チークの基本の塗り方からトレンドまで。質感・輪郭・年代別の入れ方を一挙におさらい

メイクの重要な役割を担うチーク。一言でチークと言っても、パウダー・クリーム・リキッドタイプなど質感も様々、それにより塗り方まで変わってきます。また面長や丸顔などの輪郭や、20代、30代かなど年代によっても似合う入れ方が異なるんです。そこで、それぞれに合ったチークの塗り方から2019年のトレンドまで一挙にご紹介します♡

色づきほっぺを思うがままに♡

色づきほっぺを思うがままに♡

出典: lipscosme.com

色味だけでなく、入れ方や質感によっても様々な印象を引き出すチーク。
そんな特徴を活かしたチークの扱い方をモノにすれば、ふんわり色づきほっぺを思うがままにゲットできちゃいます。

基本からトレンドまでチークの塗り方を、パウダー・クリーム・リキッドのタイプ別に一挙ご紹介します♡

<質感別>初心者さん向けの塗り方

<パウダータイプ>の塗り方

<パウダータイプ>の塗り方

出典: lipscosme.com

チークの中でも、最もスタンダードとも言えるパウダータイプのチーク。
肌にのせた部分に分かりやすく色づき、メイク初心者でも扱いやすいのが特徴です。ふんわりマットな仕上がりを叶えてくれます。

ブラシで塗る

肌にのせた部分が分かりやすく色づくパウダーチークは、チークの中でもっともスタンダードな形状。ファンデーションを塗った後に、ブラシでふんわりと入れるのでムラになりにくく、メイク初心者にもおすすめのアイテム。またカラーもピンクやオレンジ、コーラル、レッド、ベージュなどさまざまなバリエーションがあり、ほんのりシアーな発色でありながらも、クリームやリキッドよりもマットな仕上がりになるのが特徴。

出典:maquia.hpplus.jp

出典: unsplash.com

パウダータイプのチークは、専用の大きいブラシで入れるのが一般的。

①ブラシにパウダーを馴染ませ、手の甲などを使って余分なパウダーを落とす。
②笑った時に頬の一番高くなる部分からポンッとのせ、優しく外側に向かって広げていく。

の順で入れていくのが◎。
中心部分から外側に向かって薄くグラデーションになるように意識すると馴染みの良い仕上がりになります。

<クリームタイプ>の塗り方

<クリームタイプ>の塗り方

出典: lipscosme.com

クリームタイプのチークはパウダータイプよりもツヤやかな質感で、内側からにじみ出るような自然な血色を演出してくれます。
肌への密着力もあるので、比較的持ちも良いとされています。

パウダーチークよりも油分を多く含んでいるクリームチークは、ツヤやかさや血色を与えるのに最適な形状。ベースメイクの仕上げとしてはもちろん、血色などを仕込むためにも使え、内側からにじみ出るような自然な血色を表現することができます。

出典:maquia.hpplus.jp

指で塗る

指で塗る

出典: lipscosme.com

クリームチークは指を使ってまずはピンポイントにのせていくのがおすすめです。

①クリームチークを一度指に取り、手の甲で量を調節する。
②笑ったときに一番高くなる頬骨を中心として、中指・薬指を使ってポンポンと外側に向かって広げていく。

の手順で入れていきましょう。
中指・薬指は、力が入りにくい指なので、肌への刺激を防ぐのにつながるんだとか。
また、画像のように最後はスポンジでぼかすとよい自然な仕上がりが目指せます。

おすすめのクリームチークを、デパコスからはRMK(アールエムケー)CHICCA(キッカ)・プチプラからはCANMAKE(キャンメイク)Visee(ヴィセ)などからご紹介。動画付きでクリームチークの塗り方もマスターしよう!クリームチーク特有の血色感のあるアイテムから、ナチュラルな仕上がりのものまで幅広くピックアップ。

<リキッドタイプ>の塗り方

<リキッドタイプ>の塗り方

出典: lipscosme.com

リキッドタイプのチークは、みずみずしい質感が特徴です。肌にスッと馴染みやすいので、より自然な仕上がりを目指せます。

重ねて色味を調節

重ねて色味を調節

出典: lipscosme.com

リキッドチークは透明感のある発色のものが多いので、色味が足りないと感じた場合は少しずつ重ねて濃さを調節するのがおすすめです。

①笑ったときに一番高くなる部分にハケで直接3点置きする。
②中指・薬指を使ってポンポンと外側に向かって広げていく。
③重ねて好みの色に調節する。

の手順で入れていきましょう

<輪郭別>イラストで分かりやすく解説

For面長さん

For面長さん

出典: lipscosme.com

面長さんの場合、
縦の線を強調するのを防ぐため、チークは横向きに入れると良いんだとか。
小鼻の横のあたりのくるように、気持ち下めに塗るのがポイントです。

For丸顔さん

For丸顔さん

出典: lipscosme.com

丸顔さんの場合、
シャープな輪郭を演出するためにチークは頬骨からこめかみに向かって入れるとシュッとした印象を演出してくれるんだとか。

2019年、今どきチークって?

