イイ子ちゃんメイクはもう飽きた…明日から垢抜けたオシャレ顔に変身できる方法

イイ子ちゃんなワタシはいつものメイクしかできない…。このままでいいのか?新しい季節を迎えるにはオシャレ顔になってみませんか?今回の記事は垢抜けたオシャレなメイクをするポイントをご紹介します。メイクの統一感や、ベースの作り方や、メイクのアクセントや、アイシャドウの塗り方や、色使いなどで一気におしゃれに♡

もうイイ子ちゃんじゃいられない…

もうイイ子ちゃんじゃいられない…

出典: unsplash.com

優等生タイプのワタシはチャレンジャーではない…。
毎日メイクにスパイスをかけたい。
今度こそ変わりたい!

だれにもオシャレと言われたい

だれにもオシャレと言われたい

出典: jp.stylenanda.com

そこで、今回の記事は抜けたオシャレな顔にする上に、メイクのポイントをご紹介します。

→Let's go

ポイント①:メイク全体の統一感

ポイント①:メイク全体の統一感

統一感があるとメイク上級者に見えるのではなく、自然に仕上がります。
メイクが出来上がったら、ポイントごとではなく、全体的に見ましょう。

ピンクなアイシャドウを塗ったけど、リップはオレンジにしたら、あれ?と思うときもありますよね。
好きなコスメを使うのも大事だけど、色の組み合わせが少しズレると違和感を感じる場合もあります。

○例:オレンジみがあるアイシャドウ

○例:オレンジみがあるアイシャドウ

出典: lipscosme.com

オレンジみがあるブラウンは肌に馴染みやすくてかわいいですね。
黒目の上にグリッターをのせることによって、より立体的な目元になります。
マスカラも同じくブラウンにし、こなれ感を演出します。

▷リップも同じく

▷リップも同じく

次のリップも同じくオレンジみがあるリップにしましょう。
この場合だと、オレンジレッドにしてもかわいいかも。
これでオシャレメイク完成〜。

ポイント②:自然なベース

ポイント②:自然なベース

垢抜けたメイクはベースが大事です。
オシャレ顔を作る時も同じ!
塗りすぎると厚塗り感が出て、頑張りすぎている感じも出てきます。
なので、ベースは薄くにしましょう。

▷程よいツヤ

▷程よいツヤ

出典: lipscosme.com

あまりにもツヤツヤになりすぎると、作ってる感じが出てきますので、ハイライターは程よいラメ感で行きましょう。
クリームではなく、パウダーにして少しずつ頬骨の上にふんわりとのせましょう。

▷カバーしすぎない

▷カバーしすぎない

出典: lipscosme.com

ナチュラルなベースをするときに、コンシーラーをがっつり使うと浮いてきます。
なので、クリーム状のようなしっかりとした質感ではなく、伸びやすいリキッドタイプでポンポンと使いましょう。

ポイント③:焦点を一箇所に

ポイント③:焦点を一箇所に

アイシャドウも濃くて、チークとリップの色も濃く塗っちゃうとケバく感じますよね。
このように、見てほしい部分だけを焦点にしましょう。

○例:目元を見てほしいから、アイラインはブラックやブラウンではなく、ボルドーにしてみる。
   チークは薄くのせ、リップも邪魔しない色にする。

▷アイメイクに

▷アイメイクに

アイメイクで魅了したいと思う方にはカラーマスカラをオススメします。
定番のブラックではなく、アイシャドウの同色系のマスカラにしてみましょう。
遠くからはもしかして見えないかもしれないが、近づけるとさりげなくアピールできます。

▷リップに

▷リップに

出典: lipscosme.com

リップは濃いめな色にすると顔が引き締まりますね。
トレンドの色にすると一気にオシャレに。
そのときは、アイメイクとチークのバランスを見ながら色を選びましょう。

ポイント④:アイシャドウを程よく

ポイント④:アイシャドウを程よく

濃くすぎず、薄すぎずがコツです。
って言っても難しいですね。
もし原色系や、パキッとする色をアイシャドウにしたら、少量で何回も重ねましょう。
な濃く塗るとすぐバレますからね。
もしブラウン系や、肌に馴染む色であれば、少し濃いめにのせて様子みましょう。
そのような色は失敗しにくく、多くのせても指でぼかすとマシになります。

▷よくぼかす

▷よくぼかす

出典: jp.stylenanda.com

特にグラデーションや、多色を使うとき、境目がはっきりわかっちゃうと慣れてない感が出てきます。
必ずブラシや、指でぼかしましょう。

ポイント⑤:色でおしゃれ見え

○例:グリーン

○例:グリーン

横のグラデーションではなく、縦のにしたらオシャレかも。
①:シルバー系のアイシャドウをベースに
②:薄ピンクを目頭に
③:イエローを黒目の上に
④:ポイントになるグリーンを目尻から中心にかけてのせる
⑤:イエローを薄く下まぶたに

使用したコスメ:『ナーズ』「シングルアイシャドー」

○例:パープル

○例:パープル

ピンクやブラウンはいつも使われるが、パープルをアイシャドウの色にすると周りの人と差をつけられます。
普段使いしにくい色を使うことによって、メイクは慣れしていて、挑戦できる人だと見られるかも。

○例:シルバー

○例:シルバー

アイシャドウの塗り方があんまりわからないやという方はキラキラライナーで目を引き寄せましょう。
特にシルバーのライナーは存在感があって、個性的です。
グラデーションに抵抗がある方はぜひその方法でオシャレになりましょう。

ワタシは、変わります。

ワタシは、変わります。

今回の記事は垢抜けたオシャレなメイクをするポイントをご紹介しました。
オシャレな顔を作るのは難しい!
これらのポイントを押さえて、メイクを楽しみましょう。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

メイク・コスメの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。