えることで自然と奥行き感が出た写真を撮ることができます。

ほら、見てみて。
ナナメにしたらこんなにおしゃれに撮れてしまうのです。
日々のコーディネートを投稿する時などに役に立ちそうな予感がします。

角度によって奥行き感の出方が変わってくるのもミソです。
近寄ってこうやって撮ってみるのも雰囲気が変わるでしょ?

▷動きを与えてみる

日常の何気ない一部分を切り取った感じで

二つ目にご紹介するコツは『動きを与えてみる』こと。
きっちりキメた感じで撮るよりも、日常の一部分を切り取ったような写真の方が自然体でおしゃれに見えたりすることもあるんですよ〜!

普段持ち歩いているドリンクカップも一緒に写してあげることで格段におしゃれなショットに大変身しちゃうかも。
ドリンクカップはカフェによってデザインが違うのが面白いところ。
デザイン一つでも写真の雰囲気は変わりますよね。

帰るときにセルフで片付ける飲食店もありますよね。
そんな場面でもぱしゃっと撮ることができます。
おしゃれにトレーなどを持ってみましょう!

▷手に何かを持ってみる

お花で華やかな雰囲気に

三つ目に紹介するコツは『手に何かを持ってみる』こと。
こちらは淡い色の花束を持った写真。
お花があることで華やかさが増すでしょう。

スマホだって映えに一役買うんだ

スマホだって映えに一役買うんだ

スマホも立派な映えの立役者になるのです。
写真を鏡ごしに撮る時ってほぼスマホが写りますよね。
おしゃれなケースやステッカーなどを貼ったオリジナルケースを一緒に写しちゃいましょう。

可愛いカフェは食べ物も食器も可愛い

可愛いカフェは食べ物も食器も可愛い

可愛いカフェは食べ物だけでなく、食器など細かいところまでもが可愛いことが多いです。
カフェでの一枚を撮るならぜひ、持つまたは持っている雰囲気で撮ってみるのもいいかもしれません。

手元を写すならアクセサリーで可愛くね♡

手元を写すならアクセサリーで可愛くね♡

せっかく写真を撮るなら手元まで抜かりなくおしゃれを追求しましょう。
こちらは存在感があるローズのリング。
ヴィンテージ感も素敵です。

▷背景色にこだわってみる

背景色と合わせると統一感と一体感が誕生

背景色と合わせると統一感と一体感が誕生

最後にご紹介するのが『背景色にこだわってみる』こと。
その日に着ているコーディネートの一部分と背景の色を合わせてみると統一感が生まれているように見えませんか?

さらに背景と合わせることによって生まれる効果がもう一つ。
それは立体感がもたらされること。
背景以外の色が際立つので立体感が生まれたような写真になるのですよ〜!

鮮やかな色ほどしっかり立体感が出るのが嬉しいポイントです。
視覚効果を利用した投稿も映えにおける大きな役割を担ってくれることでしょう。

新たな“映え”のコツ、学びました。

新たな“映え”のコツ、学びました。

映える写真を撮ることって難しいと感じることの方が多かったけど、4つのコツを写真に取り入れるだけでガラッとおしゃれに雰囲気が変わるんだね。
これならすぐできそうだから早速実践しておしゃPicたくさん撮っちゃうぞ♡

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ファッションの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。