トレンドは“ツートンチーク”

トレンドは“ツートンチーク”

出典: lipscosme.com

メイクのトレンドにも左右されるチークの入れ方。
今年のトレンドは単色よりも2色使いの“ツートーンチーク”なんだとか。
2色使いすることで肌に馴染みやすくなり、メリハリのある仕上がりが期待できます。

▶▶おすすめアイテム

「今シーズンのチークは“なじませる”のがキモ。頰から色が浮くのを避けるため、ハイライトカラーなどを組み合わせてなじませつつ、立体感を出すと今っぽい顔立ちになります。単色よりも2色でつくるほうがメリハリも出やすく、自然な印象になる」

出典:i-voce.jp

JILL STUART

JILL STUART

出典: lipscosme.com

「JILL STUART Beauty(ジルスチュアート ビューティ):ブレンドブラッシュブロッサム」
1つのコンパクトに、ツヤ感のあるグロウカラーとシアーマット感のあるフォギーカラーの2色が入ったアイテム。繊細なパウダーが溶け込むように頬に馴染み、やわらかな血色感を叶えてくれます。

購入はこちら

KATE

KATE(ケイト)ホワイトシェイピングパレット WT-2

楽天市場

商品

KATE(ケイト)ホワイトシェイピングパレット WT-2

¥1,632

アイカラーとフェイスカラーが1つのパレットに。白くクリアな光カラー「ホワイライト」がメリハリのある印象を演出し、小顔効果を発揮してくれるんだとか。

<年代別>チークの入れ方

For 20代

For 20代

出典: unsplash.com

チークは、年代によって入れ方を変えるのも自然に仕上げるコツ。

20代の場合、目尻から口角をつなぐ線の内側が最も濃くなるように意識してチークを入れると良いんだとか。
外側に向かってグラデーションをつくると自然な血色感が演出できます。

20代のあなたは、目尻から口角をつなぐ線の内側が最も濃くなるように意識してチークを入れましょう。内側からにじみ出るようなグラデーションをつくると、自然な血色感が出て上品な色気を演出してくれますよ♪

出典:www.koji-honpo.co.jp

今回は、2色のチークを「仕込みチークに重ねチーク」、W使いで仕上げたくなるようなチークカラーを色別に紹介したいと思います♡ふんわりと可愛らしい印象に仕上げるピンクチーク、ほんのりとナチュラルな色気を引き出すオレンジチーク、大人の色気を感じるカシス系チークをデパートコスメとプチプラコスメから紹介しています♪

▶▶おすすめアイテム

CLINIQUE

CLINIQUE

出典: lipscosme.com

「CLINIQUE(クリニーク):チーク ポップ」
ナチュラルなのに華やかな色づきを叶えてくれる発色と、肌にフィットし自然に溶け込むしっとりとした質感で人気を集めるアイテム。実力はもちろんのこと、見た目の可愛さも支持を集める秘密です。

購入はこちら

For 30代

For 30代

出典: unsplash.com

30代の場合、より知的で洗練された印象を演出するためにこめかみから頬骨にかけてだ円形をイメージしてシャープに入れると良いんだとか。
ツヤ感を表現するなら、パウダーチークはマットな質感のものよりも繊細なパール入りのものを選ぶのが◎。

30代のあなたは、こめかみから頬骨にかけてだ円形をイメージしてシャープに入れましょう。
しっとりとしたハリのある肌の質感を演出するには、クリームチークやリキッドチークがおすすめ!パウダーチークを使うなら、マットなタイプではなく粒子の細かいパール入りのものを選ぶと、簡単にツヤ感が出せますよ♪

出典:www.koji-honpo.co.jp

▶▶おすすめアイテム

COSME DECORTE

COSME DECORTE

出典: lipscosme.com

「COSME DECORTE(コスメデコルテ):クリ-ム ブラッシュ」
心地良い弾力感が新感覚なクリームベースのチーク。するすると軽くのび広がり、肌に自然に溶け込むんだとか。肌全体に絶妙な輝きの立体感を生み出す繊細なツヤ感が特徴です。

詳細はこちら

華やかな表情を引き出して

華やかな表情を引き出して

出典: lipscosme.com

チークで叶える色づきほっぺ。
扱いのポイントをマスターして、思い通りの華やかな表情を引き出してくださいね…♡

お花が咲いたようにニコッと笑う女の子ってとっても魅力的。そんな女の子になるための華やぎチークを見つけよう!リキッドチーク、クリームチーク、パウダーチークごとのご紹介。血色感やふんわり感、なりたいイメージに合わせてあなたにぴったりのチークを見つけよう。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

メイク・コスメの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。